意外と知らないファーストシューズの選び方と口コミで人気のベビーシューズ9選

ほほなっつのアイコン画像ほほなっつ

どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

ファーストシューズとは、その名の通り赤ちゃんが初めて履く靴のことです。

つかまり立ちから一歩、二歩と歩き出したら、いよいよファーストシューズを選ぶとき!

でも赤ちゃんに履かせる初めての靴って何を基準に選んだらいいのか迷いますよね。

この記事では、ファーストシューズを選ぶ4つのポイントと、おすすめのファーストシューズを紹介しています。

ファーストシューズ選びの参考にしてみてください。

目次

ファーストシューズはいつから?

ファーストシューズを贈るタイミングで悩む人は多いはず。

ベビー用品店や、シューズショップを通りかかると、かわいい赤ちゃんの靴が並んでいて思わず購入したくもなります。

掴まり立ちを始めて、いよいと1歩踏み出したら、ファーストシューズをすぐに買ってあげたいと思うかもしれませんが、少し冷静になりしばらく待つ必要があるかも。

なぜなら、歩き始めて間もない赤ちゃんは、まだ筋力が弱くしっかり立って歩く事が出来ないため、かえって靴を履かせると危ないからです。

ファーストシューズデビューのタイミングは、赤ちゃんが何にもつかまらずに、ひとりで歩けるようになってからがベスト!

\お靴の練習はプレシューズがおすすめ/

意外と知らないファーストシューズの選び方

我が子が初めて履く靴ですから、オシャレで機能的なシューズを選んであげたいですよね!

でも一番大事なのは、赤ちゃんの足に負担がかからず、しっかりフィットしたものを選んであげる事。

ファーストシューズを選ぶ上で、意外と知らなかった大切な4つのポイントがあります。

  1. つま先部分の柔らかさ
  2. つま先部分の形
  3. サイズのゆとり
  4. かかと部分のホールド力

つま先が柔らかい靴を選ぶ

ヨチヨチ歩きの赤ちゃんには、つま先部分が柔らかく、屈折しやすいシューズが好ましいとされています。

足指部分が柔らかく曲がることでスムーズな歩行を促します。

靴底が手で簡単に曲がるものを選ぶと良いです。

つま先の形を意識する

赤ちゃんと大人の足の形の大きな違いはつま先を見ればわかります。

赤ちゃんの足は大人の足と比べて、つま先が扇型に広がっています。

足指部分が当たらない、つま先ゆったりタイプを選ぶのが正解!

また、赤ちゃんの足の汗腺は大人と同じ数だから汗っかき。

通気性のいい靴を選んであげるのも基本。

気持ちゆとりがある靴を選ぶ

赤ちゃんの足は1〜2歳にかけて、年間1.5〜2㎝足が伸びていきます。

なので0.7㎜〜1㎝程のゆとりを持って選んであげると良いです。

それでもあっという間にシューズがキツくなってしまうので、3〜4ヶ月ごとにサイズを見直します。

かかとの硬い靴を選ぶ

まだ体重を上手く支える事ができない赤ちゃんには、かかと部分がとっても重要!

かかと部分のホールド力が高く、かたいシューズが赤ちゃんの安定した歩行を助けてくれます 。

口コミで人気のベビーシューズ9選

我が家が実際に選んだおすすめのファーストシューズから、口コミで人気の高い靴まで、厳選した9足を紹介します。

ミキハウス ファーストベビーシューズ

全ての赤ちゃんの足のことを考えて作られたミキハウスのファーストベビーシューズ。

「つま先にゆとりをもたせた設計」、「歩行をサポートするカウンター」、「つまずきを防止する反り返」、「正しい位置で曲がるソール」、「履かせやすさ、履きやすさ」などなど、

赤ちゃんのはじめての靴に欲しい要素が全てこの一足に詰め込まれています。

ミキハウス スポーティーファーストベビーシューズ

同じくミキハウスから、我が家が娘に選んだファーストシューズです。

この靴を娘のファーストシューズに選んだ決め手は、見た目の可愛さと、丈夫なのに軽く、柔らかくて着脱が楽で転びづらくて歩きやすいといった、ファーストシューズに必要な全ての要素がこの1足に詰め込まれていたから。

ホットビスケッツの可愛いキャラクターが、男の子にも女の子にも人気のファーストシューズです。

ミキハウスのファーストシューズについて、詳しく知りたいパパママは「よちよち歩きの娘に贈ったファーストシューズは軽くて柔らかいミキハウスの靴」を参考にしてみてください。

ベビーシューズIFMEライト

息子に選んだファーストシューズがこちら!

