幼児教室『ドラキッズ』って実際どうなの?2歳の息子と通ってみた感想・体験レビュー

どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

我が家の息子の習い事のひとつに、小学館の幼児教室『ドラキッズ』というものがあります。

子供から大人まで大人気のキャラクター、ドラえもんにちなんだ幼児教育の施設で、幼稚園や保育園に通う前の慣らし保育、もしくは小学校の入学前の準備として、近年ママたちの間で大人気の幼児教室です。

2歳の息子も月に4回、毎週水曜日にママと一緒に通っているわけですが、息子からの評判も上々で私も気になっておりました!

今回、貴重な平日休みをいただいたので息子と二人でドラキッズの授業を体験して来ました! その時の受講内容と感想をご紹介します。

ドラキッズの特徴

ドラキッズは満1歳から小学3年生までのお子さんが対象の「イード・アワード2015幼児教室」にて、総合満足No.1最優秀賞を受賞した大人気の幼児教室です。

ドラキッズでは、遊びを通して集団の中で学ぶことにより主体的な気持ちやあきらめない心、折れない心を育てます。

ドラキッズでは早い時期から母子分離を目指したプログラムが組まれているので、幼稚園や保育園に入園するまえの慣らし保育として利用するママが多いのも特徴です。

ドラキッズのクラス

ドラキッズは主に年齢毎に教室が分けられた、1クラス少人数からなる幼児教室。

全6クラスからなり、満1歳から6歳までの児童が通う事ができます。

満1歳児
Class Baby
絆をつくる一年1
1〜2歳児
Class 1
興味をつくる一年
2〜3歳児
Class 2
 発見をつくる一年
3〜4歳
Class 3
体験をつくる一年
4〜5歳
Class 4
意欲をつくる一年
5〜6歳
Class 5
発展させる一年

Class 1までが親子参加型の教室で、1クラス定員は親子8組まで。

Class2〜Class5までは子どもたちのみとなり、1クラス定員は12名までです。

1クラス少人数制にもかかわらず、教室には2名の講師が担任。講師は全員幼稚園教諭や保育士などの有資格者だから安心して預けることができます。

我が家の息子は1歳10ヶ月からドラキッズに入園し、今はClass 1に通っています!

ヨメ

ドラキッズの教材

教材は子どもたちが主体で楽しく遊びなら学べるドラキッズオリジナルのおもちゃが中心。

絵本やクレヨン、シールブックや図形を穴に当てはめるブロックおもちゃなど、教室ではもちろん、息子は家でも楽しく遊んでます。

教材はドラキッズオリジナルのスクエアリュックで持ち運びます。大きいリュックを一生懸命背おう子どもたちの姿がとってもキュート!

ドラキッズの会費

クラス名 対象年齢 定員 授業時間 月会費
Class Baby 満1歳 親子8組 週1回60分 8,000円
Class 1 1〜2歳
Class 2 2〜3歳 12名
Class 3 3〜4歳
Class 4 4〜5歳
Class 5 5〜6歳

ドラキッズ幼児教室の会費は全クラス共通で、週1回60分の受講で

月会費8,000円(税抜)

入会金10,000円(税抜)※入会金はキャンペーンにより割り引かれる場合があります。

ここからさらに教材費が別途でかかります。

年間106,000円の出費は家計的に大打撃!笑 息子が楽しんで通ってくれていることが救いです!
入会金割引制度
入会金の割引制度として、外部提携会員割引があり、入会金を50~100%OFFにできるお得な制度です。
A.WELBOX(イーウェル)
B.ベネフィット・ステーション(ベネフィット・ワン)
C.えらべる倶楽部(JTBベネフィット)
D.ライフサポート倶楽部(リゾートソリューション)
E.福利厚生倶楽部(リロクラブ)
ほか。

兄弟で受講される場合、複数コースを受講される場合は、各種割引が適用になります。
※一部対象外の地域もあります。

ドラキッズに通ってみた感想と体験レビュー

普段はママと息子の2人で通っているドラキッズの教室に、今回は私、パパが突撃!その授業を息子とともに体験してまいりました。

ドラキッズオリジナルのスクエアリュックに教材を詰め込み、いざ出陣!

見憶えのあるこの扉がドラキッズのエントランス!

教室の世界観はまさにドラえもんそのもの!私まで少しドキドキワクワクしてしまいます。

2歳の息子が通うClass 1の教室は、初めの5分間〜15分間は子どもたちだけで入室して、先生やお友達と触れ合うところから始まります。

子どもたちが入室したら、ママとパパはこの外の小窓から教室内の我が子を覗き見する事ができます。

泣いてないかな〜?ちゃんと先生の言うこと聞いているかな〜?なんて少しソワソワしながら、子どもたちに気付かれないようこっそり覗きます。

外の窓には次回の受講に必要な持ち物が記されているので、しっかりチェックも忘れずにね!

そして外で待つこと15分、いよいよ親たちも入室!

平日ということもあり、(嫁曰く普段から)付き添いの親御さんは私以外は善意のママさんです! パパは私1人だったので若干気まづいというか、心細い心境でした 笑。

息子よ、なるべくパパに付いていてくれ…

教室内は撮影禁止なので、文章だけで雰囲気と内容をお伝えします!

まず内容ですが、

最初の15分間は子どもたちだけでおままごとのおもちゃを使い、好きに遊んでいました。

15分後に私たちが入室すると、先生が子どもたちに「おいしく作れたものをママとパパにも食べさせてあげて、そのあとお片づけをしよう!」と優しく掛け声。

すると息子は、それまで遊んでいたおままごとのおもちゃを私に持ってきて食べさせてくれるそぶりを見せてくれました。

その後はみんな真剣にお片づけ! 偉いね〜

お片づけのあと、子どもたちは一斉に席に着き、先生から呼ばれたら元気よく返事をします。

が、息子は恥ずかしがってお返事の声が出ず笑

そのまま今度は工作の時間。

クリスマスシーズンと言うこともあり、サンタクロースとツリーの簡単な塗り絵からスタート!

持ってきたクレヨンをリュックから取り出し、子どもたちは真剣に塗り始めます。私も息子と一緒にクリスマスツリーを塗っていると、先生から「パパ色ぬり上手ですね〜」と褒められ、まんざらでもなかったグラフィックデザイナーが私です 笑

色を塗り終えたら飾りのシールをツリーに貼り付け、お星様をつけたらハサミの出番。子どもたちはまだハサミが使える年齢ではないのでここからはママとパパの出番!サンタクローズとツリーのシルエットに沿って切りすすめ、ノリをつけたら出来上がり!

完成したのがこれ↑

サンタクロースがユラユラ動くペーパーキットです!

↑裏面のツリー部分

終始他のおもちゃで遊びたがる息子をなんとか食い止め、パパと息子の共同作業で作り上げた貴重な作品です。

工作を作り終えた後はテレビの前に親子で輪になって集まり、アニメーションに合わせて手を繋ぎ歌って踊ります。

ここで息子、恥ずかしがってまさかのドロップアウト!

初めて訪れたドラキッズの教室で、他の親子とまじってパパだけ歌って踊ってってなんの罰ゲームっっっ!

息子よ戻ってこい!!!パパを1人にしないでくれ!!!!

結局終始他の場所でぴょんぴょん飛び跳ねて戻ってこなかった息子をよそに、みんなでさようならの挨拶を交わし、この日の受講は終了。

たったの60分間でしたが、遊んで、話して、作って、踊って、歌って、内容の詰まった楽しいカリキュラムで驚きました!

親子で参加出来るCLASS 1のメリットは、近い月齢の子どもたちを抱える親同士の情報共有とコミュニケーションがはかれる点、それとやはりプレ保育に向けてしっかりと慣らせられる点が素晴らしいと感じます。

まとめ

パパが息子と2人でドラキッズに参加した体験をレポートしました。

この日私が驚いたのは、息子が自分のリュックをロッカーにしまったり、靴を下駄箱に出し入れしたり、しっかりお片づけをしたり、普段家では見せない一面と、成長を見る事ができたところ。

それと、息子自身が本当にドラキッズを楽しんでいるんだということが、この日の息子の行動を見ていてわかりました。

少々会費はお高いと感じますが、ドラキッズに通っていて良かったと私は思います☆

【0歳〜】こどもちゃれんじbabyが赤ちゃんの心を掴んで離さない理由

コメントを残す