初めての子育てを助けてくれる育児グッズ10選

秋限定!美味しいプラム「秋姫(あきひめ)」の魅力を徹底紹介!

どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

程よい酸味があって甘くてジューシー、一度に3度美味しい果物『プラム』!
そんな美味しいプラムの旬な時期は夏だけだと思っていませんか?

5月の大石早生から始まり、ソルダム、太陽、サマーエンジェル、貴陽…
確かに美味しいプラムは夏が旬!

だけど秋が旬の美味しいプラムがあるんです!

サマーエンジェルのように甘くてジューシー、貴陽のように大きくて食べ応えある、秋にしかお目にかかれない超希少プラム!名を秋の姫と書いて『秋姫(あきひめ)』!

今回は、秋限定の美味しいプラム『秋姫』を紹介します。

夏限定!美味しいプラム「貴陽(きよう)」の魅力を徹底紹介!
夏限定!美味しいプラム「貴陽(きよう)」の魅力を徹底紹介!

秋限定の美味しいプラム『秋姫』

暑さも落ち着いてきた9月に食べ頃を迎える『秋姫(あきひめ)』という品種。

秋姫の魅力は何と言っても酸味と甘さの絶妙なバランス!

他のプラム(ソルダムや大石早生)に比べて酸味が優しく、濃厚な甘みが特徴の食べ応えがあるプラムです。

秋田県で偶然見つかった品種ということで、名を『秋姫』と名称つけられ、1991年(平成3年)に品種登録されました。

秋姫の実はひとつ200g前後と他の品種より大きく、果形が扁円からやや先が尖った形の物までさまざまです。

ブルーム(果粉)と呼ばれる白い粉が表面に付着していると新鮮な証!

果肉は黄色く、肉質は緻密で優しい歯ざわりが特徴のプラムです。糖度が高いので甘く、酸味は穏やかで渋みなどはありません。口に入れたときのその味わいは、プラムの王様と名高い『貴陽』に匹敵するほど美味で、私は当初、「秋に売られる貴陽の事を秋姫って呼ぶのかな?」などと勘違いしていました。

熟せば熟すほど糖度がさらに増していき、程よい酸味と甘さが濃縮された天然のジュースのような味わいに変化します。

「秋姫(あきひめ)」の食べ方

桃の様に皮を剥き、食べやすく一口大に切っていただいても美味しいですし、そのまま皮ごと丸かじりしても、皮の酸味と実の甘さが相まりとても美味しくいただけます。

常温の方がより実の甘さが引き立ちますが、私のオススメは冷えたやつをガブリと丸かじり! 「ジュースを食べる」感覚です。

種と果肉の身離れは悪くなく、果実表面の割れ目に沿って種まで一周ナイフを入れ、両側を軽くひねると綺麗に半割りにする事ができます。

そのまま食べても美味しい秋姫ですが、その独特の酸味と甘さをアクセントにタルトやケーキのトッピングの他、ヨーグルトにも合います。シロップやジャム、スムージーに加工していただくのもおすすめ!

MEMO
皮にはポリフェノールなどの栄養も沢山含まれています。ポリフェノールは動脈硬化など生活習慣病の予防に役立ちますので、なるべく皮も一緒に食べる事をおすすめします。表面のブルームは食べても害はありません。

「秋姫(あきひめ)」の旬の時期

秋姫の収穫時期は9月初旬頃から始まり10月中旬頃まで続き、出盛りの旬は9月中旬から末頃までとなります。

秋姫は栽培農家も少なく、販売シーズンもわずか2〜3週間と大変短いため、年にひと月しかお目にかかれない超希少なプランなのです。

7月が旬のサマーエンジェル、8月が旬の貴陽、そして9月の秋姫!それぞれの旬は短いけれど、この3ヶ月間を通していえば、美味しいプラムを食べられる旬の時期は長いと言えます

「秋姫(あきひめ)」のお値段

1玉=500円の『貴陽』と比べ、『秋姫』のお値段は2玉で500円〜700円ほど。

ポピュラーな『太陽』や『ソルダム』と比べるとお値段はややお高め。7月が旬の『サマーエンジェル』と同じくらいのお値段になります。

スーパーなどの野菜・果物コーナーで、多くの場合2玉1セットで売られています。

実の大きさと、その味を考えれば妥当な値段! シーズン最後の美味しいプラムを堪能します!

まとめ

秋限定の美味しいプラム「秋姫」の魅力をお伝えしました!

9月から10月初旬の間と、きわめて短い時期にしかお目にかかれない希少なプラムなので、スーパーなどで見かけたら是非買って食べてみてください!

次のシーズンが待ち遠しくなる事を保証します☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です