2019年▶︎本当に買って良かった物まとめ>>>

【徹底比較】ストライダー、ディーバイク、スパーキー、初めて買うなら結局どれ?(ランニングバイク)

ほほなっつ
どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

息子の2歳の誕生日に、「ランニングバイク」の購入を考えています。

ランニングバイクといえば『ストライダー』が有名ですよね。

ほほなっつ
我が家でも初めはストライダーを買う気でいました

改めてランニングバイクについて調べて見ると、ストライダーの他にも魅力的なランニングバイクが存在する事がわかりました。

中でも、特に人気が高く選ばれているランニングバイクが以下の3車種

  • ストライダー
  • ディーバイク
  • スパーキー

この記事では、人気の『ストライダー』、『ディーバイク』、『スパーキー』の3車種に絞り、どのランニングバイクが本当に「買い」なのか比較しながら紹介しています。

我が子にぴったり合ったランニングバイク選びの参考に、読んでいただければと思います。

我が家はストライダーを購入しましたが・・・

我が家はストライダーを購入しました。

その理由は、子供と一緒に全国各地の大会に出場し、

あわよくば入賞を狙ってみたいから!

>>>ストライダー『エンジョイカップ』に初挑戦した感想
ストライダー『エンジョイカップ』に初挑戦!大会当日は雨…だけど笑顔で無事完走!

ストライダーを購入するか最後まで悩んだポイントは、その他のランニングバイクにも、ストライダーにはない魅力がたくさんあった事。

ほほなっつ
特にブレーキの有無で迷いました
『ディーバイク』と『スパーキー』には最初からブレーキが標準装備されており、その利便性と安全面から、口コミでの評価もかなり高くなってます。

ご存知の通り、ストライダーにはブレーキが付いていません。

無理やりつけてしまう事も可能ですが、その場合ストライダーカップをはじめとする大会には参加する事ができなくなります。

ブレーキが付いていないストライダーでよく耳にする口コミが、

ブレーキがない懸念
  • 乗り慣れてくるとスピードをだす
  • 3歳になればしっかりブレーキレバーが握れた
  • 靴のつま先部分の劣化や損傷が激しい

 

ほほなっつ
猛スピードからの足ブレーキは靴の寿命を劇的に早めることは確実

子供の安全面と小毛品のコストを考えると、標準でブレーキが備わったディーバイクとスパーキーに軍配が上がります。

ただし、必要最低限の装備で完結されたストライダーは、他の2車種にはない圧倒的軽さが最大のウリ。

ランニングバイクのレースで入賞を狙っていくのなら、車体の軽量化は最重要事項となります。

その場合、選ぶべきはストライダー1択とも言えます。

ストライダー、ディーバイク、スパーキーそれぞれの特徴を比較

ランニングバイクの中でも特に人気が高く、公園やショップでもよく見かけ、ネット上でもさんざん比較されているのがこの3車種です。

STRIDER ストライダー

f:id:mahix2:20180327122140j:plain
最も有名なランニングバイク

エントリーに適したクラシックモデルから、汎用性の高いスポーツモデル、より軽く、レース向けのプロモデルまで、用途に合わせたモデルから選べます。

「ストライダーはスポーツモデルを選べ」は本当だった!圧倒的お得なその理由とは

D-Bike ディーバイク

f:id:mahix2:20180327122156j:plain
三輪車メーカーのアイデスが手掛けるランニングバイク

ディーバイクは1歳からのチャレンジバイク『ディーバイクミニ』がとても有名ですが、

そのステップアップモデルとして、子供の握力でも握れるLBSブレーキを搭載したランニングバイクがこちらの『ディーバイクキックス』です。

SPARKY スパーキー

f:id:mahix2:20180327121804j:plain
既存のモデルを徹底的に見直して作られたランニングバイク

ブレーキ、スタンド、ゴムタイヤの標準装備を携え、既存のランニングバイクを徹底的に見直した、最も自転車に近いランニングバイクです。

ペダルなし自転車で『スパーキー』が選ばれる理由はゴムタイヤとブレーキと◯◯!

スペック比較

車種 STRIDER
(ストライダー)
D-Bike
(ディーバイク)
SPARKY
(スパーキー)
対象年齢 1歳半〜5歳 2歳〜5歳 2歳〜5歳
価格 10,900円(税別)〜 11,800円(税別) 7,300円(税込)
9,100円(送料・税込)
重さ 2.5kg〜3.0kg 4.2kg 4.5kg
シート高 30〜41cm 30.3〜39.5cm 30〜40cm
ハンドル幅 50〜60cm 50〜59cm 53〜60cm
タイヤ EVAポリマー EVAポリマー ゴムタイヤ
ブレーキ なし
後付け可
LBSブレーキ あり
スタンド なし
後付け可
あり  あり

軽さの『ストライダー』、ブレーキの『ディーバイク』、安さとゴムタイヤの『スパーキー』と、それぞれ異なった強みを持ってます。

追記:2018年7月18日より、ストライダーの対象年齢が2歳以上から1歳半以上へと変更となりました。

ストライダー、ディーバイク、スパーキーのココがすごい

ストライダーのココがすごい

ランニングバイクと言えば真っ先に名前が挙がるのが、このストライダーです。

世界中で150万台が売れていて、取り扱い店も豊富でアフターサービスも充実しており安心して購入できます。

他の2車種と比べ、ペダルはもちろん、ブレーキもスタンドも付いていない代わりに、本体の総重量はなんと2.5Kg〜3Kgと圧倒的軽さを誇ります。

とにかく「軽い」に特化したランニングバイクです。

さらに、ストライダーの魅力は何と言っても子供とパパの心を鷲掴みにするカスタマイズ性!

フレームから、ホイール、サドル、ハンドルに至るまで、色やパーツを自由に選んでカスタマイズする事ができます。

ほほなっつ
公式パーツの組み合わせだけでもなんと23万通り!

ストライダーを選ぶ最大の理由は、全国各地で催されるレースの存在!

ストライダー公式レース『エンジョイカップ』や『ストライダーカップ』に参加したいなら、ストライダーを選ぶしかありません。

「息子と旅行がてら沖縄大会へ!」

なんて憧れちゃいますよね!

こんな方にオススメ
  • 子供の好みに合わせてオリジナルカスタムがしたい方
  • ストライダーカップに子供と一緒に参加したい方
  • 持ち運びの負担を軽くしたい方

ディーバイクのココがすごい

ディーバイクの最大の特徴は、ブレーキとスタンドが標準装備されている事!

ストライダーにブレーキが搭載されていないのは、2~3歳の子供の握力だとブレーキを操作できないという事が理由。

一方、ディーバイクでは2歳の子供の握力でも簡単に操作できる、専用設計のブレーキ「LBS」を採用

安全に遊べることはもちろん「ブレーキを使って減速する」という全ての乗り物に通ずる大切な「感覚」と「習慣」を、小さいうちから身につけてもられるのもディーバイクの素晴らしいポイントです。

もう一つのポイントは、ディーバイクにはスタンドが搭載されています。

スタンドが無いストライダーは、公園などでも木に立てかけたり芝生に寝かせたりして置く事になりますが、ディーバイクなら普通の自転車のようにスタンドで自立します。

ほほなっつ
スタンド操作は小さな子供でも意外と扱えるみたいです
こんな方にオススメ
  • 高性能のブレーキ付きランニングバイクで遊ばせたい方
  • スタンド有無を重要視している方
  • 地面が舗装されていない公園で遊ばせる事が多い方

スパーキーのココがすごい

小さい子供を持つお父さんが開発した、現行のランニングバイクの欲しかった機能を独自に取り入れたランニングバイク。

気になるその欲しかったポイントとは、ブレーキとスタンドの標準装備に、足回りはゴムタイヤを採用!

他の2車種のタイヤはEVAポリマーという素材で、ゴムよりも表面がツルツルで劣化も早いのが難点。

ほほなっつ
ストライダー上級者達は後からゴムタイヤにカスタムします

その点スパーキーは「最初からゴムタイヤが標準」なので、カスタムの手間が省けます。

スパーキー最大の特徴が、税込7,300円 送料・税込9,100円で買えるという他を寄せ付けぬ安さ!他の2車種に比べて圧倒的に値段が安いんです!

しかし、スパーキーは店舗販売はされておらず必然的にネット購入になります。送料がお住まいの場所により1,800円〜3,000円かかるので、結局ストライダーとあまり変わらなくなる場合も…

追記:2018年7月20日現在、スパーキーの価格が送料込みの9.100円に変更されています。

ただし、沖縄と北海道の場合、送料が1,200円発生。

値上げという事ではなく、元の価格の7,300円に送料が明記され、実際にかかる費用総額がわかりやすくなりました。

こんな方にオススメ
  • より自転車に近いランニングバイクで遊ばせたい方
  • ブレーキ、スタンド有無を重要視している方
  • とにかくコストを安く抑えたい方

まとめ

購入基準まとめ
  • ストライダーカップに出たいならストライダー
  • 専用ブレーキの性能で選ぶならディーバイク
  • コスパとゴムタイヤで選ぶならスパーキー

我が家は最終的に『ストライダー』を購入しましたが、ストライダーカップを諦めるならば、

子供の握力でも扱える専用ブレーキが標準で備わっている『ディーバイク』か、値段がぶっちぎりに安くて標準装備豊かな『スパーキー』を選んだかもしれません。

どのランニングバイクにもそれぞれ違った魅力があり、「絶対にコレじゃなきゃダメ!」と言うものではありません。

ランニングバイク選びの参考に是非お役立てください☆

コメントを残す