2019年▶︎本当に買って良かった物まとめ>>>

【保存版】絶対に失敗させないストライダー購入講座|年齢・目的・シーンで選ぶ!全モデル徹底解説

ほほなっつ
どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

子供の初めてのバランスバイクにストライダーを選ぶ方も多いと思います。

だけどいざストライダーを選ぼうにも、種類が多くて迷ってしまいますよね。

近年では、全世界1000台限定のカーボン仕様のストライダーや、ホイールサイズが14インチと少し大きなストライダーまで登場し、いよいよどれを選んだらいいのかわかりません。

ストライダーを選ぶ上で知っておきたいポイントは2つ。

ポイント
  • ストライダーの魅力を知る
  • ストライダーの種類と特徴を知る

この記事では、今更聞けないストライダーの失敗しない選び方を年齢・目的・シーンに合わせて徹底解説しています。

ストライダーの魅力は“軽さ”

ストライダーの魅力は何と言っても“軽さ”です。

正直な話、軽いバランスバイクにこだわりがなければ、標準でブレーキ搭載の『ディーバイクキックス』もしくは『スパーキー』を選ぶべきだと私は考えます。

>>>スマホの方は横にスライドします

ストライダー スポーツモデル:3Kg
プロモデル:2.5Kg
ディーバイクキックス 4Kg
スパーキー 4.5Kg
へんしんバイク バランスバイクモード:5.3Kg
キッズバイクモード:7.5Kg

関連【徹底比較】ストライダー、ディーバイク、スパーキー、初めて買うなら結局どれ?

ストライダー以外のバランスバイクの重さは平均して5Kg前後

ほほなっつ
この重量差は、ストライダーに2リットルの烏龍茶をくっつけているようなもの

まだまだ筋肉が未発達で力の弱い1歳半から5歳くらいの子供にとって、その2Kgの差は大人が思っている以上にデメリットでしかありません。

例えば、重量3Kg以下のストライダーであれば、子供がバランスを崩しても軽いのですぐに立て直せますし、転んでも子供自ら起こせます。

子供が3歳を迎える頃には、ストライダーを自ら持ち上げて移動することだって出来ます。

パパやママが持つにしたって軽いに越したことはありませんよね。

ヨメ
公園への持ち運びも軽くて助かるよ

更に言えば、ストライダーを子供に与えようというパパとママなら、ストライダーのレース(ストライダーカップなど)の存在も無視できないはず。

関連ストライダー『エンジョイカップ』に初挑戦!大会当日は雨…だけど笑顔で無事完走!

レースに出るならなおさら軽さが重要!

軽さ=速さに直結するからです。

バランスバイク界では少しでも車体の重量を軽くしようと、たった数グラムの軽量化のために高価なカーボンパーツを採用する事さえ当たり前に行われています。

フレームだけで2Kgも3Kgも重たいなどと言うことは、全くもって論外なのです。

ストライダーの種類と特徴

一番安い『クラシックモデル』

ストライダーで一番安い価格帯でエントリーモデルとも謳われていますが、私はこのクラシックモデルをお勧めしません。

その理由は次のスポーツモデルの特徴を見ながらご説明します。

コスパ最強!迷ったら『スポーツモデル』

私が個人的に一番お勧めしたいストライダーがこのスポーツモデルです。

関連「ストライダーはスポーツモデルを選べ」は本当だった!圧倒的お得なその理由とは

ストライダースポーツモデルがなぜコスパ最強かと言うと・・・

カラーバリエーションがクラシックモデルより4色多く、ストライダーに長く乗る為に必要とされるオプションパーツ(XLロングシートポスト、握りやすいラバーグリップ、クッションワイドサドル、フットステップ、クッションハンドルバーパットなど)が、初めから標準装備されているからです。

シートポスト

シートポストはサドルを車体に固定する為に使われます。

クラシックモデルは標準サイズのみ付属し、スポーツモデルには標準サイズとロングサイズの2種類が付属します。

これにより、子供の成長に合わせて長く快適に乗ることができます。

ラバーグリップ

グリップ径(握りの太さ)は、ストライダースポーツが22mm、ストライダークラシックが27mmとなっており、小さな子供の手でもしっかりと握れるよう、スポーツモデルの方が楕円型でより細いラバークリップが標準で使われています。

ハンドルバーパット

子供が勢い余ってハンドルにぶつかっても怪我しない様、スポーツモデルにはしっかりとした厚みのクッションが付属しています。

クッションサドル

クラシックモデルのサドルは硬質プラスチック製ですが、スポーツモデルの方はクッション性のあるソフトな素材で、座りやすいワイドな形状になっています。

フットステップ

勢いよく地面を蹴ってスーッと走っているときに足を乗せられるフットステップにも差があります。

クラシックモデルにはザラザラとした滑り止めシールが貼ってありますが、スポーツモデルは安定感抜群のプレートが装着されています。

クラシックモデルもこれらのパーツを後からカスタムする事もできます。

しかし、これらのパーツを後からつけるくらいなら、初めから標準装備されているスポーツモデルを選ぶ方がはるかにお手軽かつお得です。

軽くて丈夫なレース向け『プロモデル』

ストライダークラシック・スポーツモデルがスチール製なのに対して、ストライダープロモデルはアルミ製。

アルミ製のプロモデルはスチールストライダーよりも約500g軽く、また、アルミなので錆びにも強く丈夫。

ストライダーのレースに出て活躍したいなら迷わずプロモデルを選びましょう。

関連『ストライダー』プロモデルを新調|スポーツモデルから乗り換えた3つの理由

全世界1000台限定のカーボン仕様『ST-R』

全世界1000台限定発売されたカーボン仕様の超特別モデルでしたが残念ながらすでに完売。

ST-Rはフレーム、フロントフォーク、リム、ハンドルバー、シートポストと主要パーツはすべてカーボン製。

ST-Rに使われている素材は航空機や高級スポーツカーのボディにも使用されるカーボンファイバーで、圧倒的に「軽くて強く」その強度は鉄の10倍、比重は1/4しかありません。

その他にも、ハンドル周りのヘッドセット、ゴムタイヤ、スルーアクスル方式などが採用されており、コストを度外視した究極のレーシングモデルとして仕上がっています。

2つのモードが楽しめる14インチ『ストライダー14x』

ストライダー14xは、14インチホイールと着脱式ペダルユニットを搭載した全く新しいストライダーです。

簡単に取り付けられるペダルユニットにより、効率よく自転車の練習ができスムーズにランニングバイクから移行できます。

2019年現在、14インチ自転車の中では最軽量を誇るストライダー14xは、取り回しがしやすく、シンプルで安全性も高く、3歳半から7歳までの子供に贈るファーストペダルバイクに最適。

関連【ストライダー14xの特徴】本当に3歳半から乗れる?3歳の息子が試乗した感想

0歳から乗れる『ベイビーハンドル』

ストライダーをそのままロッキングベースに取り付けたモデルで、つかまり立ちをはじめた0歳の赤ちゃんから乗れる唯一のストライダーです。

つかまり立ちを繰り返したり、ゆらゆら揺れながら座ったりすることで、バランス感覚が自然と身についていきます。

ロッキングベースは安定感があるので、赤ちゃんが体重をかけても倒れにくいように設計されており、室内で乗れる為、雨の日や寒い日など天候に関係なく遊べます。

大人も乗れる『スーパーストライダー』

5歳でストライダーを卒業するアクティブなキッズのために開発されたのが『スーパーストライダー』です。

ストライダーの基本コンセプトである「シンプルで軽量」の特性はそのままに、ブレーキを搭載。

サイズは、小学校高学年まで乗れる16インチと、大人が乗ってもビクともしない20インチの2種類展開。

「子供と一緒にストライダーで走りたい」、「子供にストライダーのフォームを見せたい」と言う練習熱心なパパにもおすすめです。

関連ストライダーに乗りたがらない子供も『スーパーストライダー』と一緒なら喜んで走る!

