日本で一番育てやすいバンクシア?『スワンプバンクシア』の特徴と育て方

URLをコピーする
URLをコピーしました!

昨今のガーデニングブームもありオージープランツが注目されていますが、中でもワイルドな見た目と独特なブラシの花が特徴的なバンクシアが人気を集めています。

でもバンクシアの栽培ってなんだか難しそうだけど?

ほほなっつ

確かに、オーストラリア出身のバンクシアは日本の環境にあわず育てるのが難しい品種も多いけど、今回紹介するバンクシアは日本の環境でも問題なく育つおすすめの品種だよ!

その名も『スワンプバンクシア』

バンクシアをはじめオージープランツの栽培が日本では難しいとされる理由は日本の降水量と夏の暑さ、冬の寒さ!

ところがこのスワンプバンクシアは暑さにも寒さにも強く、ジメジメした環境にも耐えるとっても強い品種。

日本でも問題なく育てられる数少ないバンクシアなのです。

この記事では、日本で一番育てやすいバンクシア?『スワンプバンクシア』の魅力と育て方を紹介しています。

目次

我が家のシンボルツリー!『スワンプバンクシア』

我が家の庭には大小合わせてのべ10種類以上のバンクシアがいます。

中での一番のお気に入りと言っても過言ではないのが『スワンプバンクシア(バンクシア ロブル)』です。

バンクシアの中でもこのスワンプバンクシアが特に好きで、わが家には大きなスワンプバンクシアを2本育てています。

どこが好きかって言ったらこの大きなギザ葉!

私が知るバンクシアの中でもスワンプバンクシア葉はのぶっちぎりの大きく一際目立ちます。

注目したいのはこの葉の触り心地。
新芽のうちはベロア生地のようにもふみのある厚みとふっわふわでサラサラな手触り。

ほほなっつ

ずっと触ってられるくらいこの新芽が好き!裏起毛より裏ロブル希望。

わが家で育てている1本目のスワンプバンクシアは、1本幹でうすら長く伸びる枯れた花付きの株。

都内の某大型園芸店にて見切り品半額セールで購入。

樹高180㎝花付きと考えるとかなり格安に思えるお値段に一目惚れ!担いで電車に乗って持って帰りました。

小さなプラポットで根詰まりしていたので帰宅後速やかに植え替え。

よく陽の当たる南向きの軒下に置き、最初の冬は念の為不織布で寒風を防ぎました。

スワンプバンクシアは沼地や湿地帯に生息するバンクシアなので水をガブガブあげても根腐れのリスクが少ない点が魅力。

土壌も選ばず寒さ暑さにも強く、日本でも安心して育てられるので私のような園芸初心者にも優しいバンクシアです。

わが家で育てている2本目のスワンプバンクシアは、株立ち状に伸びる横に大きな株。

ほほなっつ

株立ちのスワンプバンクシアなんて初めてみた!2本目だけど思わず樹形買いしちゃったよ

日の出から日没まで陽が当たり(だけど西日は直射ではなくやんわり光が届く程度)、雨霜雪にも当たらず風が通りぬける、
わが家の庭最大の特等席に鎮座しています。

こちら株がかなりしっかりしていた為、大寒波襲来の22年冬も屋外ノーガードで冬越し!

花芽を期待して昨年伸びた新芽を春先に剪定し、現在かわいい新芽が続々とあがってきたところです。

ほほなっつ

どれかひとつでも花芽になってくれたら御の字だよ

『スワンプバンクシア』の特徴

スワンプバンクシアがなぜ「日本で一番育てやすいバンクシア」なのかと言うと、このバンクシアが自生している地域の環境が関係します。*私個人の感想

スワンプバンクシアの“スワンプ”(Swanp)とは沼という意味の英語です。

沼はともかくオーストラリアではこのバンクシアは比較的に水に近い場所に多く分布しているようで、池や縁や河川敷に自生していることが多いそうで、水に強いことがわかります。

高温にも高湿度にも強く、軽い霜にも多少の寒さ(-5度程度)耐えられることから、比較的バンクシアが調子を崩しやすいとされる日本の梅雨から暑い夏の時期、寒い冬を露地で越すことができるタフなバンクシアなのです。

また、スワンプバンクシアの樹高、幅ともに2mほど。葉が大きい割に意外にもカテゴリーは低木。

その為、日本の住宅事情にもたいへんマッチしている貴重なバンクシアであることがあわかります。

暑さ寒さ水やりにそれほど気を使うことなく育てやすいバンクシアですが、「リグノチューバー」「プロテオイド根」の存在だけはだけはざっくりとでも知っとくと、栽培の成功率がさらに向上します。

リグノチューバー

バンクシアの中にはリグノチューバーと呼ばれる再生 機関を備えている種もあります。

山火事などで全身が喪失する出来事が起こった場合でも、リグノチューバーさえあれば再生することができます。

リグノチューバーは一般的には焼失を避けるために地際や株元、土の中に作られる場合が多いですがスワンプバンクシアの場合は枝の途中に出来たりもして読めません。

全てのバンクシアにこのリグノチューバーが備わっているわけではありません。

プロテオイド根

バンクシアには「プロテオイド根」と呼ばれる独特な根の構造をしています。

根が塊になっていることからクラスター根とも呼ばれ、リン酸を多く摂取する役割を担っています。

この根のおかげで多くのバンクシアは栄養の乏しい砂地や痩せ地に自生することができています。

ほほなっつ

逆に肥えた地だとリン酸過多で調子を崩して枯れてしまうリスクが!

スクロールできます
学名Banksia robur
タイプヤマモガシ科
原産地オーストラリア
耐寒気温-5℃前後
開花期5月〜10月
日照日向むき

『スワンプバンクシア』の育て方

『スワンプバンクシア』の値段の相場と購入方法

『スワンプバンクシア』の置き場所

日当たりと風通しがいい場所に置くのが好ましい品種です。

特に日当たりは株の健康と花つきに直結の影響を及ぼします。

スワンプバンクシアは葉焼けにも強く西日も耐えます。

暑さに強く、湿度にも高い耐性を持ち合わせているため雨晒しの管理で問題ありません。

『スワンプバンクシア』の水やり

オージープランツの水やりの基本は「土の表面が乾いたらたっぷりと!」ですよね。

乾かしすぎても水切れNG。水を頻繁にあげすぎても根腐れアウト。結局どっちなの!?

スワンプバンクシアの水やりは特に気を使わず大丈夫です。

湿地でも育てられるバンクシアなので根腐れにもある程度耐性があるんだとか。

ほほなっつ

わが家では土の表面がほんのり乾いて初めてきたかな?のタイミングでジャブジャブあげてます

鉢植え管理のわが家では、春と秋は2〜3日に1回程度

冬は1週間に1、2回程度

夏は思考停止で毎日!時には朝夕2回に分けてあげることもあります。

『スワンプバンクシア』の用土

弱酸性に傾いた土壌であればそこまで土にもこだわりません。

生息地のことを考えると保水性の高い用土が好まれるかな?とも思うのですが、わが家のスワンプバンクシアは2本とも鹿沼土ベースのパーライトや日向土の混じった水はけの良い土壌を使っていますが、

今のところは問題なく育ってくれています。

『スワンプバンクシア』の肥料

『スワンプバンクシア』の病害虫

スワンプバンクシアを育てていて特に害虫の存在を気にしたことはないのですが、全ての植物栽培の敵!コガネ虫の幼虫だけは要注意!(ようちゅうだけに…)

コガネ虫の幼虫は定期的なオルトラン散布で予防が一番の対策です。

サンドラッグe-shop
¥1,127 (2022/05/18 00:43時点 | 楽天市場調べ)

カナブンの成虫に葉を食べられる場合もあります。この硬い葉っぱ、歯応えがあって意外と美味しいのかもしれませんね。

カナブンは見つけ次第撲殺推奨。(私はカナブン撲殺に抵抗があるため虫かごに入れて子供たちにプレゼントします)

花は蜜がいっぱいなのでナメクジが舐め登ってくる場合があります。普通に気持ち悪いので駆除推奨。

その他にはコナカイガラムシやアブラムシがつくそうですがわが家では今のところ未発見です。

ひとまず“枯れ”に直結する害虫はコガネ虫なのでこいつの侵入だけはなんとしても防いでください。

『スワンプバンクシア』の夏対策

『スワンプバンクシア』の冬対策

花芽促進と枝の分岐に剪定は必須!

剪定したら挿し木で増やそう!

バンクシアの中でスワンプバンクシアが一番好き!

\こちらの記事も読まれています/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる