2019年▶︎本当に買って良かった物まとめ>>>

レンタル農園『シェア畑』を約3年続けてわかったメリット・デメリット|契約から収穫までの様子

ほほなっつ
どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

今から3年前、息子がまだ生まれて間もない頃、義理の父が趣味の延長で『シェア畑』を契約。

シェア畑とは昨今流行りの家庭菜園を、本物の畑をレンタルして楽しめるサービスです。

手ぶらで通えて、常駐のアドバイザーから栽培方法や収穫時期などをレクチャーしてもらえるとあり、

今まで全く野菜の栽培経験がない人でも気軽に野菜作りが楽しめることで人気を博しています。

ほほなっつ
子供の食育に繋がることから、特にファミリー層に人気なんだとか!

我が家でも、息子が3歳を過ぎて娘が1歳を迎えた今、シェア畑は子供達の食育と、休日のレジャーの場所として欠かせない存在となりました。

シェア畑はこんな方にオススメ
  • 家庭菜園を始めたいけど家に庭がない方
  • 子供の食育と、安全な野菜を食べさせたい方
  • 新たな趣味を見つけたい方
  • 普段の仕事疲れを畑でリセットしたい方
  • 鮮度の高い採れたて野菜を食べてみたい方
  • 家族みんなで楽しめるレジャーをお探しの方

こちらの記事では、実際にシェア畑を体験してわかったことや、シェア畑のメリット・デメリットを紹介しています。

ヨメ
気になる方は無料の見学会で話を聞いてみて♪

見学の予約はこちらのフォームから申し込みができます

シェア畑の特徴

シェア畑とは、畑を借りて野菜づくりを楽しむ、畑のレンタルサービスのこと。

農家の高齢化、担い手不足などにより維持・管理が難しくなった農地や遊休地を、誰でも気軽に農業と触れる事ができる「シェア畑」として活用されています。

2019年までに首都圏・関西合わせて90件以上の農園が誕生し、利用者数は20,000人を超え、プロのバックアップのもと、1年を通して様々な野菜づくりが楽しめます。

\手ぶらOK!365日新鮮野菜が食べられる/

子供の食育に選ばれてます

シェア畑の料金システム

シェア畑の契約料金は、借りる畑の地域と面積によってバラバラです。

シェア畑の契約金は、ひと月あたりおよそ10,000円前後の料金×12の年間一括先払い。

さらに別途入会金が10,000円かかります。

ほほなっつ
気軽に始められる額ではありませんね

シェア畑意外にも、農園の一画を貸し出しているレンタル農園は至る所に存在します。

個人で運営しているところであれば、月額およそ5,000円〜が相場です。

しかし、こういったところの多くは自分で農具や苗、肥料などを用意しなければならなかったり、栽培方法も自分で調べて野菜作りに臨まなくてはならなず、まず初心者では続きません。

ほほなっつ
中級者以上にはオススメです

シェア畑の魅力は、プロのバックアップのもと、誰でも気軽に手ぶらで野菜作りが楽しめるところ。

シェア畑の料金には、場所代はもちろん、種、苗、肥料、農具、イベント参加費、専門指導などが含まれています。

シェア畑で作れる野菜の種類

シェア畑では年間で約15〜20種類の野菜が作れます。

春、夏ではミニトマト、きゅうり、なす、ピーマン、オクラ、枝豆、カブ、とうもろこし、秋、冬では白菜、キャベツ、ブロッコリー、大根、玉ねぎ、ルッコラ、さつまいも等、年間を通して15品目以上の野菜の収穫が楽しめます。

