話題の長〜い三輪車「ディーバイクダックス」特徴と口コミ・人気のディーバイクミニと比較

どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

三輪車の国内シェアNo.1人気ブランド、ides(アイデス)から、まったく新しいタイプのチャレンジバイクが発売されました。

その名も『D-bike dax(ディーバイク ダックス)』!

ディーバイクと言えば1歳からのチャレンジバイク『D-bike mini(ディーバイク ミニ)』と、2歳から始められるキックバイク『D-bike kix(ディーバイク キックス)』が有名ですが、

ディーバイク ダックス(以下名称ダックスで統一)は1.5歳から始められるこれまでにないタイプの三輪車です。

娘の1歳の誕生日プレゼントにディーバイクミニを贈るつもりでいましたが、新発売されたダックスがとっても魅力的!

ダックスとミニを比較し、どちらの三輪車を購入すべきか結論を出したいと思います。

ディーバイクキックスについてはこちら
【徹底比較】ストライダー、ディーバイク、スパーキー、初めて買うなら結局どれ?(ランニングバイク)

ディーバイク ダックスの特徴

ダックスは〝お子さまとベストパートナーになる三輪車〟というコンセプトを掲げており、1.5歳から5歳ころまで乗って遊びながら段階的に子どもが成長していくトレーニングバイクとしての側面も持ち合わせた三輪車です。

足蹴りからペダリング、キックスクーターとしてステップアップしていくのが特徴!

ダックスの魅力はデザイン持ち運びの利便性

成長に合わせて〝長く〟乗れる画期的なデザイン

ダックスの最大の特徴は、まるでダックスフンドのような胴長のサドル!

サドルは小さな子どもが楽にまたげるよう従来の三輪車よりも低く設計されており、座る位置を調整することで、成長に合わせて乗りやすいよう長〜く作られています。

犬小屋をモチーフにしたパッケージは見た目のかわいさも抜群なので、プレゼントした瞬間から子どもが喜ぶ姿が目に浮かびます。

低い車体に長〜い胴体(サドル)、そしてサドルからぴょこんと飛び出たストラップが尻尾のようで、見た目はまさにダックスフンド!フォルムが唯一無二の三輪車です

持ち運びに便利な折り畳み機能

玄関や車のトランクなどにおいても邪魔にならないよう折り畳むことができます。折り畳み時のサイズはW420㎜×L320㎜×H490㎜ととてもコンパクト。

自転車の前かごに入れて持ち運べるよう設計されているところが他の三輪車にはない、ダックス最大の強みと言えます。

折り畳む動作もとてもカンタンで、尻尾のような後ろのストラップを引っ張っり、前輪を倒すだけ!

とてもコンパクトながら重量は3.8kgとやや重め!手で持ち運ぶには少々くたびれる重量感

ディーバイク ダックスの口コミ

良い口コミ

みんなの口コミ
シンプル可愛い^^ ★★★★★(5.0)

急ぎで注文、あす楽だったのですぐ届きクリスマスプレゼントに間に合いました^^ 三輪車を買ってあげたくて色々調べましたが、こちらはロングシートなので長く使えそう。見た目もとてもシンプル!しかも折りたためて自転車にも乗せれる!もう満点すぎて親がワクワクしました。 組み立てとかいらずすぐに乗れ、今は2歳なったばかりでシートの1番前に座っています。まだ自分でこげませんがすごく喜んでいます。買って正解、親も子も満足の三輪車です!

