中古マンションをリノベーション!Web内覧会>>>

新型iPad Proは買い!?iPad Pro10.5ユーザーの私がiPad Pro2018を推す理由

どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

iPad Pro10.5を使い始めて1年が経ちました。

これまで何不自由なく使い続けて来て、私的には非の打ち所もない相棒でもあるiPad Pro。しかし、そんなiPad Proに待望のNEWモデルが登場。

iPad Pro2018はデザインやCPUはもちろん、ペンもキーボードも一新!

欲しい!今すぐ欲しいよ!

しかし手元にはまだまだ現役のiPad Pro10.5が…

iPad Pro10.5を持っていてもiPad Pro2018ははたして買いなのでしょうか?

この記事では

  • iPad Pro10.5ユーザーの私がiPad Pro2018を推す理由
  • iPad Pro10.5からiPad Pro2018への変更点
  •  ペンとキーボードはどこが変わったのか

 

という内容でiPad Pro2018を紐解いてまいります。

これからiPad Pro2018の購入を考えている方も、今iPad Pro10.5を所持している方も、是非参考にしてみてください。

iPad Pro10.5ユーザーの私が新型iPad Pro2018を推す理由

2018年秋、新型iPad Pro11/12.9インチがデビューし、それまでのiPad Proから大きくアップグレードを果たしました。

ですが、私のようにiPadPro10.5を使っている、現iPadProユーザーにとっても新型iPadPro2018は買いなのか・・・

結論から言ってしまえば、これからiPad Proの購入を考えている方も、今iPad Pro10.5を使っている方も、新型iPad Pro2018は買いで間違いありません。

私が新型iPadPro2018を推す理由は、

  • 見ても触れても美しいシルエット
  • ノートPC以上のCPU
  • 使いたいときに使えるApple Pencil
  • 背面も守られるSmart Keyboard Folio

 

新型iPadPro2018は、従来のiPad Proの足りなかった部分が見事に補完され、さらに使い勝手も向上!

にも関わらず・・・私が未だにiPad Pro2018に買い換えない理由は、その高額すぎるお値段!

iPad Pro本体と、マストアイテムでもあるApple PencilにSmart Keyboard Folioを全て揃えて購入すると、

一番安い64GBのプランでも合計 ¥134.028

あと+1万円出せば最新のMacBook AirやMacBook Proが買えてしまうほどのビックリお値段!庶民が気軽に買える物代物ではありません。

しかし、後述するスペックの比較や、専用アクセサリーの使い勝手が驚くほど向上している事実を知れば、

従来のiPadProユーザーにこそ、改めて新型iPadProの魅力が伝わり、値段も安いと感じられるかもしれません。

iPad Proがある暮らし|通勤・仕事・趣味など…1日のタイムラインを公開
iPad Proがある暮らし|通勤・仕事・趣味など…1日のタイムラインを公開

iPad Pro10.5と新型iPad Pro2018を比較

スペック比較


iPad Pro 10.5

iPad Pro 11
ディスプレイ Retinaディスプレイ

10.5インチ

LEDバックライトMulti‑Touch
(IPSテクノロジー搭載)

2,224 x 1,668ピクセル解像度

264ppi

耐指紋性撥油コーティング

フルラミネーションディスプレイ

反射防止コーティング

ProMotionテクノロジー

広色域ディスプレイ(P3)

True Toneディスプレイ

Liquid Retinaディスプレイ

11インチ

LEDバックライトMulti‑Touch
(IPSテクノロジー搭載)

2,388 x 1,668ピクセル解像度

264ppi

耐指紋性撥油コーティング

フルラミネーションディスプレイ

反射防止コーティング

ProMotionテクノロジー

広色域ディスプレイ(P3)

True Toneディスプレイ

CPU A10X Fusion A12X Bionic
背面カメラ 12メガピクセルの写真

ƒ/1.8絞り値

光学式手ぶれ補正

手ぶれ補正機能を使ったLive Photos

クアッドLED True Toneフラッシュ

写真とLive Photosの広色域キャプチャ

裏面照射

6枚構成のレンズ

ハイブリッド赤外線フィルタ

Focus Pixelsを使ったオートフォーカス

タップしてフォーカス

露出コントロール

写真の自動HDR

パノラマ(最大63メガピクセル)

バーストモード

タイマーモード

写真へのジオタグ添付

12メガピクセルの写真

ƒ/1.8絞り値

手ぶれ補正機能を使ったLive Photos

クアッドLED True Toneフラッシュ

写真とLive Photosの広色域キャプチャ

裏面照射

5枚構成のレンズ

ハイブリッド赤外線フィルタ

Focus Pixelsを使ったオートフォーカス

タップしてフォーカス

露出コントロール

写真の自動HDR

パノラマ(最大63メガピクセル)

