UQモバイルに乗り換えたら年間84,000円の節約に!

ブログ100記事達成!書けば書くほど得意ジャンルと苦手ジャンルがみえてくる

どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

少し前にめでたくブログ100記事到達しました! おめでとう私!!

ちなみにこれは106記事目

このペースでいったら、あっという間に200記事、300記事と増えていきそう。

がむしゃらに100記事書いてみてわかった事は、書いているうちに段々と自分の得意ジャンルが見えてくるという事。

「このジャンルはやたらと記事の執筆が進むな〜」とか

「このジャンルはネタがどんどん溢れてくるからもっと書けるな〜」など、

得意ジャンルは、書いていて止まらなくなるので、あっという間に書けてしまえるように。ワード数を増やすことを意識しなくとも勝手にボリューミーな記事が出来上がります。

そんな自分の得意ジャンルが、ブログ開設当初からハッキリとわかっていれば、100記事なんてもっとあっという間に達成できた事でしょう。

しかし、初めからそれがわかれば誰も苦労はしません。
たくさん記事を書いて、ようやく得意不得意が見えてくるんです。

今まで得意だと思っていたジャンルが、実は苦手なジャンルだったなんて事も!

ブログのメインコンテンツが得意ジャンルとは限らない

記事をたくさん書いていくうちに、自分にとっての得意ジャンルがわかるようになってきます。

しかし、それは必ずしもこれまでメインコンテンツと決めていたジャンルとは限らず、意外なサブコンテンツがいつのまにか自分の中で一番得意なジャンルだと気付かされる場合も。

私のブログを例にあげると、当ブログは育児ネタ中心の雑記ブログです。

記事の大半は子育てにまつわる情報ばかり!もしかしたら雑記ブログではなく、育児ブログと呼ぶ方が正しいのかもしれません。サブコンテンツには趣味のバス釣りや、ブログ運営、ガジェット、雑記など。

でもね、ここにきて私気付いちゃったんです!

当ブログのメインコンテンツである、育児ネタの記事を書く時が、実は一番しんどいかもって!

しんどいとは、とにかく手が進まない、頭が働かない、時間がかかるという事!

普段の子供との生活の中で、私自身育児に積極的に参加しているようで実はそうでもないようで 笑。ただ毎日子供たちと楽しく遊んいでるだけなので、いざ育児記事を書こうとしても私からは何のノウハウも出てきません。

ノウハウが語れるほど子育てを毎日頑張っているのは私ではなく嫁の方だから。私からはせいぜい、「公園で時間を忘れて楽しく遊ぶ5つの事〜」とかっていうのが精一杯 笑!

意外と需要あるんじゃないその記事?

それでも育児ネタ7割で100記事までやって来られたのも事実。苦手だけど全く合っていなかったという訳ではないのでしょう。

逆に、誰に需要があるともわからない趣味のバス釣りネタや、こういったブログネタなんかはもう一瞬で書けちゃいます!

自分が楽しんで書いてると、文章の中に素の自分が自然と混ざるので、読み手にもリアルな感情が伝わります。

現に、私のブログで検索順位上位の記事は、バス釣りネタが中心。検索順位1位の記事もたくさん含まれてます。

それでも私がバス釣りをメインコンテンツに選ばない理由は、単純に「中々釣りに行けないから」笑。

年に数える程度しか釣りに行けないのに(それでも去年は30回は行ったけど 汗)釣りブログなんて書けないよね。毎日釣りに行きたくて手が震えますが…

子供たちがもう少し大きくなって自分の時間が作れるようになったら、私もバス釣り特化ブログを始めてみようかと思っています。

それとは別に、私のブログで1番読まれている記事は、だいぶ初期の頃に書いたiPad Proのいわゆるレビュー記事です。

リンゴ製品は本当に強いね!

得意ジャンルが見つかったらそのコンテンツを育ててみる

自分の得意なジャンルが見つかったら、今後はそのジャンルがブログのメインコンテンツになるかもしれません。

そういう切り返しが効くのも、雑記ブログの利点ですよね!