天候にもよりますが、例えばミニトマト200個、きゅうり、なす、ピーマンはおおよそ各50個程度が収穫できます。

病害虫に強く、収穫量も多い高品質な品種を選んでいるのも大きなポイント。

シェア畑のメリット

メリット
  • 手軽!手ぶらOK!スキマ時間に
  • プロのバックアップサポートが手厚い
  • 365日新鮮野菜が食べられる
  • 子どもの食育に繋がる

手軽!手ぶらOK!スキマ時間に

f:id:mahix2:20171214211829j:image

シェア畑は忙しい方誰でも手軽に手ぶらで始められます。

その理由は、

「種」「苗」「肥料」「農具」など、野菜作りに必要な様々な資材があらかじめ揃っているからです。

通勤途中や買い物のついでなど、スキマ時間で野菜が作れます。

ほほなっつ
自分たちで用意する物と言ったらせいぜい長靴と軍手、夏場は帽子に日焼け止めくらい

子供のおもちゃも貸し出し無料。

プロのバックアップサポートが手厚い

f:id:mahix2:20171214211859j:image

菜園敷地内に菜園アドバイザーが常駐していて気軽にアドバイスが貰えます。

f:id:mahix2:20171214232629j:image

栽培テキストや豊富な栽培資料も配布される他、菜園内に設置されている情報共有掲示板を利用する事で作業がスムーズに進みます。

また、定期的に集団講習会がおこなわれ、そこでシーズン中の野菜づくりのスケジュールや、基本的な作業内容を教えてもらいます。

集団講習会の様子

但し、実際の作業自体は全て自分たちで行わなければなりません。

シェア畑に通えない日にスタッフが水やりをしてくれたり、収穫をしてくれるわけではありません。

野菜それぞれの特性やお手入れ方法など、分からない事があったらその都度現場にいる菜園アドバイザーに聞くことができます。

不明点はその場で教えてもらえるので、野菜作り素人でも1年目から美味しい野菜を作れるようになります。

ほほなっつ
人見知りな私でも聞けました!

365日新鮮野菜が食べられる

シェア畑の野菜は全て無農薬! 牛糞や鶏糞たい肥や油かすなどの有機質肥料を使います。

殺虫剤などの科学農薬は一切使用しないため、その場で採りたて野菜を丸かじりできます。

シェア畑では、ナス、きゅうり、トマト、オクラ、とうもろこし、いちごなど、年間で約15~20種類の野菜を収穫できます。

ほほなっつ
自然の力で育てた野菜は愛着がわきますねー

ただのキュウリやルッコラなんかも市販のものより美味しく(感じる!)、続けていけるか不安と思っていましたが、これだけ美味しいのなら続けていくモチベーションにも繋がります。

子どもの食育に繋がる

野菜の収穫体験は子どもの食育には欠かせないポイントです。

しかし、「シェア畑」は収穫体験だけじゃありません。

何もなかった場所から野菜が収穫できるまでの努力と過程、そして、自分たちが育てた野菜を食卓でいただくというプロセスを体感しながら学べるのもシェア畑ならでは。

ほほなっつ
シェア畑は子どもの食育にまさにうってつけ!

さらに、シェア畑では子どもも安心して楽しめる施設やイベントも充実しています。

f:id:mahix2:20171214211923j:image

菜園内に水道や井戸が設置されているので子供が遊んで泥だらけになっても安心。

トイレや休憩スペースも完備されているので、オムツの交換も菜園内でできます。

子ども達が大勢集まって遊べる子どもスペースや、手作りの輪投げやおもちゃ、メダカの池など、菜園内には遊びがいっぱい!

季節ごとに旬を感じるイベントも催されます。春は新じゃがのカレー、夏は納涼祭、秋は焼き芋や芋掘り、冬は芋煮会など。

シェア畑はこんな方にオススメ
  • 家庭菜園を始めたいけど家の庭がない方
  • 子供の食育と、安全な野菜を食べさせたい方
  • 新たな趣味を見つけたい方
  • 普段の仕事疲れを畑でリセットしたい方
  • 鮮度の高い採れたて野菜を食べてみたい方
  • 家族みんなで楽しめるレジャーをお探しの方

シェア畑では無料見学を実施しています。

どの農園も優しいプロのアドバイザーが対応してくれるので、非気軽にシェア畑の無料見学会に訪れてみてください。

\手ぶらOK!365日新鮮野菜が食べられる/

子供の食育に選ばれてます

シェア畑のデメリット

デメリット
  • 最低でも週に一回通う必要がある
  • 無農薬だから虫に食われる
  • 一括払いだから辞めづらい

最低でも週に一回通う必要がある

畑は土が地下に保水していて、植物の根はその水めがけてどんどん伸びていきます。

そのため、プランターよりも水やりの手間はかかりません。

しかし、最低でも週に1回程度は畑に通い、雑草を抜いたり虫を退治したりしながら野菜たちのお世話をしなければなりません。

ほほなっつ
これが意外と大変!

