我が子に大ウケしたアンパンマンのおもちゃはコチラ>>>

【先天性心疾患】娘の1ヶ月目の経過は順調!

どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

娘が産まれてからちょうど1ヶ月が経ちました。

娘はお腹の中にいる時から先天性心疾患と診断され、生まれてすぐにNICUに入院。

娘の入院中、往復1時間かけ毎朝東大病院まで新鮮な母乳を届けるのが私の任務!

無事退院してからも、この1ヶ月間は気の抜けぬ日々・・・怒涛に過ぎる毎日でしたが、

1ヶ月目の定期検診で、娘はどうやらすこぶる順調との事でした!

とりあえず一安心です!

娘が抱える心疾患の一つに「肺動脈弁狭窄症」という疾患があります。

血液中の酸素が心臓を通って肺に向かう為の血管が娘の場合、健常者よりも狭くなっているそう。

幸いにも? この狭くなっている血管のお陰で、娘が抱えるもう一つの心疾患「心室中隔欠損症」とのバランスが上手いこと取れているみたい!

▼娘の心疾患の詳細はこちらの記事へ

www.hohonut.com

「肺動脈って狭くても大丈夫なの!?」

肺動脈が狭いと血液中の酸素の肺に送られる量が当然少なくなるので常に酸欠状態です。

程度にもよりますが、健常者の酸素数値が通常100%だとしたら、

生後1ヶ月現在の娘の酸素数値は90%台ほど。

これは健康な赤ちゃんが泣いた時の酸素数値とほぼ同じくらい。

つまり、娘が泣いた場合80%台にまで下がってしまう訳ですが、赤ちゃんは泣くのが仕事なので、そうなった場合血中酸素濃度の低下は防げません。

娘の泣き声は家の下の階にまで届くほど大きく、毎晩1歳半の上の子も妹の泣き声に驚き起きてしまいます。

泣きすぎるとチアノーゼが顔に出て、娘の顔色は赤紫っぽくなることもしばしば・・・

酸素数値が70%を切ったらいよいよ手術が必要!

今後の経過から目が離せません。

やがて必ず行わなければならない心室中隔欠損症の手術と同じタイミングで肺動脈弁の手術が出来ればベスト!

手術開始の成長目安は、体重6〜7kg(おおよそ生後半年以上かな?)

そのくらいまで体重が増加し、しっかり体力がついていれば本格的な心臓手術を行い、2週間程の入院で帰って来られるそうです。

2週間ものあいだ、また嫁さん不在で上の子との生活が始まると思うと恐怖ではありますが 笑

とりあえず娘の1ヶ月検診は順調だったという事を今は喜びたいと思います☆

コメントを残す