【赤ちゃんの靴】プレシューズって必要?よちよち歩きの娘に履かせた感想・レビュー

ほほなっつ
どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

赤ちゃんがつかまり立ちを始め、よちよち歩きを始めると、いよいよ靴を履いてお外に出かける機会も増えてきます。

しかし、いざ初めて靴を履こうとすると、戸惑い嫌がる赤ちゃんも多いです。

そんな赤ちゃんに、まずは室内で靴を履いて歩く練習から始められる「プレシューズ」が注目を集めています。

ヨメ
我が家でも、娘が掴まり立ちを始めた頃からプレシューズを用意し履かせていました

プレシューズは、歩けるようになった赤ちゃんが、お外でファーストシューズを履くまでの、ほんの一瞬の間しか使いません。

ほほなっつ
それって本当に必要!?

この記事では、「プレシューズって本当に必要なの?」という疑問に、実際に娘に履かせた感想とレビューでお答えしています。

プレシューズを購入するかどうか、購入するならどんな靴を選ぼうかと迷われている方に、必見の内容となっています。

プレシューズって必要?ファーストシューズと何が違う?

プレシューズとは、ハイハイからたっちができた赤ちゃんが、歩く練習を快適に始められるルームシューズのことを呼ぶのが一般的。

赤ちゃんが初めて履く靴をファーストシューズと呼ぶのに対して、

プレシューズは、まだ骨や筋肉が発達していないデリケートな赤ちゃんの足に、慣らしのために履く靴のこと。

>>>失敗しない!赤ちゃんのファーストシューズを選ぶ4つのポイント
失敗しない!赤ちゃんのファーストシューズを選ぶ4つのポイントとおすすめの靴

外でたくさん歩くことを想定して履かせるファーストシューズとは異なり、プレシューズは歩くことが目的ではないので、靴の素材には皮や布が使われ、靴底や側面も柔らかい素材で作られています。

プレシューズが本当に必要なのかどうかは赤ちゃんの個人差によるところが大きいです。

初めて履く靴をすんなり受け入れられる子もいれば、強烈に嫌がり拒絶してしまう子もいますからね。

私個人の感想としては「プレシューズはなくても良かったかな」派です。

なぜなら、我が家の娘は初めて履くプレシューズに全く興味も関心も示さず、嫌がることもなくあっけらかんと歩いていたから。

ほほなっつ
これならファーストシューズからでも何も問題なかったね

あくまで我が家の事例と私個人の感想です。

いずれにせよ、まずは慣れ親しんだお家の室内で靴に慣らしておけることに損はありません。

ヨメ
プレシューズを履いてお部屋の中をトコトコ歩き回る我が子は最高に可愛いよ!見ているだけで癒されました

失敗しないプレシューズの選び方

  • 赤ちゃんの足のサイズ+0.5cmが目安
  • フローリングの上でも滑らないソール
  • 着脱しやすく勝手に脱げないもの
  • 通気性のいいもの

赤ちゃんの足のサイズ+0.5cmが目安

プレシューズに限らずベビーシューズ全般に言えることですが、赤ちゃんの成長は早く、足もあっという間に大きくなります。

ジャストフィットの靴を購入してしまうと、すぐにキツくなり足の発育に悪影響。ベビーシューズの購入時にはプラス0.5cmの余裕をみておくとベスト!

月齢とサイズの平均を表にまとめたので参考に。

~6ヵ月 10~12cm程度
6ヵ月~1歳半 11~13cm程度
1歳半~2歳 12~14cm程度
2歳~3歳  13~15cm程度

フローリングの上でも滑らないソール

プレシューズは主にルームシューズとして役割が機能します。滑りやすいフローリングの上でも安全に歩けるよう、プレシューズの裏(ソール)に滑り止めは必須です。

また、歩き始めの赤ちゃんはよく転びます。転倒防止には足指を広げて踏ん張れるよう、シューズのつま先部分はゆとりが生まれる扇型形状のものがおすすめ。

さらに、つま先部分が少し上向きになっており、ソールが簡単に曲がるくらい柔らかいものを選んでおくと良いとされています。

着脱しやすく勝手に脱げないもの

初めて靴を履く赤ちゃんの中には、びっくりしたり嫌がったり、プレシューズを履いてくれない子もいます。赤ちゃんに靴を履かせる際は、なるべく簡単に履かせられて脱ぎ履きがしやすいと感じる靴を選びたいところ。

だからとは言え、赤ちゃんが歩いていて勝手に脱げてしまう靴や、赤ちゃんの手でポロっと脱げてしまう靴はNG。

我々大人でもそうですが、歩いていて靴や靴下が勝手に脱げてくると不快だしイラつきますよね。

赤ちゃんも当然不快です。履かせやすいけど勝手に脱げない靴を選んであげましょう。

通気性のいいもの

赤ちゃんの足の裏にはすでに大人と同じ数の汗腺があると言われています。それゆえ赤ちゃんの足はとーっても汗かき。

蒸れた蒸気を外に逃がす仕組みが無いとシューズ内部がジメジメとしてしまい、赤ちゃんは不快感を覚えます。

通気性を確保したメッシュ素材など、少しでも通気性のいいシューズを選んであげましょう。

MEMO
プレシューズはそれ自体、何時間も履いて歩くものでもないので、まずは何より歩いていて勝手に脱げない靴が一番だと私は思います

ミキハウスのプレシューズを購入・レビュー

失敗しないプレシューズの選び方に従いプレシューズを探していると、自然とたどり着くのがミキハウスのプレベビーシューズだったりします。プレシュースに必要な全ての要素が、ミキハウスの靴には揃っていました。

ほほなっつ
やはり安定のミキハウス!我が子たちの初物はだいたいミキハウスで揃えています

ミキハウスのプレベビーシューズは、生まれて初めて靴を履くという赤ちゃんが履きやすいよう、多くの工夫が施されています。

まず感じたのは触った時の手触りの心地よさと柔らかさ、そして軽さ!

外で履くことを想定されていない分、これだけ軽量で柔らかい靴が誕生したのかな。

シューズのつま先部分には十分なゆとりも確保されており、赤ちゃんが足指を広げて踏ん張れる扇型の形状をしています。

中底はクッション性が良く、へたりにくいのも大きなポイント。

大きなベルトは着脱しやすく、甲の高さも調整できるので幅広甲高の娘も無理なく履けました。

かかとのカウンターはぐにぐにとソフトな弾力感。

全体的に薄く、ふわっと柔らかいシューズですが、カウンターとソールだけはある程度厚みのある作りになっています。

ソールは靴というよりスリッパに近い柔らかさです。

ルームシューズとして安全に使えるよう、しっかり滑り止めもついています。

よちよち歩きの娘にプレシューズを履かせた感想

冒頭でも触れましたが、私の個人的な感想としては「プレシューズはなくても良かったかな」派です。

娘は靴を嫌がらず、家の中でもソックス感覚で履いて歩き回っていたので、初めから外で歩けるファーストシューズを購入しても良かったかなと思います。

ルームシューズとしての役割が主なプレシューズですが、一度だけ外で履かせてお散歩をしたことがあります。

ヨメ
あんがい外でも履けちゃうよ

ババーン!

1歳前にしてしっかり立ってよちよち歩き始めた娘は、公園デビューも早かったです。

外で履かせる靴を用意していなかった為、この日は急遽プレシューズで公園へお出かけ。

10歩ほど歩いたら転んで座り込んで、また立ち上がって歩いて転んでを繰り返す娘。

シューズが軽い為か足元がおぼつかないといった様子もなく、お部屋で歩いている時となんら変わらない様子で楽しそうに公園をお散歩。

娘が外でプレシューズを履いたのはこれっきり。次からはファーストシューズを用意して履かせるようになり、娘も無事に靴デビューを果たすことができました。

しかし、まだまだあんよがぎこちない様子の娘を見て、あんよが下手っぴの頃は外遊びの場合でも、案外プレシューズの方が向いているのかも。

まとめ

プレシューズは子育てに必須のアイテム!と言う訳ではないので、なかなか自分たちでは買う機会が少ないアイテムです。

その為、出産祝いの贈り物や、1歳の誕生日プレゼントにも喜ばれます。

プレシューズを履ける期間は短いですが、我が子が最初に履く靴として思い出に残る一足です☆

>>>よちよち歩きの娘に贈ったファーストシューズ
【1歳】よちよち歩きの娘に贈ったファーストシューズは軽くて柔らかいミキハウスの靴

>>>失敗しない!赤ちゃんのファーストシューズを選ぶ4つのポイント
失敗しない!赤ちゃんのファーストシューズを選ぶ4つのポイントとおすすめの靴

>>>幅広甲高の赤ちゃんの足にフィットするセカンドシューズ
【1歳2歳】幅広甲高の赤ちゃんの足に選んであげたいおすすめ子供靴【セカンドシューズ】

コメントを残す