やる気に満ち溢れた最初の数ヶ月はなんとか通っていけるのですが、半年も過ぎた頃から「また今度でいいや」と、畑に通うのはどんどん後回しに。

また、畑は当然屋外での作業が中心になります。

夏は暑いし冬は寒い。風が強い日も、雨の日も、雪の日だって・・・

夏は熱中症対策必須

夏は帽子と日焼け止め、水分補給がマスト。

日差しが強い日中は20分で体の方が限界を迎えます。

冬は野菜の収穫が少ない

冬は春夏秋に比べて野菜の収穫が少なくなる為、畑に足を運ぶ回数も減るのですが、

春に向けて「寒起こし」と呼ばれる土壌作りをしたりと、畑の作業自体は少なからずあります。

どうしても「週に1回も行けない」という方のために、お世話付きの区画や単発オプションの栽培代行サービスもあります。

ほほなっつ
せっかく畑を借りたならお世話は自分でしないとね

無農薬だから虫に食われる

基本的にシェア畑の野菜は無農薬で作ります。

その為、シェア畑での野菜作りは年間を通して虫との戦いに! 「虫がついた食べ物を口に入れる事に抵抗が・・・」と言う方には絶対に向きません。

秋冬野菜は春夏に比べて、害虫が多く育てるのが難しいとよく言われます。

その理由としては、ハクサイやダイコン、キャベツ、コマツナなどのようにアブラナ科の野菜ばかりが集まってしまうことにあります。

また、もう一つの理由としては、そういった害虫を食べてくれる天敵が、寒くなると少なくなってしまうことにあります。(例えば、アブラムシの天敵・テントウムシなどです。)

シェア畑での害虫対策と言えば、防虫ネットを貼ったり、熱湯をかけたり、油せっけん水、トウガラシ焼酎液、重曹水などの天然由来の自然農薬を使用して駆除します。

但し、自然農薬の使いすぎはかえって野菜達を傷つけてしまうので、必ず農園アドバイザーの方に確認方法を教わってから使います。

一括払いだから辞めづらい

シェア畑は1年契約の1年ごとの更新になります。

その為、途中で「やっぱり解約したい」となっても、最初に1年分の料金を一括で支払っている為、なかなか辞めづらいと言うのが現状です。

ほほなっつ
続けるための一括払いなんでしょうね。

1年経ってから解約したい場合には、契約月の3ヶ月前までに解約申請書を本社に送らなければなりません。

ほほなっつ
私自身、1ヶ月ごとの更新だったら多分すぐに辞めちゃってたかもしれませんw

シェア畑の契約から収穫までの様子

シェア畑契約

最寄りの街の無料見学体験会に参加したことがキッカケでシェア畑を始めました。

子供用の小さい区画(3㎡:4,908円)と一般用の大きい区画(10㎡:7,315円〜)から選べるので、一般用の大きい区画を1年契約。

※区画の料金は地域によって異なります。2019年現在

その日のうちは区画の契約と園内の細かな説明を受け、最後に目印作成用の木の板を渡されて終了。

後日畑のベース作りを始めることに。

畝作り

f:id:mahix2:20180412203105j:plain

元がただの空き地だった為、石や草が一面を覆っていて、「本当にここで野菜育てるの?(笑)」と不安になります。

水はけ、水もち、通気性の良いフカフカの土作りを意識して土壌環境を整えていきます。

作業は単純に、①雑草をとり、②たい肥や肥料を入れ、③土を耕す!これだけ!

まずは、畝の土壌作り

20cmの深さまで土を掘り起こします。

f:id:mahix2:20180412203122j:plain

土を掘り起こしたら、次に有機肥料を巻きます。

肥料は牛糞や鶏糞、油粕など、糞と言っても匂いもなく、ほぼ土なので全く気になりません。

f:id:mahix2:20180412203134j:plain

肥料を撒ききったら、土を戻し、15cmの高さまで盛り上げ、畝の形を形成します。

f:id:mahix2:20180412203148j:plain

水で整えたら出来上がり!

後はこの畝に、マルチと呼ばれる黒いビニール袋をかぶせたら完成です。

マルチ貼り

f:id:mahix2:20180412203212j:plain

マルチ貼りに必要なシートなどの資材も全て菜園内に完備されています。

これ仮に全て自分たちで用意だったら、私は絶対続きません。

f:id:mahix2:20180412203234j:plain

肥料などもまとまって用意されているので、必要な時に必要な分だけ、まとめて準備する事ができます。

f:id:mahix2:20180412203252j:plain

肝心のマルチがここ!

足元がメジャーになっていて、必要な長さにカットして使います。もちろんハサミもこの場所に用意されています。

マルチの他に、ネットや透明シートもこの一箇所にまとめられています。

f:id:mahix2:20180412203307j:plain

マルチを被せてピンで固定したら完成。

慣れてくるとこの畝づくりもだいたい15分〜20分程でこなせるようになります。

マルチを張ることにより、土の表面の保湿や保温、雑草や害虫の予防などに役立つそうです。

苗を植える

f:id:mahix2:20180412203320j:plain

肥料を入れて土を耕してから1、2週間後、いよいよ種まきと苗の植え付けが始ります。

マルチに穴をあけて季節に合った種や苗を植え付けていきます。

f:id:mahix2:20180412203330j:plain

こちらも敷地内に用意されているマルチカッターを使い、簡単に綺麗な穴が開けられます。

f:id:mahix2:20180412203340j:plain

ここに発育の良い苗を差しこみます。

野菜のお世話

f:id:mahix2:20171214234654j:image

ここまできたらあとは日々のお世話です。

庭のお花に水をあげるように、畑の野菜たちにも季節ごとのお世話が必要です。

わが家ではアリによる被害が尋常でなく、せっかく植えた人参が全滅して収穫できないなんてことも!

ヨメ
アリの巣解体作業は私の担当(#^^)=○)゜3゜)

自然栽培なのでどうしても虫による被害はでてしまいます。

防虫ネットをかけたり、そういったメンテナンスも必要に応じてありました。

その他にも、支柱やヒモを使って高く伸びた野菜を支えたり、トマトやナスの脇芽を摘んだり、追肥をしたりと、畑仕事は意外とやる事も多くて大変です。

収穫

f:id:mahix2:20171214214455j:image

いよいよ収穫! 日々のお世話が報われる瞬間です。

暑い夏の日はその場で水洗いして食べたり、冬ならお鍋の中の野菜は全て畑で作った野菜なんてこともしばしば。

夏野菜収穫の様子

暑い夏の昼時とあり、この日のレンタル農園にはスタッフの方も他のお客さんもいませんでした。

35℃近くあるこんな炎天下の日に、野菜のお世話どころではありませんからね。

水だけあげて、採れるもん採ったらさっさと帰えるのが吉。

それでは畑の様子と本日の収穫お野菜を見てみましょう!

ミニトマト アイコ

果肉が厚くてゼリーが少ない長卵型のミニトマト。

病気に強くて、果実の割れも少なく、実つきがよいので、たくさんとれます。

少し栽培難易度の高いミニトマトですが、ミニと言う割には中玉に近い大きさまで育ちます。

食べ応えがある美味しいトマトです。

ピーマン 京みどり

果実の大きさは一般的なピーマンと同じくらいでやや縦長。

果肉は薄めでやわらかく、表面に縦にいく筋も筋状に起伏が出来やすいようです。

家庭菜園では気軽に作られ易い一般的な品種。

スーパーで見かけるピーマンより少し小ぶりかな。

インゲン

毎回畑に来るたびに、一番よく採れるのがこちらのインゲンです。

お肉を巻いて食べると美味しいですよね。

キュウリ

夏野菜の定番!? レンタル農園でも家の庭でもよく育ちよく採れるキュウリも、食卓で見かけない日はなくなりました。

採れたてキュウリをガブリってシチュエーションに憧れていましたが、やはり冷やしてから食べたいので、現地ではかじりません 笑。

小玉スイカ

重さ2kg前後の、その名の通り実は小さく、果肉は鮮紅桃色で糖度は約12度、舌ざわりよく、さわやかな甘みと風味のおいしいスイカです。

我が家の畑では、スイカを育てるのはこれが初! あまり数は出来ないので、大切に見守ります。

トウモロコシ ピュアホワイト

ピュアホワイトはその名の通り白いトウモロコシです。

しかし、特徴はその白さよりも、フルーツに負けない甘さ!

一口食べた瞬間口の中広がる糖度! 甘〜い甘〜いスイーツの様なトウモロコシです。

オクラ

オクラの収穫はもう少し先になりそう。

小かぶなど

その他の野菜は春の時ほどアリの被害も少なく、順調に育ってきています。

カボチャ

カボチャはまだまだ手のひらサイズ。

ナス

ナスも畑とお家の庭でも栽培しているので、今シーズンは余るほど採れてます。

ほっといても数が採れる貴重なお野菜の1つ。

息子の畑探索

f:id:mahix2:20180507112015j:plain

息子はお気に入りの風車を手に上機嫌で探索開始!

