最初に読んでもらいた記事Picup5

ブログで月間15万PV以上稼ぐ為にやるべき事を教えます!

どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

月間15万PV以上稼いでる人ってどれくらいいるんだろう?

月間15万PV…なんて遠いい数字だろうか。

でもコツさえ掴めばそう遠いい数字でもなくなるかもしれませんよ!

今回は、話をわかりやすく説明するために、会話風に挑戦してみます!

お手伝いしてくれるのは、我が家で飼っているアメリカモモンガ(メス)の『モモちゃん』です!

f:id:mahix2:20180606125048j:plain

モモ

モモです! よろしくお願いします☆

モモ

ところで、月間15万PVが誰でも簡単にって言うけど、具体的にどうやるの?

いや、簡単にとは言ってないよ!

コツを掴んで正しく続ければ、誰でも到達できるとは思うけど、

正しく続ける、これってちょっと大変だからね。

月間15万PVを稼ぐためには

月間15万PVを稼ぐためには、1日あたり5,000PV稼ぐ必要があります。

5000PV×30日=15万PV

ね? 簡単でしょ?

モモ

いやいや! あんた月間PVいくつ稼いで物言ってんの!?

月間12,000PV…笑

モモ

よくそれで簡単なんて言えたな…

1日5,000PVって数字に惑わされないで!

もっと紐解くと、要は1日に50回読まれる記事を100個書けばいいのよ!

1日に50回読まれる記事なら書けそうでしょ?

毎日は無理でも、1カ月に数個、そういった会心の記事が書ければ、そのうち100個溜まります。

モモ

確かに、それならいけそうな気がする!

1日50回読まれる記事ってどういう記事?

1日50回読まれる記事とは、
ほほなっつの記事を例に解説していきます。

私の1日あたりの平均PV数は、約500PV

だからと言って1日に50回読まれる記事が10個あるのかというと、 それは違います。

ぶっちゃけ私の記事で1日に50回読まれている記事はせいぜい4、5個…
数字にして250PV程度。

残り半分のPVは、私の130個の記事たちがそれぞれちょっとづつ働いて稼いでくれている数字。

では、1日50回読まれている記事を実際に紹介します!

【メジャースポットのレポート記事】
www.hohonut.com

【人気のランニングバイクの比較記事】
www.hohonut.com

【書けばまず読まれるApple製品のレビュー記事】
www.hohonut.com

【以外と需要の高いバス釣りポイント紹介記事】
www.hohonut.com

【休日に需要が上がる子供連れスポット紹介記事】
www.hohonut.com

以上5つの記事が、私のブログで1日に50回以上、検索されて読まれている記事。

人気のレジャースポットや、話題の製品に関する記事は、検索順位さえ上がれば勝手に読まれるね。

モモ

ふーん、ポケモンカフェはわかるけど、住宅展示場なんてそんなに読まれるの?

住宅展示場は平日には全く読まれないよ 笑

でも、展示場のイベント時や、大型連休なんかで急に需要が爆上げ!

GWでは私の記事のぶっちぎり稼ぎ頭になったから、急遽リライトしたほど。

子供連れで遊べるスポットの紹介記事は、その地域のファミリー層に検索されるので、かなり安定してPVが稼げる事がわかりました。

地域ブログ強し!

モモ

要するに、大勢に需要がある記事を量産しとけばいいのね!

それも正解だけど、大勢に需要がある記事はライバルが多いから、ちょっとタイトルや内容を工夫して的を絞っていくしかないね。

それと、ピンポイントの人をターゲットに狙った記事も意外と読まれるんだよ!

モモ

あー、このバス釣りの記事とか?

その通り!

バス釣りの記事はどれもそこそこ読まれる!

大勢の人をターゲットにはしていないけど、ピンポイントで需要があるから、リピートで読まれたりもしてPV数が安定して稼げるんだ!

モモ

でも、この春の鬼怒川の記事は、秋になったら読まれなくならないの?

秋にまたバスを釣った記事を書けばいいだけ!

そうやって、シーズンごとに人気記事を回していけばもっと安定するね。

モモ

ところで、この記事「爆釣〜」とか煽っておいて、結局1日に2匹しか釣れてないよね?

モモ

それって詐欺じゃない!!?

詐欺じゃない!!!

初心者にとって初見の川で2匹釣れたら、それはもう立派な爆釣になるんだよ!

モモ

物は言い様だね。

まとめ

1日に50回読まれる記事を100個書く。

今5個達成してるから、残り95個!

先は長いけど、ブログを続けていけばそのうち到達する数字だと思いませんか?

検索で読まれる記事は、その時の季節、トレンドによっても大きく左右されます。

しかし、誰かが欲しがっている情報を提供するという本質は変わらないので、その日その時に読まれる記事を意識して書くだけ。

まずは私が実践していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です