最初に読んでもらいた記事Picup5

【レビュー】iPad pro 10.5インチ買ってみた!スマホ、PCよりもブログ運営が快適に!

どうも!【ほほなっつ】です。

ブログ執筆や、イラスト制作で使用していた家のiMacが壊れたので、代わるマシンを探していました。

そこで私が選んだのは、

絵も描けて、そこいらのノートPCにも引けを取らない最強タブレット!

嫁に黙って買っちゃいました!

iPad pro 10.5!!

iPad pro 10.5を使うようになってから、私のブログ生活が180度良い方へ激変したので、その使用感をレビューします。

なぜiPad Proを選んだのか?

私がiPad Pro10.5インチを選んだのはこんな理由

  • Apple Pencilで手書きイラストを書きたい
  • ブログ運営のマシンが欲しい
  • 通勤や休憩中のカフェなど場所を選ばず作業したい
  • 気軽に書けるメモ帳が欲しい
  • 見た目

iPad Pro 10.5インチ/64GB/Wi-Fiモデルを購入。

私が選んだ、10.5インチというサイズは、

電子書籍を読むのにちょうど良いサイズで、バッグに入れてもかさばりません。

12.9インチは持ち運ぶには大きすぎる為、それならMacBookを選んだ方が良さそうだと感じました。

ストレージは迷いましたが、ブログでの使用がメインなら64GBで十分。

月々のランニングコストも抑えたかったのでWi-Fiモデルにしました。

iPad Proの概要

Apple 10.5インチiPad Proは前モデルよりディスプレイが一回り大きくなったハイエンドなiOSタブレット。

外観や機能に大幅な変更はありませんが、全体的にかなりスペックアップし、ノートPCの代わりにしても十分使っていけます。

iOSでおなじみの指紋認証センサー「Touch ID」や音声制御機能「Siri」はもちろん、Apple PencilやSmart Keyboardにも対応。

Wi-FiモデルとSIMフリーモデルがあり、SIMフリーモデルは海外でも利用可能なApple SIM内蔵です。

2018.4.10追記:iPad(第6世代)とのスペック比較を追記しました。

iPad(第6世代)とのスペック比較

iPad Pro 10.5 iPad(第6世代)
ディスプレイ 10.5インチ
2,224 x 1,668ピクセル
ProMotionテクノロジー
耐指紋性撥油コーティング
反射防止コーティング
フルラミネーションディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
9.7インチ
2,048 x 1,536ピクセル
耐指紋性撥油コーティング
CPU A10X Fusion A10
背面カメラ 1200万画素
ƒ/1.8のレンズ
光学式手ぶれ補正
Focus Pixels AF
クアッドTrue Toneフラッシュ
4K動画撮影
720p(240fps)スローモーション
Live Photos撮影
800万画素
ƒ/2.4のレンズ
前面カメラ 700万画素
Retina Flash
120万画素
通信 LTE-Advanced(25バンド)最大450Mbps
802.11a/b/g/n/ac デュアルチャンネル
Bluetooth 4.2
Apple SIMを内蔵
LTE-Advansed(23バンド)最大300Mbps
802.11a/b/g/n/ac デュアルチャンネル
Bluetooth 4.2
Apple SIMに対応
バッテリー 最大10時間
(Wi-Fiインターネット)
最大10時間
(Wi-Fiインターネット)
サイズ 250.6 × 174.1 × 6.1 mm
469g(Wi-Fi)
478g(Wi-Fi+Cellular)
240 × 169.5 × 7.5 mm
469g(Wi-Fi)
478g(Wi-Fi+Cellular)
容量
価格
Wi-Fiモデル
64GB 69,800円(税別)
256GB 86,800円(税別)
512GB 108,800円(税別)
Wi-Fi + Cellularモデル
64GB 84,800円(税別)
256GB 101,800円(税別)
512GB 123,800円(税別)
Wi-Fiモデル
32GB 37,800円(税別)
128GB 48,800円(税別)
Wi-Fi + Cellularモデル
32GB 52,800円(税別)
128GB 63,800円(税別)
その他 Apple Pencil対応
Smart Keyboard対応 4スピーカー 指紋認証 第2世代 Touch ID
Apple Pencil対応 2スピーカー 指紋認証 Touch ID

同梱物

iPad Pro
Lightning – USBケーブル
USB電源アダプタ

iPad Proの最強の相棒

iPad Proを購入したそもそもの理由が「Apple Pencil」「Smart Keyboard」を使いたいから!

この2つを使わないのであればiPad Proである必要がなく、iPad Proの利点を活かす上でも欠かせない存在です。

iPad Pro最大のアイデンティティと言えるでしょう。

2018.4.10追記:新しいiPad(第6世代)も、新たに「Apple Pencil」対応となりました。

f:id:mahix2:20171212152618j:image

Apple Pencil

かねてより最強のスタイラスペンと名高いApple Pencil。

iPad Proを液タブとして使いたいと決めてから今日まで、このApple Pencilのレビュー記事と動画はひたすらあさりました。

こちらがApple Pencil

f:id:mahix2:20171212192441j:image

白基調のシンプルでお上品な見た目!

握ってみた感覚は、少し重めのボールペン。

少し重めというのが重要で、これがかなり手にしっくりくる良いバランスの重量感!