スペック比較

>>>スマホの方は横にスライドします

モデル クラシック スポーツ プロ ST-R(完売) 14x
車体
重量 2.9kg 3.0kg 2.5kg 2.5kg ランニングバイクモード 5.5kg
ペダルバイクモード 6.5kg
価格 10,900円+税 13,500円+税 21,000+税 91,000+税
24,500円+税
カラー グリーン
レッド
ブルー
ピンク
グリーン
レッド
ブルー
ピンク
オレンジ
イエロー
ブラック
シルバー
ブラック(ムラスポ限定カラー)
シャンパンゴールド(10th限定カラー)
メタリックアクア
メタリックマルーン
エクスポーズドカーボンウエィブ×レッド スティールブルー
ライムイエロー
フューシャピンク
対象年齢 1.5~5歳 3歳半~7歳くらい
体重制限 27kgまで 36kgまで
グリップ直径 27mm 22mm
ハンドルバー スチール スチール アルミニウム カーボンファイバー スチール
ホイールサイズ  12インチ/210mm 14インチ
ホイール素材 プラスチック 12”カーボンファイバーリム/10スポーク
タイヤ素材 EVAポリマー SchwalbeR “Big Apple” (12 x 2.00) ゴムタイヤ
ベースサイズ 565mm 690mm
ブレーキ なし フロント:キャリパーブレーキ
リア:バンドブレーキ
モデル ベイビーハンドル スーパーストライダー16インチ スーパーストライダー20インチ
車体
重量 3.0kg+ロッキングベース 8kg 9.6kg
価格 19,800円+税 24,900円+税 28,900円+税
カラー グリーン
レッド
ブルー
ピンク
オレンジ
イエロー
ブラック
グリーン
レッド
ブルー
パープル
ホワイト
ブラック
グリーン
レッド
ブルー
対象年齢 6ヶ月頃~5歳 小学1年生〜小学6年生程度 13才以上
体重制限 27kgまで 85kgまで 110kgまで
備考 ロッキングベースセット 前後Vブレーキ搭載

失敗しないストライダーの選び方

ストライダーの選び方は大きく分けて以下の3つ!

  1. 年齢で選ぶ
  2. 目的で選ぶ
  3. シーンで選ぶ

年齢で選ぶ

 

「0歳〜1歳半」

▶︎ストライダーベイビーハンドル

より早くから室内で安全にストライダーに慣れさせることができるので、1歳半でいきなりストライダーに乗って走れたりもします。


「1歳半〜5歳」

▶︎ストライダークラシックモデル

▶︎スポーツモデル

▶︎プロモデル

ストライダーは1歳半から乗れる、子供のファーストバイクに最適の乗り物です。


「3歳半〜8歳」

▶︎ストライダー14x

ストライダーよりもひと回り大きく、ペダル&ブレーキを搭載。

4歳を過ぎたら優先して検討したいストライダーです。

目的で選ぶ

 

「ストライダーは自転車に乗れるまで」

▶︎ストライダークラシックモデル

ストライダーに乗っていた子は自転車への移行がスムーズで早いです。

本当に早い子だと2歳後半から補助輪なしの自転車に乗れたりもします。

「ストライダーは自転車に乗れるようになったらもうおしまい!」という方には、一番安いクラシックモデルが選ばれます。


「長く乗れてコスパが良い物を選びたい」

▶︎スポーツモデル

安全で快適な装備が整ったスポーツモデルは、子供の成長に合わせて長く乗り続けられます。


「レースで活躍したい」

▶︎プロモデル

▶︎ストライダーST-R

レースで活躍したいなら迷わずプロモデルを選ぶべきです。

私も含めて多くのパパやママが、レースに目覚めた我が子にプロモデルを新調する道を辿っています。

より上級者の方にはST-Rもおすすめしますが、現在オンラインショップでは完売しています。


「軽い自転車として使いたい」

▶︎ストライダー14x

ストライダー14xは、自転車にうまく移行できた我が子に贈りたい、最も軽い自転車です。

14x専用のレースも行われています


「我が子と一緒に走りたい」

▶︎スーパーストライダー20インチ

ストライダー に乗って子供と一緒に走りたい方、ストライダーの練習の質を手っ取り早くあげたい方は、ぜひスーパーストライダーをお試しあれ。

イマイチストライダーの練習に身が入らない子供も、スーパーストライダーに乗ったパパママと一緒なら喜んでついて来ます。

シーンで選ぶ

 

「雪山でストライダーに乗りたい」

▶︎スキーアタッチメント

雪が積もったフィールドやゲレンデでもストライダーで思いっきり遊べるよう作られた専用パーツ。

クラシック、スポーツ、プロの3モデルのストライダーに対応。

2020年1月にはストライダー14x対応の『スキーアタッチメント』も発売されます。

雪国でのレースでは、この『スキーアタッチメント』の装着はマストとされています。

まとめ:我が子に合った一台がきっと見つかる!

ストライダーの失敗しない選び方を、年齢・目的・シーンに合わせて徹底解説しました。

ストライダーの選ぶ上で知っておきたいポイントは2つ。

ポイント
  • ストライダーの魅力を知る
  • ストライダーの種類と特徴を知る

これらをふまえて、我が子にピッタリ合ったストライダーを選んであげてください☆

▼こちらの記事も読まれています。
「ストライダー」を買ったら次に用意すべき必須アイテムはコレ! 【おすすめ】 【ストライダー】これまで行なってきたカスタムと一番効果があったカスタムまとめ

コメントを残す