UQモバイルに乗り換えたら年間84,000円の節約に!

ベビーベッドは本当に必要?ベビーチェアはどれを選べばいいの?全て教えます

どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

世の中に便利な物が溢れかえり、本当に必要な物への見極めが大変!
特に、初めての子育てで必要な物を選び抜けと言われても、それこそ無理難題。

先輩ママを頼ったり、親に聞いたり、ネットで漁ったり…口コミを信じて買って使ってみたら失敗だったという物も多いです。

中でも、頭を悩ますのがベビーベッドとベビーチェアの見極め!

どちらも部屋の場所をとるため失敗が許されず、さらに種類も数多く出回っているので選ぶのが本当に大変!

ちなみに我が家では、ベビーベッド、電動ラック(ネムリラ)、バウンサー(トドラー)、ハイチェア、テーブルチェア(イングリッシーナ)、おすわりチェア(バンボ、ハガブー)

これ全部持っています 笑!

頻繁に使う物から、滅多に使わない物まで様々! どれも用途が異なるから要らないものなんてないんだけど…優先度はハッキリしています!

そこで今回は、実際にこれらを全て使ってみた感想と、購入優先度が高い順から並べてみました。

ベビーベッドよりベビーラックがおすすめ

ベビーベッドに求められる用途は、

  • 赤ちゃんの寝心地の良さ
  • 食事のお世話(ミルク、離乳食)
  • おむつ交換、着替えのお世話

これらの項目を満たせれば、大きいベビーベッドを無理して部屋に置く必要はありません。

私のおすすめは、食事のお世話やおむつ交換に活躍し、赤ちゃんがすんなり寝付く電動ベビーラック!

電動ベビーラック

【優先度:高】

ゆりかごのように揺れて赤ちゃんを睡眠にみちびくハイローベッドです。

手動で揺らす物から、電動で揺れて睡眠導入高価が高いサウンドが流れる物まで、様々な種類が存在します。

我が家で使っているベビーラックは、『スウィングベッド ネムリラ

ネムリラは、電動スウィングベッドでは入眠率No.1(2017年4月コンビ調べ)の効果で知られています。最新のものだと、コンビのチャイルドシートにも採用されている、赤ちゃんの頭を衝撃から守る超衝撃吸収素材「エッグショック」も搭載され、進化し続けています。

スウィングベッド ネムリラ

ネムリラは自動でも手動でも心地良く揺れ、ヒーリング効果が期待できるサウンドも搭載。

ボタン操作で簡単にサウンドの音量、スウィングの揺れ幅が調節できます。

抱っこでようやく寝てくれた我が子…しかし、いざベッドに移したらすぐ泣き出してふりだしに戻ったなんて経験ありませんか?

ベッドに寝かせる成功率が30%だとすると、ネムリラに寝かせる成功率は、私の体感で60%ほど!

自動運転でゆらゆら揺られながら、気持ちよさそうに寝ています。

シートは取り外して洗えますが、汗や汚れを防ぐ為にタオルを挟むとお手入れが楽!

シートの高さがミルクを飲ませるのに丁度いい角度だからスムーズに飲ませられます。

背もたれを上げて上半身を起こせば離乳食のお世話にもぴったりの高さに!

おむつ替えやお着替えもこのベッドで楽に行えるので、衣食住全てこなせます。

1つ欠点を挙げるとすれば、ネムリラはとても高価!(ベビーカー、チャイルドシート並み)

そこで、長く使う予定がなければレンタルがおすすめ!

我が家でも、3ヶ月のレンタル+延長3ヶ月で、合計6ヶ月のレンタルで大活躍しています!

我が子に合う合わないを確かめるのにもレンタルがうってつけ! 10ヶ月までだったら買うより安く済みますよ

レンタルはこちら

便利な場面

  • 寝かしつけの成功率はダントツ
  • おむつ交換、お着替え
  • 食事のお世話

詳しい解説はコチラ
娘はネムリラで寝る!電動ベビーラックを長期間レンタルした感想と口コミ

バウンサー

【優先度:中】

バウンサーとは、ゆりかごのようにゆらゆらと座面を揺らすことのできる、赤ちゃん用の椅子のこと。赤ちゃん自身の体重や動きで動くものから、電動でスピーカー付きなど高性能なものまで、様々な種類があります。

我が家で使っているバウンサーは、『インファント・トドラーロッカー

老舗おもちゃメーカーで知られる、フィッシャープライス社のバウンサーで、 魅力的なのはそのお値段! この手のバウンサーとしては破格の5,000円台から購入する事ができます。

インファント・トドラーロッカー

2段階リクライニングで成長に合わせて長く使えるベビーラック&ロッキングチェア。取り外し可能なおもちゃバー、リラックス効果の高い電動振動機能、汚れたら丸洗いできるシートなど、赤ちゃんとママに嬉しい機能が満載です。

インファント・トドラーロッカーを使うようになってからは、起きてる状態で乗せても泣くどころか、ご機嫌で一人遊びを始めたりとすごく穏やか!

乗せたらそのまま寝てしまうことも多々あり、こちらは手で揺らしながらテレビを見たりと、抱っこし続けるより随分快適に!

長さ調節ができる腰ベルトの装着で、落下の心配も要りません。

便利な場面

  • 置かれてもご機嫌で遊んでる
  • 食事のお世話
  • お風呂上がりの待機場所

詳しい解説はコチラ
コスパで選ばれる人気のバウンサーはこれ!パパと娘が気にいる理由と口コミ紹介

ベビーベッド

【優先度:低】

我が家のベビーベッドはほぼ物置状態。一人目の時も二人目の時も変わらず、ベビーベッドにに対する感想は「買う必要は全くない」という事。

ベビーベッドが必要ないと感じる理由は3つ!

  • 試用期間が短い
  • ベッドで寝ない
  • 置く場所を取りすぎる

ベビーベッドを使用する期間は短いです。夜の就寝もママの腕枕になるので、おおよそ3〜4ヶ月使えればいい方。

抱っこで寝かしつけた我が子も、ベッドにただ置くだけでは背中スイッチが発動してすぐ起きてしまいます。もちろん、そのまま放置していて一人で寝る事もありません。

寝かしつけの安定感で言ったら、ベビーラックやバウンサーには遠く及ばず

ただし、物置として考えれば大変優秀!

各種ベビーグッズをまとめて収納、格納して置けるのはもちろん、お着替えやおむつ交換の台としても活躍します。

使うならレンタルで十分! 我が家も使わなくなった友人から借りています。無理して買う必要はまずありません

アネシス ベビーベッド

一応、我が家が借りているベビーベッドを紹介します。

床板の位置が高めでお世話をするママの腰の負担を軽減。通気性抜群のすのこの床板&収納板仕様、スライド開閉、大きな収納扉と、機能もしっかり。ナチュラル、ライトブラウン、ダークブラウン、ホワイトの4色から選べます。

便利な場面

  • ベビーグッズの格納
  • おむつ交換、お着替え

今時のベビーチェアは持ち運べて洗える

近頃のベビーチェアは、持ち運べたり洗えたり、ますます便利に!

離乳食のお世話にとどまらず、インスタ映えを狙った物や、お座り訓練を始められる物まで、ベビーチェアに求められる用途の幅が広がっています。

これが正解というよりも、どのタイプのベビーチェアにもそれぞれ異なったメリットがある為、どこを重視するかで選び方が変わってきます。

優先度が高い順で紹介します。

テーブルチェア

【優先度:高】

テーブルに固定して使うタイプのベビーチェアは、宙に浮いている為場所をとらず、テーブルとの距離も近く、目線もママと同じ高さなので、とにかく離乳食のお世話が格段に楽になります。

我が家で使っているテーブルチェアは、『イングリッシーナ・ファスト

大きな特徴は、畳んで持ち運びができる点と、シート部分が汚れたら洗濯洗いが可能な点。

離乳食デビューのタイミングから3歳まで大活躍する、強くおすすめしたい万能チェアです。

イングリッシーナ・ファスト

イングリッシーナファストは離乳食のお世話を劇的に楽にしてくれます。

テーブルの天板に設置する宙づりタイプの椅子なので、場所をとらず椅子を隣にぴったり置けるから、子供のサポートがし易くなりました。

f:id:mahix2:20180618121309j:plain

汚れたら分解して洗濯洗いが出来るのも、イングリッシーナの凄いところ!

