最初に読んでもらいた記事Picup5

【ブログ移行】はてなブログから「WordPress(ワードプレス)」へのお引越しに向けて

どうも!【ほほなっつ】です。

春は引越しのシーズン! 私も兼ねてより予定しておりました、WordPress(ワードプレス)へのお引越しの時期が近づいてまいりました!

もともとはてなブログは、自分がブログを続けられるか試す場所として考え、契約しました。

最低でも100記事…期間にして1年間くらいははてなブログで続けていこうと考えていたのですが、思ってた以上にブログが楽しく、気付いたら3ヶ月で100記事圏内に。

1年契約ではてなブログProを契約してしまったものの(これが一番失敗)、このままのペースで記事を書き続けたら1年後には300記事に。
そうなるとWordPress(ワードプレス)への移行作業が大変そうだなと思い、100記事到達を目安にWordPress(ワードプレス)へお引越しを敢行しようと思いました。

なぜ今WordPress(ワードプレス)なのか

そもそもなぜ今WordPress(ワードプレス)なのか
具体的には以下のとおり

  • まだ記事が少ない今のうちなら手直しが楽
  • 使いたい有料テーマがある
  • 収益化が目的なので、検索流入一点に集中したい
  • ブログの生活に慣れてきたので本格的に運営したい

まだ記事が少ない今のうちなら手直しが楽

「サムネイルが表示されていない」「文章中のリンクが切れている」などなど、予期せぬエラーがブログ移行時には大量に発生すると予想されます。

その時一つ一つの記事のリライト作業に追われるのは目に見えているので、まだ記事数が少ない今がお引越しのチャンスかなと思います。

使いたい有料テーマがある

かのパクり騒動「オニヒトデ」の事件で一躍有名(もともと私が知らなかっただけで超有名)になったワードプレスの有料テーマ「sango」を、私も是非使ってみたいからです! はいミーハー(=´∀`)

だってあんな美しいブログテーマ見せられたらいてもたってもいられないじゃない、だってデザイナーだもの。

「sango」のお値段は10,800円と少々痛い出費ですが…
自分自身の技術で補いない事はお金で解決しちゃおうぜ?

収益化が目的なので、検索流入一点に集中したい

収益化が目的なのでどんどん物販記事やアフィリ記事を書きたいけど、そんな記事ばかり書いていたらはてなブログの読者が離れちゃうしはてなスターも貰えない!

ついついはてなブログ特有の横のつながりを意識してしまうばかりに、割り切った記事が書けないことも。(これは意識しすぎですが笑)

人の目を気にせずに、検索流入とアクセス数だけを意識して黙々と収益に繋がる記事を書いていきたいからです。。

ブログの生活に慣れてきたので本格的に運営したい

あくまで「はてなブログ」は練習の場と考え、自分でもブログを続けていける事がわかったのなら、これからはワードプレスで本格的にやっちゃおうよ!
という気持ちの一つの整理がついたから。
要するにブログに慣れたから次のステップに行ってみたいと考えたからです。(3ヶ月でブログに慣れた宣言は生意気?)

WordPress(ワードプレス)移行に向けての準備

ワードプレスへの移行の前に準備しておきたい物は以下のとおり

  • レンタルサーバーの契約
  • WordPressのインストール
  • 使うテーマを決めておく

レンタルサーバーの契約

数あるレンタルサーバーの中から自分のブログ運営に合ったものを選びます。

おおよそレンタルサーバーを選ぶ基準になるのは、年間のランニングコストとサーバーの容量、サポートの充実度でしょうか。
私もここは慎重に選んでいきたいと思います。

WordPressのインストール

当たり前ですがWordPressのインストールも事前に済ませておきます。

使うテーマを決めておく

これは移行に向けての準備段階では必要ないとも言えますが、あらかじめ使いたいテーマを決めておくと移行後のブログ運営がスムーズに進められるかも。

はてなブログを今後どうしていくか

はてなブログProを1年契約しているので、ワードプレスに移行したらはいおしまい! とはいけないです。

まだ模索段階ですが、日々の絵日記や雑記、バス釣りネタはこのまま「はてなブログ」で続けていきたいとも考えています。

しかし今の私に掛け持ちできる余裕など皆無!

それに、日々の絵日記や雑記、バス釣りネタが「はてな」なら、肝心のワードプレスの方のネタに困ります 笑

この問題が整理できるまで、ワードプレスへのお引越しは当面先になりそうです。

まとめ

結局引っ越すの?引っ越さないの?

まだしばらくは、はてなブログで記事を書き続け、一つ一つの問題を整理しながら徐々に荷造りを始めて行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です