2019年▶︎本当に買って良かった物まとめ>>>

ストライダーに乗りたがらない子供も『スーパーストライダー』と一緒なら喜んで走る!感想・レビュー

ほほなっつ
どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

2歳の誕生日にストライダーをプレゼントして、3歳になるまでの間に出場したレースは5回。

ストライダーのチームにも所属し、それなりにカスタムも施し、公園に行く際には必ずストライダーを持っていくようにしていましたが・・・

そもそもうちの子、ストライダーにあまり興味がありませんw

ほほなっつ
うすうす気がついていたけど認めたくなかった!

好きで乗ってると言うよりも、歩くよりも楽だから乗ってるという感じ?

まぁ大人が自転車に乗るのと考えは同じだから間違ってはいませんよね。

公園でも遊具で遊ぶ方が楽しいご様子。

しかし!

そんな息子が遊具そっちのけで夢中になってストライダーで遊びたがる瞬間があるんです。

それが、パパ(ママ)がスーパーストライダー』に乗って一緒に並んで走っている時!

普段あまりストライダーに乗りたがらない息子も、スーパーストライダーと一緒なら喜んでついてくるんです。

  • スーパーストライダーって何!?
  • ストライダーとの違いは?
  • 大人が乗っても大丈夫なの?

有名なストライダーとは異なり、馴染みの薄い超マイナーなランバイク『スーパーストライダー』を、実際に乗ってみた感想を踏まえて紹介します。

ストライダーとスーパーストライダーの違いは?

ストライダーとスーパーストライダーの違いは大きく分けて2つあります。

  1. サイズ
  2. ブレーキの有無

サイズの違い

ストライダーは1歳半から5歳までの子供が乗れる規格に対して、スーパーストライダーは大人も乗ることができるサイズの規格になっています。

ブレーキの有無

ストライダーにはブレーキが付いていません。

したがって、減速する際や止まる際には地面に足を触れながら止まります。

スーパーストライダーにはブレーキがついています。

これにより、減速、停止の際には自転車のようにブレーキを握って止まるアクションが起こせます。

子供に大人気!ストライダー

ストライダーはご存知、1歳半から5歳までの子供が乗れるランバイクです。

ストライダーの魅力は、自転車へのステップアップがスムーズだったり、体幹や体力が身につくばかりか、全国各地でレースやイベントなどが盛んに行われているので親子で楽しめます。

ストライダーの大会に出たい!初めてのレースデビューには『エンジョイカップ』がおすすめ

ストライダーにも多くの種類が存在します。

エントリーに最適のスポーツモデル

「ストライダーはスポーツモデルを選べ」は本当だった!圧倒的お得なその理由とは

軽くて丈夫!レース向けのプロモデル

『ストライダー』プロモデルを新調|スポーツモデルから乗り換えた3つの理由

ペダル対応!長く乗れる14インチモデル

【ストライダー14xの特徴】本当に3歳半から乗れる?3歳の息子が試乗した感想

大人も乗れるスーパーストライダー

5歳でストライダーを卒業するアクティブなキッズのために開発されたのが『スーパーストライダー』です。

ストライダーの基本コンセプトである「シンプルで軽量」の特性はそのままに、16・20インチタイヤ&ブレーキを搭載。

選べるサイズは2種類

サイズ 16インチ 20インチ
ホイルベース 765㎜ 965㎜
対象年齢 小学校1年生〜小学校6年生程度 13才以上

スーパーストライダー6つの特徴

スーパーストライダーのスペック

スーパーストライダー16インチ スーパーストライダー20インチ
価格 24,900円+税 28,900円+税
対象年齢 小学校1年生〜小学校6年生程度 13才以上
体重制限 85Kgまで 110Kgまで
カラーラインナップ 4色 5色
重量 8Kg 9.6Kg
フレーム スチール製
フォーク スチール製
ホイルベース 765㎜ 965㎜
シート高調整範囲 495㎜〜648㎜ 673㎜〜819㎜
タイヤサイズ 16×1.75 20×1.75
チューブバルブ 米式
ハンドルバー スチール製/径222㎜幅600㎜ スチール製/径222㎜幅660㎜
ステム アルミ合金
ブレーキ 前後Vブレーキ
シートクランプ アルミ合金/クイックリリース式

スーパーストライダー16インチは、ストライダー14Xの登場により選択の優先度は低く感じます。

やはり“大人も乗れる”ことを意識するならば20インチこそがスーパーストライダーの醍醐味と言えます。

スーパーストライダーの感想・レビュー

ストライダーは移動手段と割り切る息子。

近所の公園まではストライダーで移動するけど、到着したらストライダーに目むくれず、体力が尽きるまで公園の遊具を遊び倒します。

そんな普段あまりストライダーに乗りたがらない息子ですが、パパ、もしくはママが乗った『スーパーストライダー』と一緒なら喜んで走ることがわかりました。

今回は息子の遊び慣れた公園で、実際にスーパーストライダーを試してみることに。

普段はパパと一緒に走る息子ですが、今回は撮影のためにママを召喚。

ここは滑り台とお砂場がある自宅の前の小さな公園。

普段ならとっくに遊具で遊び出す息子ですが、未だストライダーから降りないのはスーパーストライダーの効力が効いているから。

せっかくなのでストライダーレースの定番合図「レディ・セット・ゴー」の掛け声と共に走ってもらいました。

両者一斉にスタート!

嫁←いい感じに前傾姿勢が取れてて笑うw

嫁←普段滅多に見せない俊敏な動きで前に出た!

嫁←スタートから2秒で独走状態! これがスーパーストライダー初乗りとは思えないドライブテクニックw

息子←相変わらずのマイペース( ̄∀ ̄)追いつく気あるんかい

この光景、端から見てるととてもシュールw

息子もさることながら、普段自転車にも乗りたがらない嫁も存外速くて驚きます。

結局、誰よりも楽しそうだったのが嫁でした。

スーパーストライダーに初めて乗った嫁の感想は、

意外と速くて怖かった!お股が痛かった!

だそうです。

現場からは以上です!

まとめ

ストライダーとスーパーストライダーの違いは、

  1. サイズ
  2. ブレーキの有無

スーパーストライダーは大人も乗れる大きめのランバイクです。

16インチと20インチでサイズが2種類ありますが、

パパが子供と一緒に走るのなら20インチのスーパーストライダーがおすすめ。

普段ストライダーに乗りたがらない子供も、『スーパーストライダー』と一緒なら喜んで走ります。

ストライダーの練習のお共に、一家に一台あると便利かもしれません☆

>>>【ストライダー】初めてのハンドルカスタム|軽量化&前傾姿勢でスピードUP!
【ストライダー】初めてのハンドルカスタム|軽量化&前傾姿勢でスピードUP!2歳児の反応は?

>>>【ストライダー】ポジショニングで速くなる!誰でも手軽に行えるシートポスト・サドルカスタム
【ストライダー】ポジショニングで速くなる!誰でも手軽に行えるシートポスト・サドルカスタム

>>>『ストライダー』プロモデルを新調|スポーツモデルから乗り換えた3つの理由
『ストライダー』プロモデルを新調|スポーツモデルから乗り換えた3つの理由

>>>ストライダーの走りがグッと速くなる!2歳息子の練習方法と上達のコツを伝授
ストライダーの走りがグッと速くなる!2歳息子の練習方法と上達のコツを伝授

コメントを残す