【ストライダー】アクティブキッズフェスタに2歳の息子と初参戦!結果と感想・レースレポ

ほほなっつ
どうも!ほほなっつ(@mahi_x2)です。

キッズとそのファミリーに向けたスポーツ・アウトドアフェスティバル『ACTIVE KIDS FESTA in TOKYOBAY ARIAKE』!その中で開催されるランニングバイクレース『ARIAKE KIDS CUP』に2歳の息子と初挑戦してきました!

アクティブキッズフェスタ“通称”「アクティブ」は、ストライダーカップ、RCSに次ぐビッグレースと名高い一大レース!

現在2歳10ヶ月の息子はレースデビューも遅かった上に3歳へのクラスアップも目前!

>>>ストライダー『エンジョイカップ』に初挑戦した結果
ストライダー『エンジョイカップ』に初挑戦!大会当日は雨…だけど笑顔で無事完走!

2歳クラスのうちに一つでも多くのレースに参加させたいという思いで、このビッグレースにエントリーしました。

アクティブに初挑戦した2歳息子の結果と感想をレポートします!

『アクティブキッズフェスタ』の特徴

『ACTIVE KIDS FESTA in TOKYOBAY ARIAKE』とは、「パパ、ママ、今日は1日はしゃいでいいんだよね?」というキャッチフレーズでおなじみのスポーツ・アウトドアフェスティバル。

このお祭りは親子で楽しめる沢山のアトラクションや体験ブースが用意されており、その中でも注目度が高いのがランニングバイク大会『ARIAKE KIDS CUP』です。

DAY1・DAY2と2日に分けて開催され、2歳から5歳クラスまでのちびっ子が、年齢・男女別に速さを競います。

エンジョイカップやDRCのような参加者全員が表彰されるレースとは異なり、どちらかと言うと本気のピリピリした空気感漂う表彰台をかけた本気のレース!

ビッグレースと言うだけあり、会場の規模もスタッフの数も出店ブースの数もこれまで見てきたレースの中では比べ物にならないほど大きなものでした。

コースの周りには試走ができる小さいレーンのほか、有名カスタムショップのブースや、逆バンジー、水上ボール、巨大滑り台、グロッバー(GLOBBER)と呼ばれる近未来な乗り物体験ブースなども子供たちで賑わっていました!

アクティブキッズフェスタ公式ホームページを見る

アクティブキッズフェスタに初挑戦した息子の様子とレース結果

初アクティブ!

今回のレースも2歳の息子含む家族4人で参戦! まずはじめに受付を済ませると、パンフレットとゼッケンプレート、参加特典のお菓子とジュースが手渡されます。

話が変わりますが、息子にとって3度目のレースとなるアクティブ。ここで1つ問題が・・・

アクティブのレギュレーションにしっかり目を通すと、そこにはこう記載されております。

ヘルメットおよびグローブ、プロテクターの着用は必須。もしグリッド整列時にどれか1つでも装着を怠っていたらレース参加不可

これが大問題!

ヘルメットはまだしも、息子はグローブもプロテクターもこれまで1度だってまともに着けてくれたことがありません!

これまで2度のレースではギリギリ走ることが許されて来ましたが(お父さん次からはしっかり着けさせてくださいね!って怒られてきました)・・・

そんな訳で!!! このレースのためにプロテクターを新調!

サポータータイプで伸縮性、衝撃・耐久性抜群の大人気プロテクター『G-FORM』!

ストライダーに乗るならプロテクター必須!人気・おすすめのプロテクターと使用感レビュー

ジーフォーム はストライダーキッズの間でも大人気の本格プロテクターで、最大の魅力は着け心地! 装着後の肘、膝が何の違和感なく動かせます。

大人気かつハイパフォーマンスが期待できるとあってそれなりにお値段もハリます。肘と膝合わせるとストライダーより高いです/(^o^)\

ほほなっつ
息子がこれで気持ちよく走れるならと!パパの少ないお小遣いから大奮発!

家では無事に着けてくれました!

そしてグローブにも今回は工夫を施しました。

「グローブ着けて」と言って素直に着けてくれたらイヤイヤ期なんて怖くありません。まず着けてくれません。

そこで、3種類のグローブを見せて、「どれがいい?」と聞きました。

すると、息子は「これ!」と言ってまんまとOGKカブトのグローブをチョイス!

【2歳〜5歳】ストライダーに乗るなら手袋は必須!失敗しない子供用グローブの選び方

着けてくれたらご褒美のグミの餌付けも忘れずに☆

ジャーン!

ストライダー歴10ヶ月にして初めてフル装備姿を披露してくれた息子!いいじゃ〜ん!

