2020.10.16 | テーマ移行につき一部レイアウト崩れが発生しています

「ハガブー」と「バンボ」選ぶならどっち?口コミで人気のベビーチェアを徹底比較

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ほほなっつのアイコン画像ほほなっつ

どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

赤ちゃんの首がすわったら、いよいよ欲しくなるのがベビーチェアです。

しかし、いざ探してみると種類が多くて迷ってしまいますよね。

中でもひときわ有名なベビーチェアがバンボ(Bumbo)です。

バンボは世界各国の赤ちゃんの“最初に座る椅子”にも選ばれており、知名度、普及率は日本でもNo.1

でもちょっと待って!

近年、おしゃれママ達の間で大流行のベビーチェアハガブー(HUGABOO)をご存知でしょうか。

大胆で独特なSNS映えする見た目と、赤ちゃんをしっかり守るホールド力で支持を集めている、おすわり訓練ベビーチェアです。

ハガブーとバンボはメディアでもたびたび比較され話題になっています。

我が家では、2歳の長男がバンボ(Bumbo)を、0歳の長女がハガブー(HUGABOO)を、それぞれ使用してきました。

この記事では、ハガブー(HUGABOO)バンボ(Bumbo)、本当に買うべきベビーチェアはどっち?両方使った我が家の結論を紹介しています。

この記事でわかること

  • ベビーチェアにハガブーを選んだ理由
  • ハガブーが多くのママに支持される理由
  • ハガブーとバンボの違い
  • 360度のホールド力&洗える機能性
  • SNS映えする斬新なデザイン

無料 ハガブーの公式HPをみる

リンク先:https://select.cuna.jp/item/316.html

今なら1000ポイントGET!

目次

ベビーチェアにハガブーを選んだ理由

おすわり訓練ベビーチェアに人気のハガブーとバンボを、それぞれ半年以上使ってきました。

そんな我が家が最終的に選んだベビーチェアは、見た目が可愛くて使い勝手も抜群の『ハガブー』です。

・・・というのは建て前で、ハガブーに軍配をあげた一番の要因は、

あんよが太くても大丈夫だから!

嫁のアイコン画像

娘の太ももが太くてバンボに座れない!ガーン

娘がバンボに座ると、太ももが圧迫されて全く動けない状態に・・・ 1歳どころか生後半年で卒業する羽目になりました。

その点ハガブーなら、あんよがふとっちょの娘でも、まだまだ余裕をもって座れます。

ほほなっつのアイコン画像ほほなっつ

バンボの時は暴れて嫌がった娘が、ハガブー では大人しく座ります

我が家が魅力的だと感じたハガブーの特徴はこちら!

余裕のある足回り

上から見た様子

赤ちゃんって締め付けられたり動きが制限されることを嫌がりますよね。

ハガブーならゆとりを持って座れるから赤ちゃんが嫌がらず大人し〜く座っててくれます。

手元リングにおもちゃを付けられる

手元におもちゃをつけたら気になる様子で遊んでいました。

まだまだ一人でお座りが苦手な娘なので、前後左右にふらふら傾いてしまうこともしばしば。

そんな時でも重心がどっしりと安定しているハガブーなら転倒の恐れもありません。

ハガブーをお得に購入する方法

ハガブーは日本に上陸してからまだ日が浅く、取り扱い店舗も非常に限られてきます。

そこで利用したいのがネットショッピングですが、楽天だと定価よりも割高だし、Amazonは品薄が続き(2020年5月現在)並行輸入品も多く出回っていて購入するのに勇気がいります。

現状どこよりも安く、かつ安全にハガブーを購入できるお店は、キッズ&ベビー用品のセレクトショプcuna select(クーナセレクト)に限られます。




  • 360度のホールド力&洗える機能性
  • SNS映えする斬新なデザイン

無料 ハガブーの公式HPをみる

リンク先:https://select.cuna.jp/item/316.html

今なら1000ポイントGET!

クーナセレクトの公式サイトでは、大人気のハガブーが通常12,000円のところ、最安値9,800円から購入する事ができるのでとってもお得!