「ブログジャンルの得意、不得意」というのがどれだけ大事か気付きました。興味のないジャンルで記事を書いていても、そもそもブログ更新が上手くいかないです。

逆に好きなジャンルや得意なジャンルは、スラスラと記事更新が出来て、さらに内容も濃く、ボリュームもしっかり出せて、記事全体の説得力も増します。

得意なジャンルが見つかったら積極的にそのジャンルを育てる事で、ゆくゆくは自分のブログの柱にしていけるのが理想的。

書きたいことが書けるブログが雑記ブログ

雑記ブログとして始めたのに同じジャンルのネタばかり書いていて、ある時「これ特化ブログだったっけ?」と疑問に思う時があります。

せっかく雑記ブログなんだから書きたいこと書かないともったいない!

もしかしたら新たな得意ジャンルが発掘されるかもしれません。

勉強がてら私が最近よく書くネタはレビュー系の記事や比較系の記事。昔からこの手の話が好きで、自分の興味ある物の比較記事はついつい読んでしまいます。

仕事でもプライベートでも、データを整理したりまとめたりする作業が好きなので、やはり書いていて苦にならず、意識せずともボリューミーな記事になる傾向。

レビュー記事や比較記事を書いていて特に大事だと感じるのは、「筆者の体験談と嘘偽りない感想」失敗談なんかもあると書いていて心強いです。

逆にそれがないとただの説明書になっちゃいます。体験談や使用感が書かれていないレビュー、比較記事ほど読む価値がないものもありません。

レビュー、比較記事を書くコツは、はじめに筆者がどう思っているか結論を展開し、なぜその結論にいたったかを順に説明していく事。

実際の口コミも、最高評価のもの、満足はしているけど改善点も書いてあるもの、の二つを抜粋し、引用してあげると、信ぴょう性を裏付ける親切な記事に仕上がります。

まとめ

得意なジャンル、好きな事をブログに書きたい。

そのジャンルで読者の有益につながるネタが書ければ、ブログはもっと成長していけます。

このお話を短くまとめると

  • 100記事超えました。
  • いっぱい記事書くと得意不得意見えてくるよ
  • 雑記ブログはもっと自由でいいんだよ

50文字で書けましたね 笑

\あわせて読んで貰いたい記事/
【運営報告】素人がブログを4ヶ月続けて感じた5つの変化|PVや収益など

4 Comments

epinkflower

100記事達成おめでとうございます♪趣味の記事ほどよく読まれるってすごいわかります!特に子育てブログって子供がいたら誰でも書けるし同ジャンルテーマのブログがたくさんあるなって思いました!ほほなっつさんの記事はイラスト見てるだけでも楽しいからそれはすっごい強みですよね♪わたしも書いてる人らしさが垣間見れるブログを目指したいです⑅◡̈*

返信する
HappyUnbirthday

100記事おめでとうございます!
あのしっかりとしたレビュー記事を苦じゃなく書けちゃうなんてすごいです∑(゚Д゚)!!
バス釣りブログ作るの楽しみですね♪

返信する
mahix2

やまち様 (id:epinkflower)
コメントありがとうございます。
やまちさんの記事は名前を伏せて20個の記事が並べられていても、「あ!これだ!」って私言い当てられる自信ありますよ!そう!子育てのネタって検索すれば溢れるほど出てくるんで、わざわざ新規で書くモチベーションに繋がらないんですよね〜わかってもらえて嬉しいです。

返信する
mahix2

hana様 (id:HappyUnbirthday)
コメントありがとうございます。
私もやっと100記事です。あとを追ってます!てかアドセンスの新たなユニット解放おめでとうございます!私もあれ目指しているんですが、そもそも未だにPINコードすら届きません/(^o^)\お互いアドセンスの審査の前から知っている仲?ですが、もうここまで来たんだなって感傷深くなりますね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です