プロテクターがジーフォームじゃない事には触れないで下さい ( ;∀;)ノ 2歳児の気まぐれ恐るべし・・・

準備も万端!これでなんの心配もなく思いっきり走れます!

パパと一緒にコースの試走を何周かしたところで、いよいよ名前が呼ばれてグリッドへ。

試走では普段通り走れていた息子。

しかし極度の人見知り&恥ずかしがり屋の息子は、本番で練習通り走れた試しは過去2回、一度もありません。

アクティブは1レース10組みで一斉にスタート。

こんなに大人数で一斉に走る経験も、これだけ多くの観客に見守られながら走る経験も息子にはありません。

しっかり最後まで走れるだろうか・・・見てる親の方が心臓バクバク(。-∀-)

フラフラどこかえ消え去ろうとする息子を抑えて、ここまで消費したグミの数はおよそ3パック。チロルチョコは2つ。

ビリでもいいから楽しんで、最後まで走り抜いてゴールしてほしい(><) 頑張れ息子!

「レディ・セット・ゴー」の合図と共に一斉スタート!

レーンが降りて、みんなが一斉にスタートする中、一歩進んだきりその場から動こうとしないちびっ子が1名・・・

息子だ!笑

パパが駆け寄ると少し照れくさそうにゆっくりゆっくり走行!

本当わざとかってくらいゆ〜っくり、ゆ〜っくり/(^o^)\

最後の直線に差し掛かったところで、チームの方から「息子君頑張れ!」と声援が!

さらに実況の方とゴール付近のスタッフの方からも一斉に応援されると、ようやく息子も笑顔でダッシュを披露! そのまま無事ゴールとなりました^ ^

泣いて棄権してしまった子がいたので、息子の予選結果は10人中9位。予選敗退なので敗者復活戦へ進みます。

レースを走り終えてのこの笑顔!

やっぱり緊張していたのかな。人見知りで恥ずかしがり屋の息子は、大勢の知らない人が集まる場が大の苦手。

そんな中、一人で走るなんてもしかしたら大変な苦痛だったかもしれません。

頑張った!

ちなみに、この後の敗者復活戦もの〜ろ〜の〜ろ〜と走って無事ビリ完走 笑

ほほなっつ
欲を言えば2歳クラスの間に1度くらいは普段通り走る姿も見たいぞ 笑

コドモディーポでVANISHを試乗!

アクティブキッズフェスタのブースを一通り満喫したところで、有明から1駅のところにあるストライダー専門店『コドモディーポ』にもお邪魔してきました。

【コドモディーポ】ストライダーを買うなら試乗もカスタムも楽しめるSTRIDER‎専門店がおすすめ!

そこで前々から気になっていたVANISHを発見!!!! すかさず試乗をさせてもらうことに^ ^

ほほなっつ
初めてVANISHのコンプリートモデルを持たせてもらったけど、思った以上に軽い!そしてヘッドパーツがクルクル回る!1歳の娘がストライダーに乗るようになったらこっそり買う事にします( ^ω^ )

コドモディーポの隣にある大きな室内子供遊び場『アネビートリムパーク』で兄妹仲良く遊んで、そのまま遊び疲れて眠ったところでこの日は帰宅となりました。

子どもとお台場で遊ぶなら『アネビートリムパーク』がおすすめ!体験レポート・口コミ

帰宅後も公園でストライダー!

帰宅後、お昼寝から目が覚めた息子と二人で公園へ。

いつもレース後はストライダーに乗りたがらなかった息子、しかしこの日は珍しく公園でもストライダー。

坂道ダッシュが面白いようで、日が暮れて暗くなるまで、坂を登っては勢いよく滑ってを繰り返して楽しんでいました。

息子はレース競技でのストライダーよりも、こうやって公園で遊ぶ遊具としてのストライダーが好きなんだなと改めて思います。

生粋のエンジョイライダーな息子の“好き”を大切にしてあげたい。

これ以上レースを無理に走らせるのはどうなんだろうと、2歳10ヶ月、3レース目にして早くも感じ始めるパパでした。

現場からは以上です☆

>>>エンジョイカップの特徴とエントリー方法はこちら
ストライダーの大会に出たい!初めてのレースデビューには『エンジョイカップ』がおすすめ

>>>エンジョイカップ当日までに準備すべき事まとめ
ストライダー『エンジョイカップ』にエントリー|大会当日までに準備すべき事まとめ

>>>ストライダーのチーム練習に体験参加した2歳児の反応
ストライダーのチーム練習に2歳の息子と体験参加!チームに所属するメリット・デメリット

>>>ランバイクレース『DRC』に2歳の息子が初挑戦
ランバイクレース『DRC(ドリームレーサーカップ)』に2歳の息子が初挑戦!結果は!?

コメントを残す