2020.10.16 | テーマ移行につき一部レイアウト崩れが発生しています

ボーネルンドのおもちゃ『カラフルギア』を壁掛けにしたい!DIYでお馴染みのアレを使ったら超簡単

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ほほなっつのアイコン画像ほほなっつ

どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

息子が1歳の時にプレゼントしたボーネルンドのおもちゃ『カラフルギア』。

3歳になった今でも遊ばれている我が家のレギュラーおもちゃの1つです。

このカラフルギアの特徴は、土台のブロックを自由に組み合わせ、その上にカラフルなギアをハメて遊べるユニークなところ。

そのままでも楽しいおもちゃですが、カラフルギアは壁掛けでも遊べる人気のおもちゃ

ショッピングセンターのキッズスペースなどで、壁に取り付けられたギアのおもちゃに夢中になって遊ぶ子供達の姿をよく見かけませんか?

ほほなっつのアイコン画像ほほなっつ

うちの子にカラフルギアをプレゼントするキッカケになったのも、壁に取り付けられたカラフルギアで夢中になって遊ぶ姿を見たから!

カラフルギアをプレゼントしてから約2年・・・とうとう念願だった“壁掛け”を実行!

DIYでお馴染みのある物を使ったらサクッと簡単に壁掛けする事ができたので紹介します。

目次

ボーネルンド『カラフルギア』の特徴

f:id:mahix2:20180205225314j:image

カラフルギアとは、イタリアらしいカラフルな色使いが特徴的な、ブロックとギアがセットになった知育玩具。

まずはブロックを組立てて、そこに歯車となるギア同士を噛み合わせるようにはめてゆき、

ギアを上手く噛み合わせると1つのギアを動かすだけで、全てのギアが連動し動きだします。

ギアの模様がパーツごとに異なっており、回転することで模様が動いて見える仕組み。

ほほなっつのアイコン画像ほほなっつ

小さい子供に大ウケするギミックが盛りだくさん!

「ad」

DIYでお馴染みのアレを使ってカラフルギアを壁掛け

DIYでお馴染みのある物を使うと、簡単にカラフルギアを壁掛け仕様にすることができます。

そのあるものとは、ホームセンターなどで手に入る『有孔ボード(穴あきパネル)』です。

STEP
有孔ボードを壁に取り付け
STEP
カラフルギアを有孔ボードに取り付け
STEP
カラフルギアを自由にアレンジ

有孔ボードを壁に取り付ける

好みのサイズにカットした有孔ボードをお好きな方法で壁に取り付けます。

カラフルギアを取り付けるにあたって、有孔ボードと壁との隙間はせいぜい5㎜も空いていれば十分。

しかし、どうせなら有孔ボード本来の良さも活かしたいと考え、我が家では約4㎝壁から離して設置しています。

壁と有孔ボートとの間に隙間を作る目的で、4㎝幅の角材を有孔ボード裏の両サイドに縦で固定。

その角材の左右上下それぞれ4箇所にL字金具を取り付け、そのままビスで壁に設置。

カラフルギアを有孔ボードに取り付ける

カラフルギアの土台を上の画像のように一つ一つ結束バンドで取り付けます。

ここで大切なのは、結束バンドを全ての土台に固定するのはNG

実際に結束バンドで固定する土台は、上部に取り付けるほんの3〜4ブロックのみ。固定しすぎるとカラフルブロックの自由なアレンジ性が失われます。

上部に固定した4つの土台パーツをベースに、下は自由にアレンジが可能!

カラフルギアを好きな形に組み合わせる

有孔ボードを壁に取り付け、カラフルギアの土台となる4つのパーツをボード上部に固定したら完成!

あとはカラフルギアを壁に貼ったり剥がしたり、キッズスペースのように自由な発想で楽しむことが可能です。

ここまでの所要時間はおよそ20分!こんなにサクッとできるなもっと早くやるべきでした。

ほほなっつのアイコン画像ほほなっつ

今欲を言えばもう2セットカラフルギアのセットを買って壁一面に取り付けてあげたい!

「ad」

壁掛けカラフルギアで遊んだ子どもの反応は?

初めてカラフルギアをプレゼントした際は、それはそれはたいそう喜んでくれた息子でしたが、カラフルギアを壁掛けして息子に見せた反応は・・・

なんやこれは?・・・と手にはするものの、即別のおもちゃに離脱w

その後も壁掛けされたギアを少し回してはギアだけ外し、手裏剣のようにポイポイ投げる始末・・・

1歳〜2歳の頃ならもっと楽しんでもらえたのかな( ;∀;)?ちとやるのが遅すぎたorz

かわりに現在1歳8ヶ月の娘がクルクルクルクル回して興味ありげに楽しんでいます( ´∀`)ヨカッタ

今回カラフルギアを壁にかけてみてわかったことは、キッズスペースのように子供が夢中になって楽しむ為にはそれなりにカラフルギアの「量が必要」ということ。

それでも当初の予定通り、壁掛け自体は有孔ボードを使えば誰でもほんの数分で可能だということもわかりました

興味があればぜひトライしてみてください☆

こちらの記事も読まれています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ほほなっつのアバター ほほなっつ エディトリアルデザイナー

2児のパパが育児ブログ『まひまり』を運営。リノベマンション購入がキッカケで家づくりにも夢中!〝子どもと暮らしとDIY〟をテーマに子育てや家づくりに役立つコンテンツを発信

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる