2020.10.16 | テーマ移行につき一部レイアウト崩れが発生しています

【ストライダー】フルフェイスヘルメット『NORWEE(ノーウェー)』の特徴と3歳児の反応

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ほほなっつのアイコン画像ほほなっつ

どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

3歳半になる息子の頭のサイズも大きくなり、これまで使用してきた『bern(バーン)』のヘルメットがサイズアウト。

ストライダーに乗るスピードも速くなってきたので、思い切ってフルフェイスタイプのヘルメットを新調しました。

我が家では当初クラトーニ2020年モデルが候補に挙がっていましたが、

なんとこのタイミングで、親愛なる華丸輪業様より、『NORWEE(ノーウェイ)』のヘルメットを贈って頂けるというありがたいお話が浮上!

ほほなっつのアイコン画像ほほなっつ

華丸輪業さま・・・いつもありがとうございますorz。

NORWEEは以前からずっと気になっていたブランドでしたが、

日本では極めて流通量が少なく、情報もまだほとんど公出回っていない貴重なヘルメットです。

この記事では、NORWEEヘルメットを3歳息子にかぶせてみた反応と使用感・レビューを紹介しています。

目次

『NORWEEヘルメット』の特徴

ランバイク界隈で今大注目! イギリス発祥のブランド『NORWEE(ノーウェイ)』の本格キッズフルフェイスヘルメット。

フルフェイスタイプのヘルメットは、頭から顎下まで顔全体を覆い守ることができます。

そのため、子供がストライダーに慣れてスピードを出すようになったり、大会入賞などを視野に入れている場合は、フルフェイスタイプが選ばれます。

見た目も大きくゴツいフルフェイスは、一見重そうと見せかけて、『NORWEE(ノーウェイ)』のヘルメットは驚くほどの軽さと快適な通気性が特徴。

2020年現在、日本での『NORWEE(ノーウェイ)』ヘルメットの購入は「華丸輪業」1店舗のみで可能となっています。

スタイリッシュな見た目

箱にパッケージされた状態

開封

ピンクのファイアーパターンがスタイリッシュな2020年限定カラーモデル

チンガード部分には大きく『NORWEE』のロゴがあしらわれています。

左側面

右側面

正面

背面

チンガードは着脱可能

多くのフルフェイス型キッズヘルメット同様、チンガードは取り外しが可能。

レース以外での普段使いとしても利用し易いヘルメットです。

ブレ防止クッション

ヘルメット内にある左右のクッションは、衝撃のみならず走行時のブレも抑える働きがあり、また、クッションはとり外しができるため、清潔に保つことができます。

サイズ調節アジャスター付き

締め付け調節アジャスターがついており、これにより最大52cm~56cmの間でサイズ調節も可能。

ヘルメット購入の前に必ずお子さんの頭のサイズを測っておきましょう。

子供の頭の測り方は、額と後頭部の一番出っ張っている部分の外周を、メジャーや紐などを使って計測します。

子供の頭部サイズ目安
  • 1歳半~2歳:48~50cm
  • 2歳~3歳:50~52cm
  • 3歳~6歳:52~56cm
ほほなっつのアイコン画像ほほなっつ

あくまで目安です! 3歳6ヵ月時点での息子の頭部サイズは52cmでした

軽さは平均点

そして気になる軽さですが、公式での重量は456gとありますが、我が家に届いた『NORWEE(ノーウェイ)』の重量は461g。まぁこれくらいは誤差の領域でしょう。

ちなみに、日本のストライダーキッズ達に大人気のクラトーニの重量が320g

テテは340g〜390gと、いずれも『NORWEE(ノーウェイ)』を圧倒する軽さ。

ほほなっつのアイコン画像ほほなっつ

クラトーニの軽さは一体どうなってんの!?w

以前まで使用していたハーフメットのバーンヘルメットの重量で307gでしたので、約160gほど重量UPとなりました。

ほほなっつのアイコン画像ほほなっつ

ノーウェイ言う程軽くない説w

3歳息子の反応・使用感レビュー

届いたばかりのヘルメットを、早速3歳の息子に被ってみてもらいました。

初めて被るフルフェイスヘルメットに戸惑いながらも嫌がることなく装着。

アジャスターを1番小さい52㎝に合わて、ようやく息子の頭にジャストフィット!

アゴ周りはまだブカブカした様子でしたが、頭を振り回してもブレることなくしっかりとした装着感。

完全に頭を覆うフルフェイスヘルメットをしてても気にせずスマホゲームに夢中な息子。

被ってることが気にならないくらい自然な被り心地と言うことかな?

きっとそうだね。

続いて、2歳になったばかりの娘の頭に被せてみました。

娘の頭のサイズは48㎝の為、どんなにアジャスターをキツく締めてもこの通りスカスカ。

少し頭を傾ける度にヘルメットが垂れ下がってきてしまい、やや困惑そうな表情を浮かべる娘。

ほほなっつのアイコン画像ほほなっつ

相当嫌だったのか、最後は「コレしないイヤ〜」と泣きだす始末wゴメンよ

早速新しいヘルメットを被って、家の前の練習場(公園)へレディ・セット・ゴー!

気付いたら上から下までピンク一色w

ヘルメットを被った見た目は「やはりまだ少し大きいかな?」といった印象ですが、本人曰くしっくりきているんだとか。

この日も兄妹仲良くストライダーの練習!という名の公園競争遊び。

色々使い方を模索した結果、普段使いではチンガードを外すことにしました。

理由は、「普段の公園遊びでチンガードが必要なほどの転倒はしないだろう」という事と、「それならば軽い方が遊びやすかろう」と判断したからです。

本人はチンガードが付いていようがいまいがどちらでもいいといったスタンス。

とりあえず、新しいヘルメットを嫌がる事なく受け入れてくれて安心しました。

『NORWEE(ノーウェイ)』:まとめ

この記事では、NORWEEヘルメットを3歳息子にかぶせてみた反応と使用感・レビューを紹介しました。

ノーウェイのフルフェイスヘルメットは、キッズライダーに最も選ばれているクラトーニやテテと十分肩を並べる、高性能なヘルメットです。

素晴らしいヘルメットを提供してくださった華丸輪業さま

この度は本当にありがとうございました☆

どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

\こちらの記事も読まれています/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ほほなっつのアバター ほほなっつ エディトリアルデザイナー

2児のパパが育児ブログ『まひまり』を運営。リノベマンション購入がキッカケで家づくりにも夢中!〝子どもと暮らしとDIY〟をテーマに子育てや家づくりに役立つコンテンツを発信

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる