中古マンションをリノベーション!Web内覧会>>>

ストライダー『エンジョイカップ』にエントリー|大会当日までに準備すべき事まとめ

ほほなっつ
どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

ストライダーの大会(エンジョイカップ・ストラーダーカップ)に初挑戦!
いよいよエントリーを済ませたら、あとは大会当日を元気に迎えるだけ。

だけど意外とその日までに準備する物、やっておくべき事が多かったりもします。

当日になって、「あれをやっておけばよかった…」「うちの子だけ持ってない…」「会場が遠すぎて間に合わなかった…」etc

こんな失敗をしない為にも!

大会当日までに必要な準備はしっかりとしておきましょう。

この記事では、初めてのエンジョイカップ(ストライダーカップ)に向けて準備したい物を紹介しています。

当日あたふたしない為にも、この記事がお役に立てれば幸いです。

>>>エンジョイカップの特徴とエントリー方法はこちら
ストライダーの大会に出たい!初めてのレースデビューには『エンジョイカップ』がおすすめ

>>>ストライダー『エンジョイカップ』に初挑戦した感想
ストライダー『エンジョイカップ』に初挑戦!大会当日は雨…だけど笑顔で無事完走!

初めてのエンジョイカップに向けての準備

ストライダーの大会(エンジョイカップ・ストラーダーカップ)にエントリーが決まったら、当日までに準備しておきたいチェックリストは以下の3つ。

  1. 装備・服装の確認
  2. 車両メンテナンス
  3. 宿泊ホテルの予約

装備・服装の確認

ヘルメット

ヘルメットは今使っているものでも大丈夫ですが、なければこの機会に用意しましょう。

エンジョイ、ストライダーカップ共にヘルメットの着用は必須です。

子ども用ヘルメットの種類は、『ハーフキャップヘルメット』『チンガード付きフルフェイス』の、大きく分けてこの2つ。

オールラウンドで使える一般的なヘルメットをお探しなら『ハーフキャップヘルメット』

価格が安く、種類も豊富でおしゃれなモデルやキャラクターものまで多数販売されています。

ハーフキャップタイプで特に人気の高いメーカーは、「ナットケース」、「バーン」、「ブリジストン」辺りでしょいうか。

中級者以上!ガチで大会上位入賞を狙うなら『チンガード付きフルフェイス』がおすすめ。

2歳クラスの大会では、まだそんなに多くは見かけませんが、ストライダーカップ、特に3歳以上になると、優勝を狙った多くのお子さんがこのフルフェイスタイプのヘルメットを被っています。

ハーフキャップに比べると値段は上がりますが、広範囲のお顔が守られるので、転んでも顔を傷つけたり歯が折れたりする心配もありません。

グローブ

手指を保護するグローブ(普通の手袋、軍手、第二関節から指先が空いたタイプのものでも可)の着用が義務付けられています。

普段グローブをつける習慣がなくても、この時ばかりはしっかり着用しましょう。

ストライダー公式のグローブだと、2歳児ではまだ少し大きいかもしれません。

サイズ選びはとても重要で、フィットしないグローブをつけていると、ハンドルが握りにくく操作性が悪くなります。

子どもの手に合ったサイズより若干小さめのものを、なおかつ伸縮性のある素材を選びましょう。

着衣

着衣は長袖のシャツと長ズボンの着用が義務付けられています。

ただし、何らかの理由により、長袖のシャツや長ズボンを着用しない場合は、露出した肘や膝を保護するプロテクターを着用しなければならない。

意外にもエンジョイカップでは、プロテクターの着用は推奨されているだけで、義務付けられてはいません。

しかし、大会の様子を見ていると、やはり多くのお子さんがプロテクターを着用しているようでした。

例によって、ストライダー公式のプロテクターは、2歳児ではまだ少し大きく逆に扱いづらい面も・・・

>>>キッズ用プロテクターの選び方の詳細はこちら
ストライダーに乗るならプロテクター必須!人気・おすすめのプロテクターと使用感レビュー

それでも安全面を考えたらプロテクターを付けるに越したことはありません。子どもがどうしても嫌がるようでなければ、プロテクターを着用させましょう。

シューズ

シューズは子どものサイズに合った運動靴の着用が義務付けられています。

サンダル、または、かかとが露出するような靴、及び、コースを荒らす要因となるスパイクの着用はNG。

これは普段の履きなれた靴であれば問題ありません。

ほほなっつ

我が家でも、この日ばかりは着脱のしやすい靴ではなく、地面をバシバシ蹴っても脱げない靴を選んで履かせていくつもりです。

車両メンテナンス

メンテナンスと言っても分解したりカスタムしたりではありません。

サドル、ハンドルの緩みはないか、ホイールの回転は正常か、など、普通に走るのに差し支えがないか今一度チェックをしておく程度で十分。

息子のストライダーはハンドルの高さを調節するレバーが緩く、転んだ拍子にハンドルが左右にブレ曲がってしまいます。

レース中は、保護者1名が我が子の後ろから付いて歩く事になりますが、手出しをする事はできません。転倒し、もしハンドルが曲がってしまったら、正常に走ることができなくなってしまいます。

エンジョイカップ当日までにしっかりメンテナンスをし、車両も万全な状態で臨みたいと思っています。

>>>試乗もカスタムも楽しめるストライダー専門店はこちら
【コドモディーポ】ストライダーを買うなら試乗もカスタムも楽しめるSTRIDER‎専門店がおすすめ!

宿泊ホテルの予約

意外と重要なのが宿泊場所の確保です。

特に、2歳クラスの受付時間は朝8時台に行われる事が多く、朝の移動に2時間も3時間もかかってしまうと親子ともに疲れてしまいますよ。

大会にエントリーしたら、すぐに宿泊先のホテルなどをおさえておくことをおすすめします。

息子とエントリーしたエンジョイカップの開催地は、千葉の鴨川シーワルドステージ。

鴨川シーワールドといえば、水族館に直結した鴨川シーワールドホテルが有名です。

他にも近辺には有名なファミリー向けホテルが数多く存在しますが、エンジョイカップの1ヶ月前の時点で既にどのホテルも満室状態。

結局、少し距離の離れたホテルを予約せざる得なくなりました。

ほほなっつ
もっと早く行動に移していれば・・・orz 大会2日間でのべ800組の親子が集うので、それだけ宿泊先の予約もシビアになるんですね

エンジョイカップに向けてのトレーニング

トレーニング?と呼べるのかは不明ですが、私が息子とおこなっている練習方法を紹介します。

  1. スタート時の合図を覚える練習
  2. ゴールまで走り抜く練習

初めての大会がストライダーカップであれば、ある程度練習を積んでおかなければ周りの子との差に驚かれてしまうかも・・・

しかし、あくまで楽しむ事を最大の目的とするエンジョイカップでなら、最低限スタート時の合図だけ覚えておければ十分。

順位はさておき、まずはスタートして走ること。それができれば初めてのエンジョイカップはひとまず大成功と言えるでしょう。

スタートの合図を覚える練習

ストライダーの公式カップ全般、スタート時は「レディ・セット・ゴー」の合図でゲートが開きます。

このとき、この合図の意味を知っていなければ体が反応せず、いいスタートを切る事ができなくなってしまいます。

普段から「レディ・セット・ゴー」の合図で動けるように練習しておきたいところ。

公園の滑り台で遊ばせる際、「レディ・セット」で座らせて、「ゴー」の合図で滑るようにさせています。

時には私も隣に座り、競争しながら2人で楽しんでいます。

ほほなっつ
これも無理にどうこうする必要はなく、普段の遊びで楽しみながら覚えていければいいですね

ゴールまで走り抜く練習

多くの場合、2歳の子ども達にとってエンジョイカップは生まれて初めて参加する大会です。

不安になったり怖くなってスタートできない子や、最後までゴールできない子、泣き出してしまう子もたくさんいると聞きます。

せっかくストライダーの大会に出場するのなら、順位はともあれとにかくゴールしてもらいたいと思うのが親のエゴ。

息子との公園遊びの一つに、スタートとゴール地点に線を引き、一緒に駆けっこをする遊びがあります。

ゴールを目指して楽しむ体験を重ね、スタートしたらゴールするんだという当たり前の感覚を、遊びを通して学んでいってもらえたらと思っています。

ほほなっつ
息子はやらされるのが大嫌い!なんでも自分からやってみたい性格なので、こちらも余計な口出しはせず、とにかく見守るスタンスを貫いています

まとめ

ストライダーエンジョイカップにエントリーしたら準備したいことをまとめてみました。

ここまで書いておきながら、そもそも当日息子が走ってくれなかったらどうしようと不安な私です。

と言うのも、息子は人見知りで慎重でちょっと臆病な性格。人が大勢いるところも苦手なシャイボーイなので( ´_ゝ`)

息子が「い・や・だ」と言ったらそれまで・・・

そうならないためにも、大会当日まで息子をわっしょいわっしょい盛り上げていくのが私の務めです☆

コメントを残す