中古マンションをリノベーション!Web内覧会>>>

ポケモン第8世代がSwitchで登場!『ポケットモンスター ソード・シールド』の新要素まとめ

ほほなっつ
どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

待望の「ポケットモンスター」シリーズ第8世代に当たる、Nintendo Switch用完全新作『ポケットモンスター ソード』『ポケットモンスター シールド』が、2019年冬に発売することが決まりました!

ほほなっつ
2018年11月にSwitch版ポケモン「Let’s Go!ピカチュウ・イーブイ」が発売されて間もないけど、あっちは旧作のリメイクだしシステムもオリジナル!実質今回発表されたポケモンが、初のSwitch版完全新作となります

こちらの記事では、Nintendo Switch用完全新作『ポケットモンスター ソード』『ポケットモンスター シールド』の、これまで発表されている新要素をまとめています。

待望のポケモン第8世代がNintendo Switchで登場!

2019年冬に『ポケットモンスター ソード』『ポケットモンスター シールド』が、Nintendo Switchに登場します。 本作は『ポケットモンスター 赤・緑』から続くシリーズ完全新作。

1つ前の正式ナンバリングタイトルは第7世代のポケモン『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』にあたるので、『ポケットモンスター ソード・シールド』は第8世代のポケモンということになります。

作品として一番新しいポケモンは、旧作のリメイクで登場した「Let’s Go!ピカチュウ・イーブイ」ですが、これはリメイク作品なので扱い的には第1世代。

ピカブイを含め、これまでに登場したポケモンの数は809種類!

『ポケットモンスター ソード・シールド』ではさらに数種類もの新ポケモン達が登場しますので、一体どこまで増えていくのか今後の情報からも目が離せません。

『ポケットモンスター ソード・シールド』の新要素まとめ

「赤・緑」の色縛りから始まり、「宝石」縛り、「アルファベット」、「太陽と月」ときて、今度のポケモンは「剣と盾」がモチーフ!

今作のキーとなるポケモンも、おそらく剣と盾の姿をあしらったビジュアルデザインが予想されます。

ちなみに、剣と盾をモチーフにしたポケモンはこれまでにも登場しており、シールドポケモン『タテトプス』と、剣と盾両方の姿にフォルムチェンジすることで知られる、おうけんポケモン『ギルガルド』が有名です。

どちらもキーポケモンとは無縁の一般のポケモン達です。

御三家は?

気になる御三家は従来通り草・炎・水の3タイプから選べます。

左から>>>

サルノリ
タイプ:くさ
好奇心旺盛でやんちゃな、こざるポケモン

ヒバニー
タイプ:ほのお
元気いっぱいで走り回る、うさぎポケモン

メッソン
タイプ:みず
ちょっぴり臆病で、水に隠れて狙い撃つ、みずとかげポケモン

ほほなっつ
歴代御三家の中でもっともパッと見で何の動物がモチーフなのかがわかり辛い印象。個人的にメッソンが推しだけど、進化したらラグラージだった例もあるので迷うところ・・・

主人公は?

今作の主人公は男女共に歴代トップクラスの美男美女!

これまではファッションだったりヘアスタイルがどこか子供っぽく(子供ですし)、良くも悪くもポケモンのキャラクターだったのですが、

『ソード・シールド』の主人公は頭身もさることながら、ファッションもスタイリッシュ! いい意味でどこにでもいそうなお洒落な若者風。

ヨメ
服とかにモンスターボールの刺繍があしらわれていないだと・・・!?

帽子やリュック、当たり障りのないヘアースタイルなどシンプルなデフォルメで、ポケモンXYから登場した超人気システム「着せ替え機能」が今作にも用意されている様子をにおわせる。

フィールドは?

今作の冒険の舞台は「ガラル地方」と呼ばれる、 穏やかな田園風景や近代的な都市、雄大な草原や険しい雪山など、冒険心をくすぐる広大な地方。

ガラル地方はイギリスが舞台ということもあり、街の建造物やトレーナー達のファッションがお洒落な点も頷けます。

「赤・緑」の舞台が関東地方だと言う話は有名ですが、ポケモンシリーズの舞台は全て実在する場所がモチーフとされてきました。

近年のポケモンでは海外が舞台の作品が多く、「ブラック・ホワイト」のイッシュ地方はアメリカニューヨーク。

「X・Y」のカロス地方はフランス。

「サン・ムーン」のアローラ地方は、ハワイをモチーフとされています。

出てくるポケモンは?

今作のポケモンでは、これまでの作品に登場していたポケモンたちの姿も確認できました。

  • チラーミィ
  • ピカチュウ
  • ヨワシ
  • アゴジムシ
  • ホーホー
  • ジヘッド
  • フライゴン
  • ウォーグル
  • ニャオニクス
  • ホエルコ
  • ルカリオ
  • バンギラス
  • ゴンベ
ほほなっつ
過去に登場ポケモンは新ポケモンオンリー!なんてこともありましたが、今作ではピカチュウをはじめとするお馴染みのポケモン達が序盤から登場するようです

さらに、「Let’s Go!ピカチュウ・イーブイ」では野生のポケモンが直接見えて、それに触れるとエンカウントが始まるシンボルエンカウントでしたが、

「 ソード・シールド」では従来のタイトル通りランダムエンカウントが採用されているようです。

ジムバトルが復活!?

「主人公はガラル地方を冒険しながら各地のジムをめぐり、あこがれのチャンピオンを目指すぞ!」

と言う、公式での発言通りなら、「サン・ムーン」で廃止されていたジムバトルが今作から復活する見通し。

映像の中ではくさタイプのジムと思われる建物が確認できました。

ほほなっつ
ポケモンといえばやはりジムバトルが醍醐味!ジム復活は朗報でしかありません

超美麗!息を飲む圧倒的グラフィックの進化

風に吹かれて落ち葉舞うフィールドが超リアル!超美麗!超奥行き感!

ヨメ
これがポケモンのグラフィック!?

ほのかに薄気味悪ささえ感じられる森は、ポケモンと言うより「モン◯ン」に近い雰囲気。(ナル◯クルガ)とか飛び出してきそう・・・

映像から肌寒さが伝わる幻想的な街並み。

歩いていてワクワクしてくるような洞窟。

丘に描かれている模様は、今作のストーリーに深く関わってくるであろうポケモンで間違いなさそう。

美しいのはフィールドや景観だけではありません。

道を進むとトレーナーエンカウントが!

野良トレーナーが可愛い!

もはやどっちが主人公でもおかしくないビジュアル。

ポケモンバトルのアクションもさらにダイナミックに進化! 臨場感であふれていました。

ルカリオのマッハパンチがバンギラスに炸裂!

技のアクションもさることながら、技を受ける被弾アクションの迫力もこれまでより数段UPしています。

現在(9019年2月)までに発表されている情報の中で一番気になるシーンが、このサッカースタジアムのような建物の中に入っていくポケモントレーナーがどういった場面を表しているのかです。

サッカーが国民的人気スポーツのイギリスが舞台ですので、ポケモンとどのように絡んでいくのか注目のポイント。

2019年冬に全国同時発売決定

「ポケットモンスター」シリーズ第8世代に当たる、Nintendo Switch用完全新作『ポケットモンスター ソード』『ポケットモンスター シールド』は、2019年冬に発売予定。

数多く登場するであろう新ポケモンのビジュアルをはじめ、「Let’s Go!ピカチュウ・イーブイ」の新要素「二人プレイ」の有無など、

まだまだ情報が出揃っていませんが、発売時期だけは決まっています。

2019年もポケモンから目が離せない1年になりそうです☆

コメントを残す