我が子に大ウケしたアンパンマンのおもちゃはコチラ>>>

「ハガブー」と「バンボ」選ぶならどっち?口コミで人気のベビーチェアを徹底比較

ほほなっつ
どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

赤ちゃんの首がすわったら、いよいよ欲しくなるのがベビーチェアです。

しかし、いざ探してみるとベビーチェアは種類が多くて迷ってしまいますよね。

中でもひときわ有名なベビーチェアが『バンボ(Bumbo)』です。

世界各国の赤ちゃんの、最初に座る椅子に選ばれており、知名度、普及率は日本でもNo.1!

でもちょっと待って!

近年、おしゃれママ達の間で大流行のベビーチェア『ハガブー(HUGABOO)』をご存知でしょうか。

大胆で独特なSNS映えする見た目と、赤ちゃんをしっかり守るホールド力がハガブーの魅力。

ハガブーとバンボは、数あるベビー専門ブログやサイトで、たびたび比較され続けています。

我が家では、2歳の長男がバンボ(Bumbo)を、0歳の長女がハガブー(HUGABOO)を、それぞれ使用してきました。

この記事では、ハガブーとバンボ、本当に買うべきベビーチェアはどっち?という問いかけに、我が家なりの結論でお応えしています。

これからベビーチェアをお探しの方へ、参考になれば幸いです。

我が家はムチムチ赤ちゃんでも座れるハガブー推し

ハガブーとバンボ、どちらも半年以上使ってきた我が家の出した結論は、見た目が可愛くてしっかりホールドしてくれるハガブーに1票!

…というのは建て前で、ハガブーに軍配をあげた一番の要因は…

あんよが太くても大丈夫だから!

娘の太ももが太くてバンボに座れない! 笑

娘がバンボに座ると、太ももが圧迫されて全く動かせない状態に!
1歳どころか生後半年で卒業する羽目に…泣

その点ハガブーなら、あんよがふとっちょの娘でも、まだまだ余裕をもって座れます。

ほほなっつ
本人も心地良さそうに座ってくれているので大満足!

余裕のある足回り

上から見た様子

手元リングにおもちゃを付けられる

ヨメ
見た目も着ている服の一部の様で本当に可愛い!デザインで支持されているという理由にも頷けるね!

まだまだ一人でお座りが苦手な娘なので、前後左右にふらふら傾いてしまいますが、360度しっかり守られているハガブーなら転倒の恐れはありません。

ハガブーをお得に購入する方法

ハガブーは日本に上陸してからまだ日が浅く、取り扱い店舗も非常に限られてきます。

そこで利用したいのがネットショッピングですが、楽天だと定価よりも割高だし、Amazonは品薄が続き(2018年8月現在)並行輸入品も多く出回っていて購入するのに勇気がいります。

現状どこよりも安く、かつ安全にハガブーを購入できるお店は、キッズ&ベビー用品のセレクトショプcuna select(クーナセレクト)に限られます。



ハガブーを購入する

クーナセレクトの公式サイトでは、大人気のハガブーが通常12,000円のところ、最安値9,800円から購入する事ができるのでとってもお得!

ただし、人気のカラーは品切れしている場合が多いので要注意!
公式サイトには、カラーの入荷予定時期なども記載されているので、欲しいカラーがある場合はこまめにチェックしてみてください。

ハガブーの他にも、海外製のおしゃれでかわいいベビー用品であふれているので、見ているだけでも癒されますよ

ベビーチェアの新定番?ハガブーとバンボを徹底比較

ハガブー(HUGABOO)

アメリカ、オーストラリアで大人気のハガブー(HUGABOO)が日本に上陸。
その見た目の可愛さと使いやすさで、インスタ映えするベビーチェアとして、日本でも口コミを中心に拡がり続けています。

見た目の可愛さ以上に実用性も兼ね揃えており、一番の特徴は360度から赤ちゃんを支えるホールド力。

ママに抱っこされているような安心感と快適な座り心地がハガブーの魅力です。
カラーバリエーション

  1. ピンク&モカ
  2. コットンキャンディ
  3. スポーツ
  4. ブルー&グリーン
  5. グリーン&イエロー
  6. シェブロンストライプス
  7. ピンクドット
  8. イエローシェブロンストライプス

ハガブーの詳しい解説はコチラ
【インスタ映え】かわいいとおしゃれに特化したお座りベビーチェア【ハガブー】特徴・レビュー




ハガブーを購入する

ハガブーはソファーのような座り心地と360度の安定感

ハガブーはバンボに比べて大きくて重い!しかしその分、安定感抜群でふかふかのクッションが気持ちいい!

