最初に読んでもらいた記事Picup5

【雑記・特化】ブログのターゲット層はしっかり絞った方が良い話

私は普段、書籍のデザインがメインのデザイン事務所に勤めています。

ブログを書き始めて、ふと書籍のデザインとブログの構成の仕方が似ている事に気がつきました。

タイトルがあって、大見出しがあって、小見出しがあって、本文があって、画像があって、

それをいかにバランス良くレイアウトして行くか。誌面レイアウトもブログも一緒です。

書籍を作る上で重要な事の一つがターゲット層を明確に絞り込む事だと考えています。

書籍のターゲット層ってしっかり決められてますよね?

 例えばファッション誌!

f:id:mahix2:20180417185926j:plain

  • 10代〜50代まで幅広く最新のファッションをご紹介!!
  • 20代向けの最新ファッションをご紹介!

あなたはどちらを選びますか?

あなたが10代後半から20代なら迷わず後者を選ぶと思います。

逆に前者は、情報の幅が広すぎて選ばれづらいでしょう。

30代は30代向けのファッション誌、40代は40代向けのファッション誌を普通は選びます。

書籍と一緒なら、ブログもターゲット層を絞り込むことがとても重要ではないでしょうか!

一見ターゲット層を広く設定したブログの方が、万人ウケしてみんなに読んで貰えそうなものですが、自分には必要のない情報も数多く含まれています。それなら自分が欲しい情報が毎回しっかり書かれているブログの方を読みたいですよね。

10人いたら、そのうち1人が読んでくれるブログを意識して、狙いのターゲット層に向けてブレずに書いて行く事が理想的だと思います。

私のブログはパパ目線での子育ての様子や子供と一緒に行きたいレジャースポットなどをイラストを添えて紹介しています。ターゲット層は20〜30代の子育て世代のママとパパです。

たまに子育てとは関係のない趣味の釣りや、こういったブログ運営関連の記事も書きますが、基本的にはこのままターゲット層を変えずに行けるところまで行ってみようと考えています。

ブログの方向性に迷っている方や、これからブログを始められる方、今一度しっかりターゲット層について考えてみるといいかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です