我が子に大ウケしたアンパンマンのおもちゃはコチラ>>>

『ストライダー』プロモデルを新調|スポーツモデルから乗り換えた3つの理由

ほほなっつ
どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

2歳の誕生日にストライダー(スポーツモデル)をプレゼントしたからもうすぐ1年が経過しようとしています。

すぐに上手に乗りこなす息子を見て、かねてより念願だったストライダーのレースにも参戦!

初レースは惨敗だったけど、より高みを目指して地元のストライダーのチームにも加わり、やる気は十分!(パパのw)

そこで、より軽くて丈夫なストライダー プロモデルを新調し、3歳を前にして思い切って乗り換えることに!

ストライダースポーツモデルからプロモデルへ乗り換えた3つの理由

2歳の息子の初めてのストライダーにスポーツモデルをチョイスしましたが、レースなどを見据えて後々はプロモデルへの変更をかねてより視野に入れておりました。

しかしまさかスポーツモデル購入から1年も経たずにプロへの変更は我ながら予想外の結果に笑

早い段階でプロモデルへの変更に踏み切った理由は3つ。

理由1:アルミフレームは軽くて丈夫

2歳の子どもに約3キロのスチールストライダーは重く、体に負担がかかるためレースには不向きだったこと。アルミフレームのプロモデルとの重量差は0.5キロ。この数字は小さい子どもからしたらとても大きな数字です。

さらに、アルミフレームのプロモデルはアルミゆえ錆びず、フレーム剛性も高いので安心して長く使えるのも大きな理由。

理由2:レース入賞を目指す子は早くからプロモデルに乗っている

2つめは、レースを見越して練習している子や、実際にレースに出場している子で、スチールタイプのストライダーに乗っている子は稀。

息子が参加したレースでも、やはり2歳の時点で多くの子はプロモデルのストライダーに乗っていました。

ですが正直、2歳のうちはストライダーのモデルによる大きな結果の差は無いと私は考えます。

どノーマルのストライダーに乗ってる子でも速い子は速いですからね。

理由3:カスタムパーツの互換性を考えて

3つ目が重要!

ストライダーのカスタムにおいて、クラシック・スポーツモデル、いわゆるスチールタイプのストライダーと、プロモデル(アルミタイプ)のストライダーとでは、カスタムパーツの互換性が無いものが多く存在します。

これは買い揃えてしまってからでは致命的問題で・・・

ハンドル周りやシート周りのカスタムを施したいと考えた時に、パーツの購入を1度で済ませるためにも、早い段階でプロモデルへの乗り換えを敢行しました。

ストライダープロモデルを新調!ついでに足回りもEVAからゴムに変更

ストライダープロモデルの新古車をメ◯カリにて激安購入!

注意
正規販売店以外で購入する際は、必ず並行輸入品、類似品に注意してください。日本正規品でなければレースにエントリー出来ないばかりか、保証などのアフターケアもなく、最悪子どものケガにも繋がります

Before

息子の2歳の誕生日に購入してから約10ヵ月使用したストライダースポーツモデル。

当時息子が好きだったイエローカラーのフレームに、オレンジカラーのEVAホイールをアクセントに付け替えています。

After

新たに購入したストライダープロモデルは、ホイールを純正のEVAからダディラボ製のXwheel-light(ムラスポ限定カラー)にカスタム済み!

ストライダーカスタムで明らかに走行性能に違いが出るカスタムがEVAからゴムタイヤへの変更。

レースを視野に入れたら必須カスタムの1つですが、ホイールカスタムは金額的にも性能的にもピンキリ。

突き詰めたら数十万円の世界です。

子どものやる気と奥さんの顔色と・・・お財布に相談して慎重に決めていきましょう笑

Xwheel-lightはストライダーの足回りカスタムとしてはかなり安価の入門モデル!

後々はグレードアップしていきたいところですが、現状2歳の息子にはこれで十分。

ほほなっつ
ムラスポ限定カラーのパープルが最高にかっこいい!
ホイールカスタムで600gの軽量化に成功!軽くなったストライダーに乗った2歳息子の反応

スポーツモデルとプロモデルの違い

クラシック・スポーツモデルとプロモデルでは、重量以外にも細かな違いがあります。

ハンドルやシートポスト、足回りのカスタム時に、このわずかな違いによるパーツの互換性の有無が出てきますので、頭の片隅に入れておくて良いでしょう。

「ストライダーはスポーツモデルを選べ」は本当だった!圧倒的お得なその理由とは
ストライダー
(クラシック)
ストライダー
(スポーツ)
ストライダー
(プロ)
カラー グリーン
レッド
ブルー
ピンク
グリーン
レッド
ブルー
ピンク
オレンジ
イエロー
ブラック
シルバー
価格(税込) ¥11,772 ¥14,580 ¥22,140
重量 2.9kg 3.0kg 2.5kg
対象年齢 1歳半~5歳 1歳半~5歳 1歳半~5歳
体重制限 27kgまで 27kgまで 27kgまで
グリップ
直径
27mm 22mm 22mm
ハンドルバー スチール スチール アルミニウム
高さ調節 500~600mm 500~600mm 500~600mm
固定システム ホース
クランプ式
クイック
リリース式
クイック
リリース式
ハンドル
バーパット
なし 付属 付属
タイヤ EVAポリマー EVAポリマー EVAポリマー
ベースサイズ 565mm 565mm 565mm
ホイール 12インチ210mm / プラスチック 12インチ210mm / プラスチック 12インチ210mm / プラスチック
シート高の範囲 300~
410mm
通常サイズ300~440mm
XLサイズ~520mm
通常サイズ300~440mm
XLサイズ~520mm
XLシート なし 付属 付属
シート
素材
プラスチック 軟質製
プラスチック
軟質製
プラスチック

近年、ストライダーレース界にもカーボン化の流れが来ており、アルミフレームのプロモデルよりも更に軽く、剛性が増したフルカーボンモデル『ストライダーST-R』モデルも誕生!

まだまだ出回っていない希少モデルですので、レースで間違いなく目立ちます。

レーシングストライダーのコンプリートモデルをお探しの方にオススメです!

まとめ

息子もようやくプロモデルに乗り換え、ここからが本番です!

プロモデルに変えたからにはここからさらにレースカスタムを施していくつもりです(≧∇≦)←最初からそれ目当てw

息子には新調したストライダープロに乗って、レースでバシバシ活躍してもらいたいです!

>>>【ストライダー】初めてのハンドルカスタム!2歳児の反応は?
【ストライダー】初めてのハンドルカスタム|軽量化&前傾姿勢でスピードUP!2歳児の反応は?

>>>ストライダーのチーム練習に体験参加した2歳児の反応
ストライダーのチーム練習に2歳の息子と体験参加!チームに所属するメリット・デメリット

コメントを残す