最初に読んでもらいた記事Picup5

【ブログの断捨離】ゴミ記事の削除と上手なリライトの仕方

どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

突然ですが、ゴミ記事を残しておくとSEO的に不利になるってご存知でしたか?

なんとなく聞いた事はあっても、私は半信半疑でした。

しかし、どうやらゴミ記事を残しておくと、SEO的に不利なばかりではなく、ユーザーの即離脱にも繋がる、デメリットばかりだという事がわかりました!

今回思い切ってブログの断捨離をおこない、結果、ブログにどういった変化が現れたのかをお話します。

ゴミ記事を残しておくと何故SEOに不利なのか

ブログに収益を求めてる以上、常に読者に必要とされる情報を発信し続ける必要があることは事実。

なぜゴミ記事を残しておくとダメなのでしょうか?

その理由は、読者がブログ内を循環しなくなるから!

グーグルの代表的なサイト評価基準のひとつに平均セッション継続時間ページ/セッションがあります。

これらの数値が高ければ高いほど、グーグルはそのサイトを「優良サイト」と判断し、検索結果で上位表示されるようになります。

平均セッション継続時間とは、カンタンにいうと、読者が1回ブログを訪問したときに、平均してどれくらいの時間そこに滞在し続けたかを示す数値。

次に、ページ/セッションとは、読者が1回ブログを訪問したときに、平均して何ページ読んだかを示す数値。

例えば、検索からの読者が、私のブログの記事を最後まで読んだとします。

その読者が次にとる行動は、私のブログの関連コンテンツのチェックではないでしょうか。

その関連コンテンツに、運悪くゴミ記事が選ばれてしまっていたら…

もしかしたらファンになって貰えたかもしれない検索からの読者を1名失った事になります。

こういった1つ1つのチャンスを大切にしていきたいので、ゴミ記事の削除に踏み切りました。

ゴミ記事を削除した結果丸1ヶ月分の記事が消失

ここで扱うゴミ記事の基準とは、

  • 旬が過ぎたトレンド記事
  • 情報がない日記
  • 半年以上閑古鳥が鳴く記事

以上の3項目に絞り、過去の記事を削除しました。

すると、なんという事でしょう…

ブログ開設月に書いた記事、丸々1ヶ月分がきれいさっぱり無くなったではありませんか! 笑

かなり甘い基準で断捨離をすすめ、リライト出来そうな記事は捨てずに修正、それでも約20記事がゴミ箱送りになりました。

ほぼ一度も検索された事もない、中身のない記事ばかりでしたが、それでも愛着があり、捨てる事には勇気がいりました。

大量に記事を捨てても、PVは下がる事なく、むしろ上がり続けているってつまりそういう事!

私にも読者の方にも利益を生まない、正真正銘のゴミ記事だったという事ですね 笑…orz

まだ捨てて日が浅い為、PVや収益に大きな変化や、これといったエラーなどは起こっていません。

しかし、気持ちの面では大変清々しく、ブログの新陳代謝をうまい具合に上げられたんじゃないかなーと思っています。

息を吹き返すリライトのコツ教えます

皆さん記事のリライトってどの様におこないますか?

おそらく多くの方が、コンテンツのボリュームを増やすために、情報の追加や補完を行うんじゃないかと思います。

もちろんそれも正解です。

コンテンツのボリュームが増えると検索エンジンに評価され、順位の上昇にも繋がりますからね。

しかし、元々読まれていなかった記事に、情報を新たに追加したからと言って、読まれる記事に生まれ変われるかというと、疑問が残ります。

ここで行う真のリライトとは、記事全体の無駄を省く、むしろ「削る」作業を指します。

デザイン業界でもライティング業界でも、この「削り」がとっても重要で、

誌面や広告媒体の決められた規格内に、情報を収めなければならないので、最後まで頭を悩まされるポイントでもあります。

その点ブログの記事はどこまででも書けてしまう為、つい無駄な情報が含まれてしまいがち。

増やす作業、盛る作業は簡単なので、誰にでも出来ます。
しかし、本当にセンスが問われるのは、無駄を上手に「削って」まとめる力。

私もこの「削り」作業をベースに、コツコツとリライト作業を進めています。

リライトの1つの方法として、参考にしてみてください。

まとめ

あくまで私のブログの話です。

ゴミ記事かどうかは各々が判断し、残すか捨てるか直すか決めてください。

ブログはとにかく書くこと、続けていくことが大前提!

捨てるかどうかはそれほど重要ではないのかも。←ここまで書いておいてあれですが…笑

仮に捨てたのであれば、捨てた数だけまた良質な記事を書きましょう☆

コメントを残す