最初に読んでもらいた記事Picup5

「ストライダー」を買ったら次に用意すべき必須アイテムはコレ! 【おすすめ】

どうも!【ほほなっつ】です。

前回に引き続き、ストライダー関連のお話になります。

\前回の記事はコチラ/
【徹底比較】ストライダー、ディーバイク、スパーキー、初めて買うなら結局どれ?(ランニングバイク) – まひ☆まり劇場

「ストライダーを買ったら次に何を揃えたらいいの?」

単純に真っ先に思い浮かんだ物がヘルメットで
すが、ストライダーを買ったら、ヘルメットの他にも一緒に揃えておきたい必須級のアイテムがございます。

ストライダーを買ったら次に用意すべき必須アイテム

私がストライダーを買ったら次に何が必要かと考えたときに、安全面、収納面、持ち運び面が頭によぎりました。

子供の安全を考えるとヘルメットだけで足りるのだろうか、スタンドが標準でついてないストライダーをどうやって収納して置くか、公道を走れないストライダーで、公園移動や大会参加時などにどうやって持ち運ぶか、

これらの事を踏まえ、ストライダーを買ったら次に用意すべきアイテムを、「安全面」「収納面」「持ち運び面」の3つに分けてセレクトしてみました。

安全面

最初はぎこちなく運転していたストライダーも、子供の年齢が上がるにつれてだんだん上達し、走るスピードも速くなります。

そうなってくると心配なのが転倒によるケガ。大会に出場したりとなると、なおさら安全第一で楽しみたいですよね。

子供の安全第一で用意したいアイテムがキッズ用ヘルメット

ストライダーで遊ぶにはヘルメットの着用が必要。

小さい子供が乗り物に乗る際は、ストライダーに限らずヘルメットは被っておいた方が安全です。

NUTCASE ナットケース

f:id:mahix2:20180328145115j:plain

ポップで個性的なデザインの見た目だけでなく日本の安全基準SGマークを取得しているので安心。 また、取り外し可能なクッションパッド、マグネット式のストラップで機能面でも優れています。

規格 SC規格
サイズ XS(48~52cm)、S/M(52~56cm)
重量 368g
備考 サイズ調節機能付き

bern バーン

f:id:mahix2:20180328145522j:plain

ランニングバイクヘルメットで一番人気のブランド。特に取り外し式のキャップがついたNINOとNINAは、デザイン性はもちろん機能性にも優れたモデルで非常に人気が高いモデルです。

規格 CPSC規格
サイズ XS(48~51.5cm)、S/M(51.5~54.5cm)
重量 368g

OGK KABUTO オージーケーカブト

f:id:mahix2:20180328150535j:plain

日本の子供の頭部形状に合わせた円形に近い内部形状で設計されていて、ズレやブレを抑止するサイズ調整アジャスターが搭載されています。

規格 SC規格
サイズ XS(48~51.5cm)、S/M(51.5~54.5cm)
重量 375g

BRIDGESTONE ブリヂストン

f:id:mahix2:20180328150921p:plain

小さい子供の頭にピッタリフィットするサイズ調整アジャスター付きで、外表面がハードシェルで丈夫。バイザーが標準装備されています。

規格 SC規格
サイズ 46cm~52cm
重量 370g

キッズ用膝・肘プロテクター

f:id:mahix2:20180328175642j:plain

ストライダーキッズの肘&膝を守る専用プロテクターセット。2〜5歳のストライダーキッズにフィットするサイズ。

材質 確認中
サイズ キッズサイズ(2歳~5歳)
重量 159g

キッズ用グローブ(フィンガーレス)

f:id:mahix2:20180328180242j:plain

ストライダーキッズの手を守る専用グローブ。2~3才のストライダーキッズにフィットするサイズです。

フィンガーレス仕様で、操作性、通気性、フィット感がさらにアップ。アウトドアでの使用を考慮されており、表面はポリエステルなど速乾性の高い素材を採用。

材質 ポリエステル(グローブ表面)
サイズ ジュニアサイズ(推奨年齢2~3才)
縦約11cm、横幅約7.2cm

収納面

ストライダーにはスタンドが標準装備されていないので、家に置いて置く際は壁に寄りかけたり、転がして置くしかありません。

上級者の方だと、DIYの一環で壁にフックを取り付け、ストライダーをおしゃれに収納されている方もいるみたいです。

スタンドが標準装備されていないなら、後付けしてしまおう!

ストライダーをスッキリ収納したいならコレ

ストライダー専用 ロッキングスタンド

ストライダー専用のスタンドです。組み立て式でストライダーのホイールを固定しディスプレイ及び保管できます。

子供がストライダーに乗ったまま出し入れができます。

持ち運び面

ストライダーは公道で乗ってはいけないので、公園への移動は基本持ち運びになります。

車での持ち運びは車内が汚れるのが気になる。
自転車での持ち運びはかなりかさ張る。
電車での持ち運びは、見た目や他の乗客への配慮も忘れてはいけません。

そのままでは何かと持ち運びに不便なストライダーですが、モノ自体はとても軽いので、いっそ大きめな袋に入れてしまおう!

ストライダーの持ち運びに便利なアイテムがコレ

ストライダー専用キャリーバッグ

f:id:mahix2:20180328194409j:plain

ストライダー専用のキャリーバッグです。 持ち運びにはもちろん、家の中での収納や、車に積み込む際のカバーとしても大活躍。 ワンタッチで長さ調節可能なショルダーストラップは、様々なシチュエーションにとても重宝します。

また、このバックル部分は着脱も可能なので、ストライダーを出し入れする際にも活躍してくれます。 素材は、軽めのアウトドア用のデイパックにも使用されている420Dのパッククロスを使用しているので軽さ、強度共に優れています。

素材 ナイロン
サイズ 30cm
重量 約200g

IKEAの袋

f:id:mahix2:20180328194424j:plain

ご存知、みんな大好きIKEAの袋です。

旅行やアウトドアなど、お出かけ時に大活躍します。丈夫で軽く、大きいので、本当にモノを選ばずなんでも入ります。

ストライダーの持ち運びバッグとしての使用率も高いみたいで、ストライダーキャリーバッグを調べていたら、「こんな商品も見られています」の関連ページにIKEAの袋が並んでいました。

とても安いのでオススメです。

キャリーストラップ

f:id:mahix2:20180328201207j:plain

ストライダーを肩掛けして持ち運べる便利なストラップです。もちろんサイズ調節も可能で、カラーも7色から選べます。

両手が完全に空くので、バッグタイプにはない魅力があります。ランニングバイクのストラップは色々な物が売られていますが、肩パッドが付いているタイプの物が肩ズレもし辛く、良いかと思います。

まとめ

ストライダーを買ったら、ひとまずこれだけは抑えておきたいアイテムをセレクトしてみました。

これからストライダーをはじめ、各種ランニングバイクを買われる方は参考にしてみてください。

万全な準備を整えて、楽しく安全にストライダーを楽しみましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です