みんなの口コミ
いいプレゼントになりました。 ★★★★★(5.0)

孫(2歳)への贈り物として購入しました。 孫は早速D-bike daxにまたがって駐車場を行ったり来たり。 ずっと手放さないところをみると十分満足しているようです。 シンプルな作りでおしゃれです。いい商品だと思います。

悪い口コミ

現在調査中

2019年1月現在、ダックスは発売後間もないため口コミやレビューがほとんど出回っていませんでした。ようやく見つける事が出来た口コミでは、どなたもダックスを高く評価されていました。

ディーバイクダックスの口コミを探すならコチラ(楽天)

ディーバイク ダックスとディーバイク ミニの比較

D-bike dax

D-bike mini

対象年齢 1.5歳〜5歳未満 1歳〜3歳
価格 ¥12,800〜 ¥5,680〜
サイズ W420×L650×H490㎜(乗車時)W420×L320×H490㎜(折畳時) W200×L475×H345㎜
重量 3.8kg 2.6kg
材質 PP・スチールパイプ・PU スチール
カラー イエロー・レッド・ホワイト ミントブルー・フロストイエロー・スノーホワイト ※コラボ商品除く
対象年齢の幅も近くどちらも三輪車デビューを飾るには申し分のない性能…これはどっちを買ったらいいのか悩ましい!

ヨメ

ダックスとミニ、どちらを初めてのチャレンジバイクに選ぶか、判断基準は以下の3つ!

  1. いつからいつまで遊べる?
  2. どんなシチュエーションで遊べる?
  3. 収納・持ち運びに適している?

より早くから遊べるミニ・より長く遊べるダックス

つかまり立ちができた頃から乗れるミニは、足蹴り三輪車として子どもの安全と遊びやすさを徹底追及し作られており、1歳から3歳ころまで乗れる三輪車です。しかし、子どもの成長とともに体と車体とのバランスが合わなくなり、2歳を過ぎたあたりから少々窮屈な印象をうけます。

ダックスは1.5歳から5歳未満まで乗れる、ミニよりも長い期間遊べる三輪車です。ペダル操作も身につき、より自転車へのステップアップにつながる将来性も兼ね揃えております。しかし、3.8kgの重量は、1.5歳の子どもが足蹴りで乗るにはやや重たすぎるように感じます。

子どもの個人差にもよりますが、ミニは2歳過ぎまで、ダックスなら2歳ころから、本格的に楽しめる年齢だと認識しておくのが良さそうです

屋内で遊べるミニ・屋外で遊べるダックス

ミニは屋内で遊ぶことをメインに作られています。スチールで軽い車体に、床や家具を傷つけない柔らかいホイールは、室内乗り物にうってつけ! シンプルで可愛いデザインだからお部屋の内観も損なうことなく置いておけるのもポイント。

ダックスは屋内外どちらでも遊べますが、車体のサイズから屋内で遊び続けるには難しく、その性能をフルに活かすにはやはり屋外乗りがメインとなるでしょう。足蹴りから本格的なペダリングに、キックボードとしても使うことができるので、遊びの幅は断然ダックスが圧勝!

キックスやストライダーなど、バランスバイクに頼らずとも自然と自転車へのステップアップに繋がるのもペダル付き三輪車の強みです

コンパクトで軽いミニ・折り畳めて持ち運べるダックス

ミニは2.6kgと軽く、子どもでも楽に持ち運びができる重量感。サイズもコンパクトだから収納にも困りません。

ダックスは3.8kgとやや重めではありますが、折り畳めば自転車のカゴに入れられるほどコンパクトに! 持ち運び・収納面では両者互角の性能。

普段、公園遊びは自転車で通っているというファミリーに、喜ばれるのはダックス!

まとめ[結論]

  • より早くから屋内メインで遊ばせたいなら『ディーバイクミニ』
  • より長く、幅広く遊ばせたいなら『ディーバイク ダックス』
え?どっち買うの!?

ヨメ

わかりません!!!!どっちにもどっちの良さがあって決められない(泣)

アイデスの三輪車なので最終的にどちらを選んでも失敗がありません。どちらの三輪車を贈っても子どもは大喜びすることも間違いありません。

あとはお店に直接足を運んで、実際に我が子を乗せてみるのも一つの手!

新発売のダックスが大変気になるところではありますが、我が子のことを第一に考え、迫る誕生日までにどちらかを選び、購入したいと思います☆

コメントを残す