ただし、人気のカラーは品切れしている場合が多いので要注意!
公式サイトには、カラーの入荷予定時期なども記載されているので、欲しいカラーがある場合はこまめにチェックしてみてください。

ほほなっつのアイコン画像ほほなっつ

ハガブーの他にも、海外製のおしゃれでかわいいベビー用品であふれているので、見ているだけで癒されます

ハガブーが多くのママに支持される理由

アメリカ、オーストラリアで大人気のハガブー(HUGABOO)が日本に上陸。

海外製品特有の垢抜けたデザインから、インスタ映えするベビーチェアとして、日本でも口コミを中心に拡がり続けています。

また、ハガブーは見た目だけではありません。

360度から赤ちゃんを支えるホールド力と、ママに抱っこされているような安心感と快適な座り心地が特徴。

ほほなっつのアイコン画像ほほなっつ

ハガブーが多くのママや赤ちゃんに支持されている理由も頷けます

ハガブーが支持される理由

  • 生後3ヶ月から1歳頃まで長く使える
  • ソファのような座り心地
  • 360度のホールド力
  • カバーは洗って使える
  • デザインが豊富で可愛い
  • 赤ちゃんが大人しく座ってくれる

生後3ヶ月から1歳頃まで長く使える

おすわり訓練ベビーチェアは、腰がすわる生後6ヶ月頃から使うのが一般的。

ところが、ハガブーなら首がすわった生後3ヶ月から1歳頃まで長く使えます。

ほほなっつのアイコン画像ほほなっつ

1歳を過ぎた頃でも、座席で食事をする際の“座る場所”としてしばらく活躍しました

ソファーのような座り心地

ママの抱っこのような座り心地というフレーズどおり、ハガブーは低反発クッション(ポリエステル100%)でできており、赤ちゃんの体に優しくフィットします。

素材がフリースなので太もも部分をしめつけることなく使えるため、太ももがパンパンの赤ちゃんでもゆとりを持って使えます。

表面の触り心地もよく、手で押したらほどよく反発してくる弾力感。試しに乗っかってみたところ、まるでふかふかなソファに座っているような気持ちよさでした。

360度のホールド力

ぐるりと360度のホールド力で赤ちゃんを支えてくれます。

低重心なので背もたれに寄りかかったり、左右で肘をついても倒れないから安全です。

ハガブーは離乳食のお世話にも活躍! 上半身を支えてくれるので、赤ちゃんの吐き戻し防止にもひと役買います。

カバーは洗って使える

万が一ミルクや排泄物で汚してしまっても大丈夫! ハガブーのカバーは取り外して洗うことができます。

嫁のアイコン画像

そうは言っても汚れるたびにカバーを外して洗うのは正直面倒だよね

我が家の汚れ対策として、ミルクや離乳食のお世話の時のみ、ハガブーにタオルを巻きつけて汚れを防ぎます。

デザインが豊富で可愛い

ハガブーは可愛いデザインが豊富でカラーバリエーションも豊富!

デザイン&カラバリ

豊富なカラーバリエーションの中から好みのカラーがきっと見つかるはずです。

嫁のアイコン画像

いやいや、どれも可愛過ぎて逆に迷うぞこれ

  • 360度のホールド力&洗える機能性
  • SNS映えする斬新なデザイン

無料 ハガブーの公式HPをみる

リンク先:https://select.cuna.jp/item/316.html

今なら1000ポイントGET!

赤ちゃんが大人しく座ってくれる(率が高い)

他のベビーチェアを使っていた時に比べ、明らかに赤ちゃんが座るのを嫌がらなくなりました。

理由はいくつか考えられますが、締め付けて抑えるのではなく、あくまで自然体で座っていられるところが、起因しているのではと推測します。

赤ちゃんがご機嫌で座っていてくれている間は家事も仕事も捗るので、ハガブーは赤ちゃんにとってもママにとってもWIN-WINなベビーチェアですよね。

「ハガブー」と「バンボ」口コミで人気のベビーチェアを徹底比較

ハガブー
バンボ

おすわり訓練ベビーチェアといえば、まだまだバンボが圧倒的知名度を誇り、今や130以上の国と地域で販売されています。

日本でも赤ちゃんのいる家庭ではほぼ必ず見かけるくらい定番中の定番。

ほほなっつのアイコン画像ほほなっつ

我が家でも、出産祝いに贈ったり贈られたりしながら、バンボと深く関わった生活を送ってきました

かたやハガブーはSNSなどの口コミを中心に、今現在広がり続けている新鋭機英のベビーチェアです。

この2つのベビーチェアを実際に使ってみて感じた、ハガブーとバンボそれぞれの長所と短所を比較をしてまとめてみました。

ハガブーとバンボ:比較早見表

ハガブー(HUGABOO)バンボ(Bumbo)
素材低反発クッションポリウレタン樹脂
使用期間3ヶ月〜1歳頃3ヶ月〜1歳頃
使用用途お座りお座り
サイズ幅:約53㎝
奥行き:約48㎝
高さ:約25㎝
足入れ周囲(直径):約11㎝
幅:約37.5㎝
奥行き:約37.5㎝
高さ:約24㎝
足入れ周囲:約28㎝
重量約1.6Kg約1.2Kg
価格約10,780円〜7,700円〜
特徴

 

  • カバーを外して手洗い
  • やわらかく可動域が広い
  • 360度のホールド力
  • おもちゃを取り付けられる

 