例えるなら「とっても柔らかい一人掛けのソファー」

素材は布製の低反発クッションでできており、そのまんまふっかふかのぬいぐるみのような手触り。

360度のホールド力で、背もたれに寄りかかったり、左右で両肘をついても倒れない作り。

ヨメ
出産祝いでいただいたハガブーですが、まだ腰が座ったばかりの娘もゆったりと嫌がることなくくつろいでいます

ハガブーもバンボどうよう、離乳食のお世話にも使えます。

しかし、バンボはプラスチック製なので汚れてもきれいに拭けますが、ハガブーは布製の為、バンボに比べると汚れが落ちにくいのが難点。

その都度カバーを外して手洗い(弱リ流水で短時間なら洗濯洗い可)しなければなりません。

我が家の解決策は、ミルクや離乳食をあげる時だけタオルなどを敷いて汚れを防ぎます。

ハガブーの特徴まとめ
  • ◎見た目が可愛くておしゃれ
  • △バンボより高い
  • ーバンボより大きくて重い
  • ◎ソファーのような座り心地
  • ◎ホールド力と安定感抜群
  • ◎足がムチムチの赤ちゃんでも使える
  • △汚れやすく洗い辛い

バンボ(Bumbo)

バンボ(Bumbo)は南アフリカで生まれ、今や130以上の国と地域で販売されています。

日本でも赤ちゃんのいる家庭ではほぼ必ず見かけるくらい定番中の定番。

我が家でも、出産祝いに贈ったり贈られたりしながら、バンボと深く関わった生活を送っています。

カラーバリエーション

ほほなっつ
カラバリの多さはハガブーを圧倒!なんとその種類17種類以上!(多すぎるのではしょります 笑)

バンボは軽くてコンパクトで安い!

バンボは軽くてコンパクトなので、好きな場所へ運んでどこだって使えます。

例えるなら「どんな場所でも大活躍する携帯チェアー」

バンボはポリウレタン樹脂でできており、その触り心地は、弾力性のある硬いゴムのようなスポンジのような…クロックスのような素材。

水や油を弾くので、汚れてもサッと拭けば元どおりキレイに。

お風呂あがりの我が子の待機場所としても使えます。

ほほなっつ
我が家でも初めてのベビーチェアにバンボをチョイス!リビングソファーの上において食事をさせたり、爪切り、歯磨き、お風呂 …etc、様々なシーンで活躍してくれました

しかし、やや安定性に難あり・・・

赤ちゃんが激しく動くようになると、転倒したり、自分から抜け出してしまうことも。

ヨメ
息子はやんちゃだったから、暴れたり激しく動いたりで何回も転倒しました

また、赤ちゃんの足がムチムチしてくると、太もも部分が圧迫されてキツくなり、赤ちゃんが座るのを嫌がる場合も。

ほほなっつ
その点、息子はスリムだったので長く愛用することが出来ました
バンボの特徴まとめ
  • ◎カラバリが豊富
  • ◎ハガブーより安い
  • ◎軽くてコンパクト
  • ◎簡単に水洗いできる
  • △転倒が怖くて離れられない
  • △ムチムチしてくるとキツイ
注意
バンボは本来、浴室やプールなど滑りやすい床の上での使用が禁止されています。我が家でもお風呂上がりの待機場所として、浴室の外での使用を厳守していました。

スペックの比較

ハガブー(HUGABOO) バンボ(Bumbo)
素材 低反発クッション ポリウレタン樹脂
使用期間 腰が据わる頃〜1歳頃 腰が据わる頃〜1歳頃
使用用途 お座り、食事 お座り、食事、お風呂
サイズ 幅:約53㎝
奥行き:約48㎝
高さ:約25㎝
足入れ周囲(直径):約11㎝
幅:約37.5㎝
奥行き:約37.5㎝
高さ:約24㎝
足入れ周囲:約28㎝
重量 約1.6Kg 約1.2Kg
価格 約12,000円〜 7,560円(税込)
プレートトレイセットは9,396 円(税込)
特徴
  • カバーを外して手洗い可能
  • やわらかく可動域が広い
  • 360度のホールド力
  • おもちゃを取り付けられる
  • 水洗い可能
  • 軽くてコンパクト
  • 価格がリーズナブル

まとめ

購入の決め手
  • コンパクトで軽く、汚れを気にせず使いたいならバンボ
  • 見た目の可愛さと、ホールド力と安定感で選ぶならハガブー

どちらもベビーチェアとしての性能にそれほど差はないので、最後は見た目で選んでしまっても良いでしょう☆

コメントを残す