我が子に大ウケしたアンパンマンのおもちゃはコチラ>>>

失敗しない!赤ちゃんのファーストシューズを選ぶ4つのポイントとおすすめの靴

どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

ファーストシューズとは、その名の通り赤ちゃんが初めて履く靴のことです。

つかまり立ちから一歩、二歩と歩き出したら、いよいよファーストシューズを選ぶとき!

でも初めてのシューズって何を基準に選んだらいいのか迷いますよね。

この記事では、ファーストシューズを選んであげる4つのポイントと、おすすめのファーストシューズを紹介しています。赤ちゃんの初めての靴選びの参考にしてみてください。

>>>プレシューズって必要?よちよち歩きの娘に履かせた感想・レビュー
【赤ちゃんの靴】プレシューズって必要?よちよち歩きの娘に履かせた感想・レビュー

ファーストシューズはいつから?

ファーストシューズを贈るタイミングで悩む人は多いはず。

ベビー用品店や、シューズショップを通りかかると、かわいい赤ちゃんの靴が並んでいて思わず購入したくもなります。

掴まり立ちをし、いよいと1歩踏み出したら、ファーストシューズをすぐに買ってあげたいと思うかもしれませんが、少し冷静になりしばらく待つ必要があるかも。

なぜなら、歩き始めて間もない赤ちゃんは、まだ筋力が弱くしっかり立って歩く事が出来ないため、かえって靴を履かせると危ないからです。

ファーストシューズデビューのタイミングは、赤ちゃんが何にもつかまらずに、ひとりで歩けるようになってからがベスト!

ファーストシューズを選ぶ際は、店舗へ出向きサイズを測ってもらってから購入した方が、失敗しません。

赤ちゃんのファーストシューズを選ぶ4つのポイント

我が子が初めて履く靴ですから、オシャレで機能的なシューズを選んであげたいですよね!

でも一番大事なのは、赤ちゃんの足に負担がかからず、しっかりフィットしたものを選んであげる事。

ファーストシューズを選ぶ上で、意識すべき大切な4つのポイントがあります。

  1. つま先部分の柔らかさ
  2. つま先部分の形
  3. サイズのゆとり
  4. かかと部分のホールド力

よちよち歩きに向いている靴は?

柔らかくて屈曲しやすいシューズ!

足指部分が柔らかく、曲がることでスムーズな歩行を促します。
靴底が手で簡単に曲がるものを選ぶと良いです。


赤ちゃんと大人の足の形の違いは?

お大きな違いはつま先部分!

赤ちゃんの足は大人の足と形状が異なり、特につま先は扇型に広がっています。足指部分が当たらない、つま先ゆったりタイプを選ぶのが正解!

また、赤ちゃんの足の汗腺は大人と同じ数だから汗っかき。通気性のいい靴を選んであげるのが基本。


シューズのゆとりはどれくらい必要?

つま先に0.7〜1㎝が理想的!

1〜2歳にかけて、年間1.5〜2㎝足が伸びていきます。なので〜1㎝程のゆとりを持って選びましょう。
それでもあっという間にシューズがキツくなってしまうので、3〜4ヶ月ごとにサイズを見直してあげてください。


まだ上手に歩けない子に合うシューズは?

かかとがかたいタイプの靴をチョイス!

まだ体重を上手く支える事ができない赤ちゃんには、かかと部分がとっても重要!
かかと部分のホールド力が高く、かたいシューズが赤ちゃんの安定した歩行を助けてくれます 。

厳選!おすすめのファーストシューズ

おすすめのファーストシューズはこれ! 我が家が実際に選んだ靴から、人気のベビーシューズまで、厳選した物を一挙6つ紹介します。

ミキハウスファーストベビーシューズ

全ての赤ちゃんの足のことを考えて作られたミキハウスのファーストベビーシューズです。「つま先にゆとりをもたせた設計」、「歩行をサポートするカウンター」、「つまずきを防止する反り返」、「正しい位置で曲がるソール」、「履かせやすさ、履きやすさ」などなど、赤ちゃんのはじめての靴に欲しい要素が全てこの一足に詰め込まれています。

ベビーシューズIFMEライト

赤ちゃんの足をことを考え、さまざまな健康機能と可愛らしいデザインを兼ね備えた、「IFME」のベビーシューズ。超軽量「IFME Lightシリーズ」。幼児の歩きは、「着地」、「すぐ蹴り出し」、とツーステップです。そんなヨチヨチ歩きをサポートするベビーシューズです。大きく開くベルト・ベロ構造になっているので、着脱が楽々です。息子のファーストシューズもこのIFMEのシューズでした

IFMEアクアウォーターシューズ

ムーンスター それいけ!アンパンマン ジョギングシューズスニーカー

アンパンマン キッズコートタイプシューズ。インソールは取外して洗えるのでいつも清潔に保てます。つま先はゆったり設計で、取り出して洗えるインソールには「Ag+抗菌防臭」が搭載されています。

アシックス すくすくベビーアイダホシューズ

こちらの靴は、もともとあった定番モデルが、より履きやすくリニューアルされました。 つま先部分は赤ちゃんの足にあった扇形をしていて、指をのびのびと動かすことができます。 かかとの安定性に富んでいてシューズと足の一体感を高めています。マジックテープで足を固定するので、履いている時に脱げることも少なく、赤ちゃんの歩みを助けてくれます。幅広甲高の赤ちゃんにおすすめ!

ニューバランス FS996 キッズシューズ

安定性、屈曲性に優れた、サポート性能が高いニューバランスのキッズシューズ。つまめるマジックテープに、ベロ部分が広く履かせやすい点がgood!

息子が今一番気に入っている靴がこのニューバランスの黄色いモデルです。※1歳6ヶ月現在

まとめ

この先何十足と履き変わる靴ですが、我が子が生まれて初めて履く、一番最初の靴がファーストシューズです。

いくら悩んで購入しても、赤ちゃんがその靴を履く期間は短いですが、だからこそ、しっかり我が子の足にあった物を選んで履かせてあげたいですね☆

>>>幅広で甲高の足の赤ちゃんに選んであげたいセカンドシューズ
【1歳2歳】幅広甲高の赤ちゃんの足に選んであげたいおすすめ子供靴【セカンドシューズ】

コメントを残す