  • サッと水ふき
  • 軽くてコンパクト
  • 価格がリーズナブル

サイズ感で比較

ハガブー(HUGABOO)バンボ(Bumbo)
サイズ幅:約53㎝
奥行き:約48㎝
高さ:約25㎝
足入れ周囲(直径):約11㎝
幅:約37.5㎝
奥行き:約37.5㎝
高さ:約24㎝
足入れ周囲:約28㎝
重量約1.6Kg約1.2Kg

重くて比較的重量にあるハガブーに比べて、バンボは軽くてコンパクト! 好きな場所へ運んで使えます。

ところが、コンパクトなバンボは赤ちゃんが激しく動くようになると、転倒したり、自分から抜け出してしまうこともあり、やや安定性に欠けます。

ハガブーは360度のホールドと低重心構造のため、転倒しづらく安定性は抜群。

また、赤ちゃんの足がムチムチしてくると太もも部分が圧迫されてキツくなる為、ハガブーのようにゆとりがあると、赤ちゃんも大人しくリラックスして座ってくれます。

お手入れのし易さで比較

ハガブー(HUGABOO)バンボ(Bumbo)
素材低反発クッションポリウレタン樹脂

バンボはポリウレタン樹脂でできており、その触り心地は、弾力性のある硬いゴムのようなスポンジのような…クロックスみたいな素材。

水や油を弾くので、汚れてもサッと拭けば元どおりキレイに。

バンボはオールシーズン使えて、水に濡れても大丈夫だからお風呂あがりの我が子の待機場所としても活躍します。

いちいちカバーを取り外さなければ洗えないハガブーと比べて、やはり水拭きだけでお手入れができるというのはかなり魅力的。

さらに困ったことに、ハガブーはカバー単体販売がなく、替えが効きません。カバーを洗っている時はむき出しの状態になるためしばらく使えなくなります。

赤ちゃんって汚すことが多いので、お手入れのし易さは重要なポイントです。

値段で比較

ハガブー(HUGABOO)バンボ(Bumbo)
値段約10,780円〜7,700円〜

値段の安さはバンボに軍配が上がります。

楽天やAmazonでは割引で買えることがあるので、公式サイトよりもお得に購入できる場合が多いです。

一方ハガブーはバンボよりも値段が高いですが、その分バンボよりも全体の流通量が少なく、値崩れしづらいため、使わなくなったらメルカリなどのフリマサイトで高く売れます。

ほほなっつのアイコン画像ほほなっつ

人気のデザインで尚且つ状態の良いものだと新品の7割ほどの値段で取引されています※2020年5月現在

  • 360度のホールド力&洗える機能性
  • SNS映えする斬新なデザイン

無料 ハガブーの公式HPをみる

リンク先:https://select.cuna.jp/item/316.html

今なら1000ポイントGET!

「ハガブー」と「バンボ」選ぶならどっち?

ハガブーの特徴まとめ
  • ◎見た目が可愛くておしゃれ
  • ◎ソファーのような座り心地
  • ◎安定感抜群のホールド力
  • ◎足がムチムチの赤ちゃんでも使える
  • △汚れやすく洗い辛い
  • △バンボより高い
  • △バンボより重くて大きい
バンボの特徴まとめ
  • ◎軽くてコンパクト
  • ◎お手入れが楽
  • ◎ハガブーより安い
  • △転倒が怖くて目が離せない
  • △ムチムチ赤ちゃんにはキツイ

バンボとは度々比較されており、実際どちらを選ぶべきからないなんて方も多いと思います。

どちらのベビーチェアーにもそれぞれ魅力的な部分があるため、「選ぶべき」という正解はありませんが、

それぞれ使ってみた結果、我が家ではハガブーが合っていたようです。

ハガブーは赤ちゃんのお座りベビーチェアとしては、定番のバンボよりも値段が高く、お手入れがし辛いというマイナスな面もありますが、

その面を補うかのように、抜群の座り心地と機能性、そして見た目の可愛さから、ママたちの間で支持されているベビーチェアです。

おすわり訓練用の可愛いベビーチェアをお探しのあなたに、ハガブーはぴったりのアイテムですよ☆

  • 360度のホールド力&洗える機能性
  • SNS映えする斬新なデザイン

無料 ハガブーの公式HPをみる

リンク先:https://select.cuna.jp/item/316.html

今なら1000ポイントGET!

こちらの記事も読まれています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ほほなっつのアバター ほほなっつ エディトリアルデザイナー

2児のパパが育児ブログ『まひまり』を運営。リノベマンション購入がキッカケで家づくりにも夢中!〝子どもと暮らしとDIY〟をテーマに子育てや家づくりに役立つコンテンツを発信

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる