最初に読んでもらいた記事Picup5

iPad Proがある暮らし|通勤・仕事・趣味など…1日のタイムラインを公開

どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

iPad Proを購入して半年、起床してから就寝まで、iPad Proと関わる時間が一段と増え、そろそろスマホより触っているんじゃないかと思うほど。

通勤、仕事、趣味など…1日の間にどれだけiPad Proと関わっているかまとめてみました。

この記事を読んでもらえれば「iPad Proがある暮らしはこんな感じだよ!」という事が、より鮮明にイメージとして伝わるかと思います。購入の参考にしてみて下さい。

iPad Pro 10.5がある暮らし

私のiPad proのスペック

iPad Pro WiFiモデル
サイズ 10.5インチ
容量 64GB
スペースグレー
created by Rinker
Apple(アップル)
¥83,206 (2018/09/20 20:39:00時点 Amazon調べ-詳細)

SNS、動画・音楽視聴、本・漫画朗読、仕事、趣味、勉強…etc
iPad Proでできる事を挙げたらキリがありません。

私がiPad Proを購入したのは下記の理由から。

  • クリエイティブな作業
  • 仕事の打ち合わせ
  • ブログの執筆

アップルペンシルとスマートキーボードを使用した作業が主な目的。

【レビュー】iPad pro 10.5インチ買ってみた!スマホ、PCよりもブログ運営が快適に!
【レビュー】iPad pro 10.5インチ買ってみた!スマホ、PCよりもブログ運営が快適に!

そんな私の1日の暮らしに、もはやiPad Proは欠かせない存在です。朝の通勤から、夜帰宅して寝る寸前まで、iPad Proを使い倒した生活を送っています。

カバンの中身はこれだけ

普段の通勤で、私のカバンの中身は 基本これだけ。

  • iPad Pro 10.5
  • アップルペンシル
  • iPhone6S

ポッケにお財布とキーケース。雨予報の時は折り畳み傘が追加されるくらい。iPad Proとアップルペンシルの登場で、カバンの中身がだいぶスッキリ!

私は通勤の電車の中で、iPad Proを開く事はほとんどありませんが、運良く席に座れた際には、10.5インチの画面で事前にダウンロードしておいた漫画を読んだり、ブログの下書きをしたり、スマホの節電にも一役かってくれています。

10.5インチというサイズ感がバランス良く、大き過ぎず小さ過ぎもなく、私を含め日本人の手に馴染んでいるんだと思います。

ミーティングや客先での打ち合わせ

デザイナーという仕事柄、日頃からクライアントとの打ち合わせに出向く事もしばしば。

以前は会社のMacBook Proを借りて出向いていましたが、ミーティングや客先での打ち合わせに持っていくには大きすます。そこで大活躍なのがiPad proとアップルペンシル。

メモ書きや資料作成はもちろん、Webを閲覧したり、予定やメールの確認、時にはクライアントの目の前でデザインのラフイメージを作成して見せたり、紙とペンとノートPCの融合で、飛躍的な作業効率のアップに繋がります!

手書きのメモをPDF形式ですぐに会社のMacに送れるのも嬉しいポイント!

休憩時間に趣味のイラスト制作

休憩時間はカフェでゆっくりイラスト制作。

自宅でイラストツールをを広げていると、2歳の息子にあっという間に持って行かれてしまうので…イラスト制作はもっぱら職場近くのスタバかドトールで行います。

美味しいエスプレッソも飲めるし、黙々と作業するには落ち着いた雰囲気のカフェが一番効率よし

以前は下書きをアナログで準備してからスキャンして、仕上げは自宅のiMacの前に食らいついて作業をしていました。
iPad Proとアップルペンシルを手に入れてからは、下書きから完成まで一貫してiPad Proで行えるのが嬉しくて、つい時間を忘れて書き続けてしまう事も。

書き心地もアナログと比べて遜色無く、もちろんインクも必要なし。

外にいながらタブレットで絵が描けるって、一昔前なら考えられなかった事。
これだけでiPad Proとアップルペンシルを購入する価値は十分ありますね。

帰宅後のブログ執筆

私がブログを執筆できる時間は、朝子供たちが起きる前と、仕事の休憩中、そしてメインは帰宅後、これまた子供たちが寝静まった後から深夜にかけてになります。

iPad Proを購入する以前、ブログ執筆のメインマシンはiMacでした。ところが、既にご老体だった家のiMacは去年天国へと旅立ってしまい、急遽代わりに選ばれたのが、このiPad Pro 10.5でした。

初めは慣れないタブレットの操作に悪戦苦闘し、MacBookにしておけば良かったと後悔もしましたが、今ではiPad Proがブログ運営には欠かせない存在です。

iPad Proがブログ運営で欠かせない理由の1つが、最初から最後までこれ1台で全て完結する所!

情報収集→ラフ案制作→撮影→画像編集→アイキャッチ制作→ライティング→仕上げまで、これ全部iPad Proで出来るんです。

iPad Proで唯一苦手な事と言えば、コーディングを駆使したブログカスタマイズくらいです。

アイキャッチ画像の制作

ブログのアイキャッチ画像も、撮影から編集まで、全てiPad Proでやり遂げます。

iPhone7と同等のカメラで撮られた写真は、そのままでも十分使えますが、iPad Proには本格的なクリエイティブツールがこれでもかと揃っています。

おすすめのクリエイティブツール

  • LINE Camera
  • Lightroom CC
  • Procreate
  • Phonto
  • Skich

iPad Proで撮影した写真の簡単な処理や加工は『LINE Camera』で、本格的な編集は『Lightroom CC』と、それぞれ使い分けて編集。

さらに、イラストや図解を描く際は、本格描画アプリ『Procreate』で。画像にキャッチやセリフをつけたければ無料フォントアプリ『Phonto』を使ってレイアウトします。簡単な矢印の挿入は『Skich』で解決。

これらのツールを駆使すれば、誰でも簡単にオリジナルのアイキャッチ画像を作る事が可能なんです。

ライティング

iPad Proとスマートキーボードさえあれば、どこにいたって快適にブログの執筆が出来ます。

何故なら、スマートキーボードの重量は約220gと大変軽く、それ自体がiPad Proを包み込むカバーにもなる為、キーボードを装着した状態での持ち運びがノンストレス!
だから思い立った瞬間、その場所で記事が書けるんです。

とはいえ、私がスマートキーボードを広げてブログを書く場所は、自宅のリビングで、夜中にコーヒーorココアを飲みながらと決まっております。

スマートキーボードの浅くて静かなタイピングは真夜中の執筆向いています。家族を起こす事なく、ただ黙々と文章が打ち込めるので、自分だけの時間をブログと向き合うこ事ができます。これが最高に至福の瞬間!

部屋のPCをいちいち立ち上げるのは面倒だけど…iPad Proならスマホ感覚で、好きな時に好きな場所で使えるから作業も進みます

まとめ

created by Rinker
Apple(アップル)
¥83,206 (2018/09/20 20:39:00時点 Amazon調べ-詳細)

iPad Proを購入してから、私の暮らしを取り巻く環境が一変。

仕事をする上でも、趣味のイラストやブログの執筆においても、iPad Proは最高のパフォーマンスを魅せてくれています。

私のように、外での打ち合わせが多く、どこにいても絵を描いたりクリエイティブな作業がしたいという方には、この上ないデバイスになり得ます。

是非あなたもiPad Proライフを楽しんでみてはいかがでしょうか☆

コメントを残す