ご機嫌に座っていてくれるので、一人遊びさせて置く場所としても重宝します。

U字に曲がったバーが足置きになるから力強く座っていられます

便利な場面

  • 離乳食のお世話全般
  • 旅行、外食時

詳しい解説はコチラ
イングリッシーナファスト【レビュー】離乳食のお世話が一番楽なベビーチェア

ハイチェア

【優先度:中】

昔からお馴染みのオーソドックスなベビーチェアです。
落下防止の安全ガードや、腰ベルトが搭載されており、物によっては折りたたみ機能、サイズアップといった機能がついたタイプのものまで、幅広く種類が存在します。

我が家で使っているベビーチェアは、『たためる ハイチェア

脚が床に付いているからテーブルチェアよりも安定し、サイズアップで長く使えます。

たためる ハイチェア

ベーシックな使いやすさが魅力の折りたたみ式のベビーチェアです。

腰がすわった7ヶ月頃から、5歳頃まで使用でき、使わないときは簡単な操作でコンパクトに折りたためるので、収納にも場所をとりません。

また、ベルトを外せばテーブルを後ろに回転させた状態でも使用できるので、リビングのテーブルに接して使えます。

安心、安全のSGマーク付き。

便利な場面

  • 5歳まで長く使える
  • 椅子を並べて食事ができる

おすわりチェア

【優先度:低】

離乳食のお世話やお座り訓練にも使えるおすわりチェア。しかし、食事面のお世話はハイチェアやテーブルチェアに及ばない為、優先度は低めです。

我が家で使っているおすわりチェアは、『ハガブー(HUGABOO)』と、『バンボ(Bumbo)』

どちらも動きが制限されるので、大人しく座っていてくれるます。見た目も最高に可愛い為、記念撮影の場面などではとても重宝します。

ハガブー(HUGABOO)




ハガブーを購入する

アメリカ、オーストラリアで大人気のハガブー(HUGABOO)が日本に上陸。
その見た目の可愛さと使いやすさで、インスタ映えするベビーチェアとして、日本でも口コミを中心に拡がり続けています。

見た目の可愛さ以上に実用性も兼ね揃えており、一番の特徴は360度から赤ちゃんを支えるホールド力。ママに抱っこされているような安心感と快適な座り心地実現

バンボ(Bumbo)

バンボはポリウレタン樹脂でできており、その触り心地は、弾力性のある硬いゴムのようなスポンジのような…クロックスのような素材です。水や油を弾くので、汚れてもサッと拭けば元どおりキレイに。お風呂あがりの我が子の待機場所としても使えます。

我が家でも初めてのベビーチェアにバンボをチョイス!リビングソファーの上において食事をさせたり、爪切り、歯磨き、お風呂 …etc、様々なシーンで活躍してくれました

便利な場面

  • 記念日などの写真撮影に
  • 首が座ってからのお座り訓練に

詳しい解説はコチラ
「ハガブー」と「バンボ」選ぶならどっち?口コミで人気のベビーチェアを徹底比較

まとめ

ベビーベッドは、汎用性が高く、寝かしつけまで期待できる『ネムリラ』の様な電動スウィングベッドがおすすめ。

ベビーチェアは、どこでも場所を取らず、外出先でも使える『イングリッシーナファスト』が優先度高めです

たくさんの種類が出回っていて、選ぶのが難しいベビーベッドとベビーチェア。実際に使ってみて、優先度が高い順から並べてみました。

購入時の判断材料にお役立てください☆

こちらの記事では、初めての子育てに役立つおすすめの育児グッズを紹介しています!
初めての子育てを助けてくれる!口コミで好評価の育児グッズ10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です