バーストモード

タイマーモード

写真へのジオタグ添付

前面カメラ FaceTime HDカメラ

7メガピクセルの写真

Live Photos

Retina Flash

1080p HDビデオ撮影

写真とビデオの自動HDR

裏面照射

バーストモード

FaceTimeビデオ通話

TrueDepthカメラ

7メガピクセルの写真

ポートレートモード

ポートレートライティング

アニ文字とミー文字

Live Photos

Retina Flash

1080p HDビデオ撮影

写真とビデオの自動HDR

裏面照射

バーストモード

FaceTimeビデオ通話

通信 LTE-Advanced(25バンド)

802.11a/b/g/n/ac デュアルチャンネル

Bluetooth 4.2

Apple SIMを内蔵

ギガビット級LTE(最大29バンド)

802.11a/b/g/n/ac 同時デュアルチャンネル

Bluetooth 5.0

Apple SIMに対応

eSIM

バッテリー 最大10時間
(Wi-Fiインターネット)
最大10時間
(Wi-Fiインターネット)
サイズ・重量 250.6 × 174.1 × 6.1 mm

469g(Wi-Fi)

477g(Wi-Fi+Cellular)

247.6 × 178.5 × 5.9 mm

468g(Wi-Fi)

468g(Wi-Fi+Cellular)

容量・価格 Wi-Fiモデル

64GB 69,800円(税別)

256GB 86,800円(税別)

512GB 108,800円(税別)

Wi-Fi + Cellularモデル

64GB 84,800円(税別)

256GB 101,800円(税別)

512GB 123,800円(税別)

Wi-Fiモデル

64GB 89,800円(税別)

256GB 106,800円(税別)

512GB 128,800円(税別)

1TB 172,800円(税別)

Wi-Fi + Cellularモデル

64GB 106,800円(税別)

256GB 123,800円(税別)

512GB 145,800円(税別)

1TB 189,800円(税別)

その他 Apple Pencil

Smart Keyboard

4スピーカー

指紋認証 第2世代 Touch ID

Lightning(コネクタ)

Apple Pencil(第2世代)

Smart Keyboard Folio

4スピーカー

Face ID

USB-C(コネクタ)

Wi-Fiモデルを購入する場合はモバイルルーターが必要です。

▼モバイルルーター選びに関してはこちらのサイトが参考になります!

おすすめモバイルルーターを探す

デザイン/カラー

iPad Pro2018では、iPhone X以降と同様にホームボタンが廃止され、Face IDによる認証が導入されたのが大きな外観上の違いです。

また、筐体はiPhone 5を彷彿とさせる角ばったデザインとなり、マグネットでApple Pencil(第2世代)をくっつけておけるようになっています。またLightningコネクターはUSB-Cに置き換わりました。

カラーバリエーションは「シルバー」「スペースグレー」の2色のみ。

ピンクとゴールドがラインナップから減り、よりProの名に相応しい配色に!

CPU/ディスプレイ

CPUチップはiPhone XSに搭載されている『A12 Bionic』の強化版である『A12X Bionicチップ』を搭載。iPad Pro10.5のA10X Fusionの2倍の性能となった超高性能プロセッサとなっています。

アップルいわく「市場の92%のノートPCよりも速い」タブレットとなり、スピードが速く、よりプロ向けのアプリケーションに対応することが可能となりました。

iPad版のAdobe Photoshop CCが2019年に登場予定!ここに焦点をあてた結果、こんなにもパワフルなCPUに生まれ変わったんですね

ディスプレイはこれまでのRetinaディスプレイから、iPhone XRと同様のLiquid Retinaへ変更。Super Retinaとは異なり液晶のディスプレイとなります。

カメラ性能

iPad Proの背面カメラは、以前のように1200万画素のイメージセンサーを搭載し、4K動画撮影や動く写真のLive Photosの撮影をすることができます。

また、iPad ProはFocus Pixelsを搭載しているので、素早くピントを合わせてくれます。

しかし、iPad Pro2018から6枚だったレンズ構成が5枚にカット。さらに光学式手ぶれ補正も無くなり、以前より暗いところでの撮影が難しくなりました。

iPad Pro10.5に比べカメラの性能はあきらかにダウン。ですが1年間iPad Proを使ってきた中で、そもそもカメラを使う機会はほとんどありませんでした

超納得!iPad Proを買ったらその日の内に揃えたい必須のアクセサリー
超納得!iPad Proを買ったらその日の内に揃えたい必須のアクセサリー

さらに使い勝手が向上した専用アクセサリー

私がiPad Pro2018を推す最大の理由は、Apple PencilとSmart Keyboardがアップグレードしたこと! これにより、ますますiPad Proとの使い勝手が向上しました。