上部のキャップを外してiPad Proに挿す事で、ペアリング&充電ができます。

f:id:mahix2:20171212192450j:image

しかしこのキャップ、常人なら3日で無くします!

断言できます!

そんな時は、コチラの別売りのキャップホルダーを装着!

f:id:mahix2:20171212192506j:image

ひとまずこれで安心です。

実際に購入し、使ってみた感想は、

もう筆箱の中身はApple Pencil一本で十分!

メモもイラストも書いていて本当に心地いいです。

10年ほど前に、初めてペンタブを使った時には、そのあまりの書き辛さに唖然とし、それから私はペンタブというものにトラウマを抱いておりました。

しかし、このApple Pencilは、

思い通りの場所に描けて、反応も驚くほど速い!

技術の進歩がすげえ!

バッテリー駆動時間は最大12時間。

15秒の充電で30分間使えます。

でもお高いんでしょう〜?

そうなんです。

このペン高いんです!

1本1万円超えのペンですからね、

それでもiPad Proを使う上では欠かせないアイテムだと言う事をお忘れなく!

保護フィルム

私はiPad Proの保護フィルムに「ELECOMペーパーライクフィルム」を採用。

f:id:mahix2:20171212172627j:image

ELECOMのペーパーライクフィルムは、「紙のような書き心地」をうたっており、これを貼ったiPad Proはまさに「紙」そのもの!

フィルムの表面が少しザラザラしており、ペンと画面の間に抵抗が加わる事により、アナログの筆記具で書いているような感覚がもたらされます。

Smart Keyboard

iPad ProとApple Pencilを購入したら、次に欲しいのがこれ!

せっかくの大画面ディスプレイなので、画面スペースを満遍なく味わいたいのと、メインマシンにするなら最低限、PCと同等のタイピング性能は欲しいですからね。

あとはなんといっても見た目!

装着イメージがこちら↓

f:id:mahix2:20171212191625j:image

ほら!スマートでしょ!

これ持ってカフェでイラスト描きながらブログも書くんだ!

なんて、ウキウキしました 笑。

iPad Pro10.5の発売と共に、日本語配列(JIS)キーボードがラインナップに追加されたので、ここは迷わずJISキーボードを選択。

質感はザラりとした感覚で、特別に織られた耐久性の高い一枚のファブリック製で、耐水性もあり!

f:id:mahix2:20171212191848j:image

Smart Keyboard自体がiPad Proのフロント部分を覆えるプロテクトの役割もあり、使い勝手は抜群に良し。

こちらもApple Pencil同様に値段がはりますが、使って見ないとわからない利便性がありました。

SmartKeyboardの記事はこちら

【レビュー】Smart Keyboardを半年使い続けてわかったメリット・デメリット

iPad Proの使用感レビュー

実際使ってみた使用感をお伝えします。

Apple Pencilで手書きイラストを描きたい

まるで紙と鉛筆で描いてるような描き心地で作業できてます。

絵を描くのがこれまでの10倍は楽しくなりました!

ブログ運営のマシンが欲しい

タイピングの面はSmart Keyboardが叶えてくれました!

しかし、iPad ProではさすがにPCの様にさくさくタイピングとまではいきません。

それでもスマホのフリック打ちよりかは、明らかに快適に作業する事ができてます。

2018.4.10追記:5ヶ月間ブログ運営のメインマシンとして使ってきましたが、コーディングや、細かなCSSカスタムなど、iPad Proとはいえ不便な箇所も目立ちました。

本格的に長くブログを続けていくなら、メインマシンはPCに任せ、iPad Proは持ち運び用のサブマシンと割り切った使い方のが良いのかもしれません。

イラスト制作がメインなら、iPad ProとApple Pencilの組み合わせがやはり最強!

通勤や休憩中のカフェなど場所を選ばず作業したい

通勤はちょっと無理でした 笑。

もちろんやろうと思えば出来きますが、通勤中の電車の中でiPad Proに出来ることって、スマホでも出来ますからね。

しかし、カフェや出先のちょっとした休憩スペースなんかでは十分作業出来ます!

持ち運びの利便性を考えるとその辺はノートPCを超えるんじゃないかな。

気軽に書けるメモ帳が欲しい

これ以上のデバイスはありません。

ブログのネタや会社の打ち合わせ、デザインのラフ制作時など、やはり実際の紙とペンの様に気軽に書けるのが大きいですね。

見た目

大満足! さすがApple製品!

大の大人がお気に入りのオモチャを愛でる様に、毎日近くに置いて暮らしています 笑。

改善点

改善点というより私個人の願望ですが、

ペンもキーボードもついたのなら、あとはマウスが欲しくなりますね!

いや、それもうPCでいいじゃん!

スマートじゃないじゃん!!って

思うかもしれませんが、そこはAppleさんなんでiPad Proに合うスマートなマウスを開発してくれると信じています。

それともう一つ!

フルスペックのAdobeのアプリケーションが使いたい!

iPad Proを真のメインマシンで使うなら、Adobeのアプリを使える事が絶対条件だと感じました。

特にIllustratorとPhotoshopはクリエイティブツールとして欠かせないので、本当是非お願いします。

iPad Proのまとめ

総合評価:★★★★★

スマホの様な持ち運び易さに、ノートPC以上のスペックという事で文句なしの5です!

特にApple Pencilが素晴らしい!

これは実際体感してもらいたいのでApple Storeに立ち寄ったら触って見てください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です