この日は日差しも紫外線もとっても強いので子供の日焼け止めと帽子は必須!

f:id:mahix2:20180507112042j:plain

息子の畑探索は、他所の畑の風車を1つ1つ回るか確かめるところから始まります。

これ、地味に時間がかかる作業だから、息子に付いて行かなきゃならない人は大変!

ほっとくと何やらかすかわからないので…

f:id:mahix2:20180507112347j:plain

言ってる側からやらかしそうになる息子!

「いちごいっぱーい!」と言いながら他所の畑のいちごを採りに!

た、確かにいっぱいだな…うちなんて2粒しかなかったのに。

まさに隣の芝は赤く(青く)見えるアレです。

1歳10ヶ月ながらいちご狩り経験が豊富な息子は、外に実っているいちごは全部採っていいものだと認識している見たい。

「このいちごは採ったらダメなやつ!」と説明しても聞く耳を持たず大変でした。

f:id:mahix2:20180507112410j:plain

他所の畑のいちごが採れず、トボトボその場を後にする息子。

背中から伝わる哀愁が半端じゃないです。

f:id:mahix2:20180507112427j:plain

丁度講習を終え、我が家の畑ではこれからナスとトマトとピーマンの苗を植えるところ。

f:id:mahix2:20180507112500j:plain

興味津々に作業を見つめる息子。もう何年かしたら立派な戦力になれるかな!?

いちご狩りの様子

f:id:mahix2:20180507112526j:plain

早春に植えた苺の苗でしたが、

少ないっ!!!

今年のうちのいちごは不作のようです。この量だったら息子一人で一瞬でなくなってしいますね。

f:id:mahix2:20180507112711j:plain

慣れた手つきと目利きで一番赤くて美味しそうないちごを発見する息子氏。

f:id:mahix2:20180507112723j:plain

真っ赤っか! 美味しいいちごを探させたら1歳児部門なら優勝すると思います。

親バカですか?

f:id:mahix2:20180507112737j:plain

でもヘタを取るのは下手くそ…シャレとかではなく。

f:id:mahix2:20180507112748j:plain

採れたていちごを一口で「パクッ」

家族の中で一番シェア畑を満喫しているのは息子かもしれません。

食後の泥遊び

f:id:mahix2:20180507112807j:plain

いちごを一通り食べ終わった息子は、菜園内の子ども広場で泥遊び。

転ばない様に遊んでね!

f:id:mahix2:20180507112821j:plain

あ…

f:id:mahix2:20180507112834j:plain

ほらやっぱりお尻真っ黒!

いくらお砂場着を着込んでいると言えど、泥水は服まで貫通するのでね、

家に帰ったら私が嫁に怒られるやつですこれ。

『シェア畑』を約3年続けてわかったメリット・デメリットまとめ

メリット
  • 手軽!手ぶらOK!スキマ時間に
  • プロのバックアップサポートが手厚い
  • 365日新鮮野菜が食べられる
  • 子どもの食育に繋がる
デメリット
  • 最低でも週に一回通う必要がある
  • 無農薬だから虫に食われる
  • 一括払いだから辞めづらい

f:id:mahix2:20171214215823j:image

食育を兼ねて始めたこのシェア畑ですが、息子がまだ歩けない頃から畑へと連れ出し、畑を耕すところから見せていました。

息子が3歳になり、娘も1歳を迎えた今、「はたけ行く!はたけ行く!」と言い、訪れるたび楽しそうに2人で駆け回っています。

畑作業はやってみるとこれが意外と大変で、時間もあっという間に過ぎていきます。

忙しいとなかなか野菜のお世話にも行けず・・・(家族の中で私が一番サボってます)「新鮮で美味しい野菜が食べられる!」程度の動機では到底続きません。

我が家がシェア畑を続けていくモチベーションの一つは、子供の食育。

日々の野菜のお世話や、そのお世話があったからこそ、今、こんなに美味しい野菜が食べられるといったプロセスは、子供にとっても貴重な体験です。

何より子どもが楽しんでくれればそれだけで続けていく価値があると言えます☆

\手ぶらOK!365日新鮮野菜が食べられる/

子供の食育に選ばれてます

コメントを残す