赤ちゃんの足をことを考え、さまざまな健康機能と可愛らしいデザインを兼ね備えた、IFMEの超軽量「IFME Lightシリーズ」。

幼児の歩きは、「着地」、「すぐ蹴り出し」、とツーステップ! そんなヨチヨチ歩きをサポートするベビーシューズです。

大きく開くベルト・ベロ構造になっているので、着脱も楽。

IFMEアクアウォーターシューズ

春〜夏の季節に選ぶならこの靴!

水抜きソーメッシュ素材で、夏場の公園遊びや水遊びに最適なアクアシューズです。

素足で履いてもむれることなく、普通のシューズより生地が薄く作られてあるので、濡れてもすぐに乾きます。

我が家でも夏に大活躍した一足です。

ムーンスター それいけ!アンパンマン ジョギングシューズスニーカー

アンパンマンが好きな赤ちゃんにおすすめのファーストシューズです。

インソールは取外して洗えるのでいつも清潔に保てます。

つま先はゆったり設計で、取り出して洗えるインソールには「Ag+抗菌防臭」が搭載されています。

アシックス すくすくベビーアイダホシューズ

もともとあった定番モデルが、より履きやすくリニューアル!

つま先部分は赤ちゃんの足にあった扇形をしていて、指をのびのびと動かすことができます。

かかとの安定性に富んでいてシューズと足の一体感抜群。

マジックテープで足を固定するので、履いている時に脱げることも少なく、赤ちゃんの歩みを助けてくれます。

幅広甲高の赤ちゃんに特にお勧めしたい一足です。

ニューバランス FS996 キッズシューズ

安定性、屈曲性に優れた、サポート性能が高いニューバランスのキッズシューズ。

つまめるマジックテープに、ベロ部分が広く履かせやすい点も魅力的。

ニューバランスの靴はカラーバリエーションが豊富なので、服装のスタイルに合わせて色違いで購入するママも多いです。

シリーズによっては、親子でリングコーデが楽しめる物もあります。

モネリーナ

靴の国イタリアで生まれた『モネリーナ』のファーストシューズ。

モネリーナのファーストシューズは、赤ちゃんの靴としては珍しい革製で、外側は牛革の天然皮革、内側のインナーには山羊革が使われてます。

天然皮革は、「合成皮革と比べ劣化しにくい」、「使えば使うほど色合いが変化し深い味わいが生まれる」、「形が体に馴染んでくる」というのが特徴。

さらに、日本でのファーストシューズは一般的にマジックテープが主流ですが、モネリーナは靴紐を採用。

紐靴は、足にぴったりと合わせやすく微調整がしやすいといった、ファーストシューズに本来必要なメリットを併せ持ちます。

  • 靴の国イタリアから生まれたファーストシューズ
  • 天然皮革のおしゃれなデザイン

無料 モネリーナの公式HPをみる

リンク先:https://www.monellina.jp/

無料のお試しキットあり

Arnold Palmar(アーノルドパーマー)のベビーシューズ

【即納】 Arnold Palmar アーノルドパーマー スニーカー キッズ 全4色 AP0118 ベビー ファーストシューズ 赤ちゃん 子供靴 男の子 女の子 ベルクロ お祝い

傘マークがアイコンのカジュアルブランド「アーノルドパーマー」のファーストシューズ。

ポップでカラフルな配色がとてもキュート!

ベルクロタイプで履き口が大きく開くので、着脱が楽。

取り外しできるインソールで清潔を保てます

ファーストシューズ:まとめ

この記事では、ファーストシューズを選ぶ4つのポイントと、おすすめのファーストシューズを紹介しました。

ファーストシューズを選ぶ上で大事な4つのポイントは、

  1. つま先部分の柔らかさ
  2. つま先部分の形
  3. サイズのゆとり
  4. かかと部分のホールド力

つま先部分が柔らかくゆとりがあり、赤ちゃんの足のサイズより0.7㎜〜1㎝弱大きく、さらに、かかと部分は硬くホールド力のある靴がベスト!

赤ちゃんが、人生で初めて履くファーストシューズ。

よちよち歩きができるようになったら、我が子のために最高のファーストシューズを選びたいですよね。

この記事がファーストシューズ選びのお役に立てれば嬉しいです☆

どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)でした。

\こちらの記事も読まれています/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

ほほなっつのアバター ほほなっつ エディトリアルデザイナー

2児のパパが育児ブログ『まひまり』を運営。リノベマンション購入がキッカケで家づくりにも夢中!〝子どもと暮らしとDIY〟をテーマに子育てや家づくりに役立つコンテンツを発信

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる