ストライダーの大会に出たい!初めてのエントリーなら『エンジョイカップ』がおすすめ

ほほなっつ
どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

息子の2歳の誕生日にストライダーをプレゼントしてから早くも半年・・・

息子は毎日のようにストライダーを乗り回しておりますが、そもそも私がストライダーを贈った理由は、ストライダーの大会に息子と出てみたかったから!

そんな(私の)念願叶い、この度いよいよストライダーエンジョイカップへのエントリーが決まりました☆

ストライダー『エンジョイカップ』にエントリー|大会当日までに準備すべき事まとめ
ほほなっつ
ゆくゆくは、より本格的なレースが楽しめるストライダーカップにも参加してみたいけど、まずはエンジョイカップから、息子に初めての大会を楽しんでもらえればと思います

この記事では、ストライダーエンジョイカップの特徴と、エントリー方法を紹介しています。

我が子の初めての大会に! エンジョイカップにエントリーしてみてはいかがでしょうか。

息子とストライダーの大会に出たい!

ストライダーカップ出場を目指し、息子の2歳の誕生日にストライダーを購入。

はじめはヨタヨタとぎこちない走りの息子でしたが、次第にみるみる上達し、購入から半年を過ぎた頃には、私が駆け足でようやく追いつけるまでのスピードに!

いよいよ大会デビューも近いかも! などと思っておりましたが、身近なところで開催される大会は、軒並みエントリー受付が終了済み・・・

そんな時! やっと見つけた近場の大会が『ストライダーカップ2018 inお台場ステージ』!

ほほなっつ
息子の大会デビューはエンジョイカップが理想でしたが、この際気にしていられません!

お台場大会のエントリー受付開始当日、仕事の休憩時間にエントリーをしようと募集ページを開いてみると・・・

すでに受付終了!

まさかのエントリー開始から2時間で先着分の枠が埋まりました・・・

ほほなっつ
ガチ勢が参加するストライダーカップを甘く見ていましたー!orz

続く抽選枠も見事にハズレ、ストライダーを購入した年の大会は全て終了となり失意のどん底へ。

年も変わり! 2歳の我が子が出られる大会(できればエンジョイカップ)の開催告知はまだかまだかと毎日のように公式ホームページを訪れ、

そしてとうとう、我が家からもっとも近くで開催される、アクセス良好なストライダーエンジョイカップのエントリー受付が始まり、即座にエントリー!

ストライダー エンジョイカップ 『鴨川シーワールドステージ』

2歳9ヶ月にして、念願だったストライダーの大会デビューが決まりました!

初めての大会ならエンジョイカップがおすすめ!

エンジョイカップのことをざっくり説明すると、2歳から5歳までのちびっ子達がストライダーに乗ってレースをするといったイベント。

もちろん年齢ごとにクラスは分かれており、順位よりもまずは『楽しむこと』を1番の目的として開催されている大会です。

ほほなっつ
我が子が参加できる初めての大会がストライダーエンジョイカップ!

ストライダーカップとの違いは?

ストライダーの大会には、楽しむことが目的とした『エンジョイカップ』と、より本格的にレースを楽しむ『ストライダーカップ』の2種類あります。

ほほなっつ
大会の様子を動画でみてみると、ストライダーカップはガチ! 2歳ならもしかしたらワンチャン狙えるかもしれませんが、3歳からは全く別次元の走りと車両。カーブの際の体重移動なんて大人の私でもできるかどうか笑
ヨメ
初めてのストライダーの大会で、2歳の息子にまずは楽しんでもらいたい!

初めての大会がストライダーカップからだと、よほど準備をしてこなければ、その様子に親子でビックリしてしまうかも・・・

ストライダーの大会デビューは、周りを知ること、楽しむことを目的として、まずはエンジョイカップから出場してみるのが理想的。

エンジョイカップのルール

楽しむことを最大の目的としたエンジョイカップにも、最低限守らねばならないルールが存在します。

まずレースはトーナメント形式でおこなわれ、予選▶︎敗者復活戦▶︎準決勝▶︎決勝の順でタイムテーブルが進みます。

1レースの出走数はエントリー数によって異なりますが、最大で12台程度。

出場可能な車両はストライダー(クラシックモデル、スポーツモデル、プロ含む)のみ。
ストライダーの大会なので、他社ブランドのランニングバイクでは出られません。

そのほかにも、ヘルメットや装備などの服装に関するレギュレーション、ホイールやハンドルに関する車両のレギュレーションもあり、ストライダーカップとはことなり、エンジョイカップではほとんどノーマル状態の車両で大会を走り抜くことになります。

ほほなっつ
詳しいルールの詳細は公式ホームページをみてね!

公式ホームページをみる

エンジョイカップのエントリー方法

  • STEP1
    出場ステージを選択
    エンジョイカップは全国各地で開催しています。開催日を確認し、出場したいステージを見つけよう
  • STEP2
    開催概要の確認
    出場したいステージを見つけたら、各ステージの「開催概要」を確認。各ステージによって料金や条件が異なります。
  • STEP3
    エントリー
    web、電話どちらからでもエントリーができます。
  • STEP4
    エントリーの確認
    エントリーが完了するとエントリー完了のメールが送られてきます
  • STEP5
    参加確認証の送付
    大会開催日の10日前を目安に「参加確認証」が登録住所へ送付されます

出場ステージを選択

ストライダーのエンジョイカップは全国各地で開催されています。

ステージ名 日程
【大阪】南港ステージ 11月2日(土)・3日(日)※予定
【愛知】モリコロパークステージ 10月19日(土)・20日(日)※予定
【新潟】新発田月岡温泉ステージ 10月6日(日)※予定
【兵庫】六甲山ステージ 9月29日(日)
【北海道】ニセコステージ 7月14日(日)
【栃木】ツインリンクもてぎステージ 6月8日(土)・9日(日)
【東京】としまえんステージ 5月18日(土)・19日(日)※予定
【栃木】那須ハイランドパークステージ 日程調整中
【岩手】安比高原スノーステージ 3月24日(日)
【千葉】鴨川シーワールドステージ 3月2日(土)・3日(日)
【北海道】さっぽろスノーステージ 2月17日(日)
【長野】くろひめスノーステージ 1月26日(土)・27日(日)

※2019.01/29現在

ほほなっつ
日帰りで近所の大会へ参加するのもいいですが、家族旅行も兼ねて地方の大会へ参加しても面白そう!

開催概要の確認

各ステージによって料金や条件が異なるため、出場したいステージを見つけたら、各ステージの「開催概要」は必ず確認しましょう。

注意
一度、エントリーしてしまうとキャンセル(返金)ができません

エントリー

web、電話どちらからでもエントリーができます。
webからエントリーする場合、JTBスポーツステーションでの会員登録が必須となります。

webからの申込みは手数料350円が別途かかります。

電話での申込みは手数料700円が別途かかります。

ほほなっつ
我が家はwebからエントリーを済ませんました!画面の入力手順にしたがい、およそ5分ほどで完了しました
よくある間違い
  • 参加選手の名前が親になってる
  • 参加選手の性別が間違っている
  • ステージが間違えている
  • 入金のし忘れ

エントリーの確認

webでエントリーした場合は、エントリーが完了するとエントリー完了のメールがJTBより送られてきます。

無事にエントリーが完了しているか、不安な場合はエントリーサイト(JTBスポーツステーション)のマイページから、もしくは電話で確認することができます。

参加確認証の送付

大会開催日の10日前を目安に「参加確認証」が登録住所へ送られてきます。

大会の注意事項やスケジュール、会場の案内などの書類が同封されているので、事前に確認を忘れずに!

公式ホームページをみる

ほほなっつ
ここまできたらあとは大会当日を万全な準備と体調で迎えるだけ! 休日は我が子と公園で特訓!特訓!

まとめ

(私の)念願だったストライダーエンジョイカップに初めてエントリーしてみました!

この大会がキッカケとなり、ゆくゆくはストライダーカップへ、車両もカスタムしたりと、パパの夢は広がるばかりです・・・ぐへへ

ですがまずは、息子には思いっきり楽しんでもらいたいです。

一番見たいのはやはり息子の笑顔ですから☆

コメントを残す