最初に読んでもらいた記事Picup5

【こどもの食育】これからが旬!「シェア畑」を始めるなら春がおすすめ

どうも!【ほほなっつ】です。

我が家では子供の食育を兼ね、去年からシェア畑で野菜を作っています!

シェア畑を始めて2度目の春がやってまいりました!

春は野菜作りのシーズンなので、シェア畑をこれから始めるにはピッタリの季節です!

これからが旬!春のシェア畑の様子

f:id:mahix2:20180412202616j:plain

春は言わずと知れた野菜作りの季節。
キュウリやトマトなどの夏野菜の植え付けは春から始まります。
夏野菜を植え付けてから、収穫までが最も楽しいのがこのシーズン。

初めて野菜づくりをされる場合、0から夏野菜づくりを始められるこの時期に始めるのがお勧めです!

持ち物はこれだけ!

  • 軍手
  • 長靴
  • タオル
  • 筆記用具
  • ビニール袋

手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】

暑すぎず、過ごしやすいこの季節は、休日のレジャー感覚でシェア畑を利用する事も!

ほぼ手ぶらで気軽に立ち寄れ、敷地内には子供の遊べるスペースや、おもちゃも貸し出されているので、公園感覚で遊べます。

広い敷地内全てが子供にとって格好の遊び場となり、我が家の息子もシェア畑が大好きで、まだ歩けない頃から泥だらけになって遊んでいました。

冬に植えた野菜の収穫

f:id:mahix2:20180412202637j:plain

冬にも野菜の種を植えて、収穫する事も出きましたが、冬の畑は収穫よりも春を迎える為の準備がメイン。

畑のコンディションも上がり、まだ肌寒い2〜3月に植えた野菜の収穫がこの時期に迫っています。

春大根

f:id:mahix2:20180412202648j:plain
少し小ぶりですが、早速春大根が収穫できました!

大根は味噌汁やおろしでいただく予定。大根の葉はペットとして飼っているリクガメが美味しくいただきます。

これは何でしょう?

f:id:mahix2:20180412202705j:plain
コレなんだっけ?

とうもろこし?あれ…思い出せない 笑。

イチゴ

f:id:mahix2:20180412202723j:plain
こちらはイチゴ

イチゴ大好きな息子が楽しみにしている苗です。

サヤエンドウ

f:id:mahix2:20180412202735j:plain
こちらはサヤエンドウ

収穫はまだ先になりそうですが、綺麗な白い花を咲かせていました。

シーズンに向けての畝作り

f:id:mahix2:20180412202755j:plain

この日は、お義父さんと私と息子の3人で畑にやって来ました!

寒おこしで慣らした土を耕して畝を作ります。

畝とは、苗や種を植える畑の土台。少し盛り上がった土のベッドの事。畝には、苗の根が付きやすい、野菜の生育に必要なスペースが確保できる、野菜の根が伸びやすい、周囲よりも畝を高くすることで水はけが良くなるなど、メリットが沢山あるんだ_φ(・_・

まずは簡単な講習会を受けて

f:id:mahix2:20180412202817j:plain

シェア畑の最大の魅力は徹底したプロのサポートの元、誰でも簡単に美味しい新鮮野菜が作れるようになるという事!

定期的にこのような講習会が行われます。

講習会に参加しそびれても大丈夫!

個別にアドバイスもいただけますし、常に最低1人はスタッフが在中しております。

私は人見知りなので自分から中々声をかけられませんが、むしろスタッフの方から声を掛けてきてくれます 笑。

菜園アドバイザーが教えてくれる【シェア畑】

その間、息子は自由に畑探索

f:id:mahix2:20180412202837j:plain

お気に入りの風車を握りしめ、敷地内を所狭しと駆け回る息子

息子が畑を好きな理由はいくつかあります。

f:id:mahix2:20180412202852j:plain

ひとつはこの風車!

どこの家庭の畑にも、何種類ものこういった風車が刺さっており、ぐるぐる回る物に目がない息子は、他所様の畑の風車を一本一本手にとり、じっくり観察しながら回ります。

f:id:mahix2:20180412202930j:plain

もうひとつがこれ!
メダカゾーンです。

もうとにかくこの場所が好きな息子

一通り風車を愛でた後は、こちらのメダカゾーンにべったり張り付いてメダカ観察を始めます。

これがすっごい楽しいのか絶対にこの場所を離れようとしないので、息子がこの場所にたどり着いたら私たちも畑作業に集中できます。

f:id:mahix2:20180412203009j:plain

「あー!めだかー!」「あー!いたー!」

f:id:mahix2:20180412202955j:plain

「っばしゃ」

こうなりますよね 笑。

しばらく目を話すと全身びしょ濡れになってしまうので、畑に来る時は息子の着替えは常備。

できれば大人1人は息子に付けておきたいところ。

f:id:mahix2:20180412202912j:plain

飽きたら子供広場でお砂場遊び!

子供用のバケツやスコップが無料で借りられるので、畑仕事や探索に飽きた子供たちは最終的にここに集結します。

息子も私と似て人見知りなので、大勢の子供達が遊ぶこの広場には立ち寄りません 笑。

いよいよ作業開始

f:id:mahix2:20180412203105j:plain

まずは、畝の土壌作り

20cmの深さまで土を掘り起こします。

f:id:mahix2:20180412203122j:plain

土を掘り起こしたら、次に有機肥料を巻きます。

肥料は牛糞や鶏糞、油粕など、糞と言っても匂いもなく、ほぼ土なので全く気になりません。

f:id:mahix2:20180412203134j:plain

肥料を撒ききったら、土を戻し、15cmの高さまで盛り上げ、畝の形を形成します。

f:id:mahix2:20180412203148j:plain

水で整えたら出来上がり!

板チョコやハンバーグのような見た目で既に美味しそう 笑。
後はこの畝に、マルチと呼ばれる黒いビニール袋をかぶせたら完成です。

f:id:mahix2:20180412203212j:plain

もちろんそれら資材も全て敷地内に完備されています。

これ仮に全て自分たちで用意だったら、私は絶対続きません。

f:id:mahix2:20180412203234j:plain

肥料などもまとまって用意されているので、必要な時に必要な分だけ、まとめて準備する事ができます。

f:id:mahix2:20180412203252j:plain

肝心のマルチがここ!

足元がメジャーになっていて、必要な長さにカットして使います。もちろんハサミもこの場所に用意されています。

マルチの他に、ネットや透明シートもこの一箇所にまとめられています。

f:id:mahix2:20180412203307j:plain

マルチを被せてピンで固定したら完成!
慣れてくるとこの畝づくりもだいたい15分〜20分程でこなせるようになります。

f:id:mahix2:20180412203320j:plain

これでこの日の作業は終了なのですが、発育の悪い苗を発育の良い苗と取り替えておきましょう。

f:id:mahix2:20180412203330j:plain

こちらも敷地内に用意されているマルチカッターを使い、簡単に綺麗な穴が開けられます。ここに発育の良い苗を差し込んで

f:id:mahix2:20180412203340j:plain

畝に馴染ませたらおしまい!

収穫した野菜と泥だらけの息子をを持って帰宅。

f:id:mahix2:20180412203350j:plain

使用した道具の汚れを綺麗に洗い流すのはお約束!
自分が使った道具は、次に使う人の為にもしっかりケアして戻しましょう。

まとめ

ようやく始まった野菜づくりのシーズン!

これからがシーズン本番なので、今からシェア畑を始められたら夏には収穫を迎え、食卓には自分たちが育てた新鮮野菜が並びます。

シェア畑は常時見学無料なので、ぜひ近所のシェア畑を探して覗いてみてください!全国70農園展開中!【シェア畑】

まだまだ2年目ですが、我が家でも去年以上に美味しい新鮮野菜を作っていこうと思います!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です