Apple Pencil(第2世代)

従来からの大きな変更点は

  • 長さが異なる
  • 光沢・質感が異なる
  • マグネットでiPad Pro本体とコネクト
  • キャップの有無
  • リングの有無
Apple Pencil(第2世代) Apple Pencil
長さ 166mm 177.5mm
直径 8.9mm
重量 20.7g

さらに持ち運びしやすくなった

Apple Pencil(第2世代)の最も大きな変更点として、iPad Pro2018の側面に搭載されているマグネットコネクタにカチッとくっつけられること。

従来のApple Pencilは置き場所に困り、Apple Pencilを格納できるスタンドやケースを用意しなければなりませんでした。

充電もマグネットでくっつけるだけ

iPad Pro2018の磁気コネクタの部分にApple Pencil(第2世代)を置くとペアリングのウィンドウが自動的に表示されるので、これをタップするとペアリングが完了します。

ペンをiPad Pro2018本体にくっつけている間は常に充電状態!

従来のApple PnecilはiPad Pro10.5のお尻の部分に接続する必要がありましたが、Apple Pencil(第2世代)は常にiPad Pro2018の側面にカチッと装着しておくことができるので、充電切れになることもなく、使いたいときにペアリング接続がされていないこともないので、いつどのタイミングでも使うことが叶います。

キャップ紛失の恐怖から解放

従来のApple Pencilには小指の先ほど小さなキャップが付いており、充電のたびにこれを外さなければならなかったため、いつでもキャップ紛失のリスクを伴いました。Apple Pencil(第2世代)にはキャップ自体がないため、後付けアクセサリーで保護する必要もなく、Apple Pencilのスマートなフォルムが維持できます。

Smart Keyboard Folio

iPad Pro2018を挟むように装着する、二つ折り構造。
従来のSmart Keyboardは、キーボードが内側に折り込まれるため、閉じたときに画面に触れない構造でした。

Smart Keyboard FolioはMacBookのように、画面とキーボードが接触する構造になっています。

従来からの変更点と特徴

  • 背面も覆われるプロテクトカバー
  • 2段階の角度調節が可能なキーボードスタイル
  • Smart Connectorとの接続で自動ペアリング
  • Smart Connectorからの給電で充電不要
  • カバーの開閉で自動的にディスプレイがオン/オフ(オートスリープ機能)
  • 選択できるUS(英語)/JIS(日本語)配列

背面も覆われるプロテクトカバー

従来のSmart Keyboardからの最も大きな変更点として、iPad Pro2018ではSmart Connectorの位置が側面から背面下に変更されたことにより、Smart Keyboard自体が背面を覆うプロテクトケースのようになりました。

装着すればすぐに使い始められる自動ペアリングと、Smart Connectorからの給電で充電が不要な点は以前と変わらず健在。

従来よりやや重くなった…

Smart Keyboardの重量は約220gほど、iPad Pro 10.5(469g)に装着した場合、その合計重量は約600gほどになりました。

Smart Keyboard Folioの重量は従来を上回る単体で296g。iPad Pro 11(468g)に装着した場合、合計重量は約764g

従来の組み合わせでも思いと感じていたところ、さらに164gも重くなってしまってはいよいよ厳しい。せっかくiPad Pro2018本体は軽くなったのになんだか少し残念ですね

まとめ

従来のiPad Proから見比べてみても、iPad Pro2018は見た目も性能も専用アクセサリーの質も大幅に上がっていることがわかります。

予算に限りがないのであれば、私は迷いなくiPad Pro2018をおすすめします。

とは言え、iPad Pro 10.5の時点でタブレットとしてですでに完成されているので、必ずしも買い替えが必要かと言う訳でもなさそうです。

Apple製品は基本的に値下がらないため、欲しいと思ったその時が買い時だと言われています。あなたにとってベストな選択になりますよう、この記事がお役に立てれば幸いです☆

2018年統括!子育てパパブロガーが買ってよかった物ベスト10【ミラーレス・ネムリラ・iPad】
2018年統括!子育てパパブロガーが買ってよかった物ベスト10【ミラーレス・ネムリラ・iPad】

コメントを残す